つきツキ! 7 (MF文庫J)

【つきツキ! 7】後藤祐迅/梱枝りこ MF文庫J

Amazon

「わたしの彼氏さんになってください!」なずなの友達・みーちゃんにそう告白されたオレ。どうやら彼女は先輩に言い寄られているらしく、オレはカムフラージュのためその先輩の前で彼氏役として一緒にデートすることになる。だが、デート当日現れた先輩は、なんとボーイッシュな美少女で……!? その他、ルナとなずながツンデレになったり、みーちゃんとオレのデートを目撃した聖の様子がおかしくなったり、マキナが犬耳をつけたりといった、いつもながらの騒がしい夏休みを過ごすオレたち。そして、ふとしたことからオレたちはルナの誕生会を開くことになるが……。学園ハートフルラブコメ第七弾! 変わらない温かな気持ちから、新しい愛が生まれる――
おっ、わりと原点回帰というか、出揃ったヒロインズのキャラを改めて引き立ててきたというか。最近、当初の主人公のテンプレを覆す必殺ボケ返しの切れ味も薄れて、その辺の凡百のヘタレ主人公と対して変わらない対応にがっかりさせられることしばしばだった忍くんですが、今回は初期の頃の切れ味をだいぶ取り戻して、バッサバッサと縦横無尽にボケの刀を振り回していた感じである。もっとも、ヒロイン衆もそろそろ適応が進んでいて、以前はバッサリ切られていた所を鍔迫り合いまで持ち込むくらいには手強くなっているので、なかなかにボケの応酬が激しいことになっている。特に五行聖に関しては、初期の打たれ弱さが嘘のようにボケ殺しを極めつつある。まあ彼女の場合ボケに対処できるようになったというより、ボケが通じないほど聖自身が色ボケてしまったという理由が強いわけで、それはそれで色々問題含みなんだが。ムッツリスケベを通り越して、そろそろ見境なくし始めてるくらいだからなあ。最初の頃の生真面目で慎み深く花も恥じらう娘さんだった聖は何処へ行ったw 真面目な人ほど極端から極端に奔るという典型である。あのかおるんをして逃げ出すほどだもんな。
女性陣のパワーバランスはところどころ崩れてきていて、このようにかおるんの玩具だった聖があんな事になってしまい、かおるんがタジタジになってしまうこともしばしば。さらには、最強の代名詞だった巴ママからして、あのルナにその地位を逆転されるはめに。うぉおい、お姑さんが嫁に完全屈服してやがる。このママさん、何気に若い頃はマキナタイプの三下だったんじゃないだろうか。へりくだり方がけっこう胴に入ってるんだがw しまった、勢いに乗じてマキナを三下扱いしてしまった。
今回は本当に特別な事件もなく、日常編に徹していたせいか、それぞれのヒロインの個性的なキャラを改めてじっくり味わえるようなスタイルの話が綴られている。その上で、忍が前面に出ずに済むせいか、ヒロインの相互間の関係もじっくりと熟成されていき、いい意味で家族的な枠組みがしっかりと固着してきた感じだ。
思ったんだけど、この作品って大きな事件があってそれを解決する話よりも、こうやって穏やかに過ごしている方がいい味出てるんじゃないだろうか。まあそれも、それぞれ乗り越える所を乗り越えて問題らしい問題も解決し、心身ともに落ち着いたからとも言えるわけだが。

シリーズ感想