変態先輩と俺と彼女3 (富士見ファンタジア文庫)

【変態先輩と俺と彼女 3】 山田有/犬洞あん 富士見ファンタジア文庫

Amazon

俺の幼馴染みである涼風せしるは、天才で、「その表情最高だよ、しおりん君!それじゃ、そろそろビキニ脱いでみようか!」変態でもある。そして彼女、水谷詩緒里は「はい!わたし脱ぎます―って何やらせるのよ!」とても真面目な完璧系女子だ。夏休みに突入し、俺たちは瀧川家所有の別荘で、“ハーレム団”のメンバーを起用した実写ギャルゲーの制作をする事に。今はその素材撮影が行われている。ハーレム団に容赦なく告白される、究極の青春ラブコメゲーム―『せしるHeart』は制作快調!と思われたが、しかし、そこにまたしても詩緒里の妹である魔性系美少女・紫音麻の影が!?ドタバタ青春変態ラブコメ第3弾。
実写取り込み型のギャルゲーって、レベル高いなあ、おい! しかも、直撮り。自前でヒロイン役と主人公役をやって撮影って、それ全然売り出す気皆無だろう。他人にやらせちゃダメなゲームだろうw まあ作るのが主目的で、売り出すつもりはそんなに無いみたいだけれど……って、ラストのあれ、素材に『せしるHeart』を使っちゃってよかったのか? ヒロインはせしる先輩たちなんじゃろう?

結局、先輩の変態性というのは柊一へのアピールの方向が明後日を向いてしまっているだけで、彼女のセリフだか帯のキャッチフレーズにもある通り「柊一の為の変態」なのである。だからこそ、放ったらかしにすればするほどより強力にアピールしようと変態性が増し増してくるわけで、結局柊一がせしる先輩の変態性に悩むんだったら、とっととくっついちゃえば済む話なのである。普通にイチャイチャして愛でてあげれば、簡単に困った方向へと突っ走る余裕をなくしてしまうのだから。
尤も、柊一もあれでせしる先輩の変態性を楽しんで享受している節があるので、こいつはこいつでムッツリ変態なのである。詩緒里相手には、もはや弄んでいるという対応だし。あれは、詩緒里が勝手に弄ばれて「私、調教されてるわ!!」などと宣っていらっしゃる状況なので、言いがかりかもしれないが、ああやって受け身に見せかけて餌をチラつかせて適度に釣るあたりは、如何に詩緒里が稀代のチョロさを持っているとはいえ、大したジゴロっぷりである。
でもこれって、ラストのあれはせしる先輩を選んだってことなんだろうか。まあ自分からもう辛抱たまらんとキスしたんだから、有無を言わせぬ告白なんだろうけれど。
個人的にはもうちょとじっくりねっとり、せしると詩緒里の二人に対象を絞って、余人を交えず三人だけの空間でラブコメやって欲しかったかな。あんまり多人数を周りに配置して話をあっちこっちに場面転換しながら動かしていくのって、この作者のスタイルとしてはあんまり合ってない気がするんですよね。どうも、話が散漫になってしまってる気がする。これで終わりじゃないのなら、もうちょっと対象やストーリーを絞ってやってくれると、素晴らしいのほほんとしたラブコメになると思うのだけれど。せしる先輩や詩緒里とのどこか調子外れた愉快なイチャイチャ掛け合いが素晴らしいだけに、なおさらそう思ったのでした。

1巻 2巻感想