ひきこもりの彼女は神なのです。 6 (HJ文庫)

【ひきこもりの彼女は神なのです。6】 すえばしけん/みえはる HJ文庫

Amazon

妹の奏を送るため市外へと出かけた天人と亜夜花は、ある組織から脱走してきた人外の少女、果乃を助ける。天人は彼女にひとまず実尋市に身を寄せるよう提案するが「人間も、人間と共存しようとする人外も嫌いだ」と反発されてしまう。一方、市内の寮には亜夜花の縁者で氷室結と名乗る少年が現れる。てとら達と因縁があるらしい結の用件とは……!?
……面白いなあ。うーん……いやはや、この巻は読み終わったあとにこうして感想を書く段になって色々と考えこんでしまった。
ふと思い立って、作者がこれの前に手がけていたシリーズ【スクランブル・ウィザード】の最終巻の感想を読みなおしてみたんだけれど、それでちょっと得心のいった所がある。
結局のところ、すえばしさんが一番がっつりと書き切ろうとしている主題は、今も昔も人と人とのコミュニケーションなんですよね。前作のおいて、最強の力を有したヒロイン・月子は最終局面においてその力を振るう事無く、その代わりに彼女が使った最大の武器こそ、対話であり相互理解であったのです。
そして、本作においても神々という人知の及ばぬ力を有した存在が闊歩する中で、その物語の焦点は力による制圧ではなくコミュニケーションであることが徐々に主張されつつある。この度、ついにその姿を表したすべての陰謀の黒幕。神話世界最大最凶、最悪のトリックスターであるかの神が振るおうとしているものも、上級神としての問答無用の神の力などではなく、コミュニケーション。それも、相互理解のためのコミュニケではなく、悪意に基づく恣意を駆使した意思の疎通である。
必然的に、彼――氷室結のゲームの対戦相手に選ばれた天人に求められるのは大神に対抗する「力」などではなく、氷室結の悪意に基づく交信を跳ね返すだけの、相互理解を結べるか、に掛かってくる。
既に、氷室結による楔は幾つも「天秤の会」に打ち込まれていて、それはそのまま放置しても、中途半端な対処をしても、やがて「天秤の会」を崩壊させてしまうであろう、綻びの糸なのだ。
それは「人ならざるもの」が「人」と係わっていけるように、そんな願いに基づいて成立した「天秤の会」の存在理由そのものを根底から陵辱し、弄ぼうとする悪意である。そして、その悪意から「天秤の会」を守れるのは、もはや神々の人知を超えた力ではあり得ないのだ。てとらさんの万能の力も、千那さんや万那さん、リョウタさん。亜夜花を含めて、「天秤の会」のメンバーは誰しもが次元を超えた神の力を有している。が、その力は氷室結のし掛けてきたゲームでは、無力とはいかずとも決して主力とは成り得ない。皆を守る力とはなり得ないのである。
だからこそ、てとらさんが期待し託すのは、氷室結が対戦相手として選んだのは、天人なのだろう。

欺瞞とは、人と人との交流において必然の要素だ。それは一つのコミュニケーションの形であり、てとらさんの言うとおり嘘をつかれたことが、終点を意味するのではない。むしろ、嘘をつかれ、欺瞞をようされたあとにどう対応するか、という対話、交流の起点ともなり得るものだ。嘘は拒絶ではない、その続きがある、その先を求めるもの。
そして、欺瞞は許される。
今回登場し、事件の中軸として機能するヒロイン・果乃の在り方と言動、そして彼女が導き出した結論は、彼女の持つ特殊能力も絡めた上で、多くの示唆を含んでいたように思う。

黒幕も姿を表し、クライマックスが近づいてきた予感に鳴動する本作だが、その最終局面がどういった展開を見せるのか。どうやら、単純に天人くんがパワーアップして、神々に対抗できる力を得て大バトル、という分かりやすくも易い展開にはなりそうにない。
内面を掘り下げて掘り下げて、露呈した心のカタチを丹念に、じっくりと、職人のように繊細に捏ね回し、結びつけ、織り成していくという、実に自分好みの流れが期待できそうだ。相互理解とは、体を傷だらけにする闘争とはまた別の、剥き出しの心同士が爪を立て合う血みどろの決闘である。と、同時に粘膜どうしを擦りつけ合う濃厚なフレンチキスのような悦楽でもある。
この作者は、それを体現できる稀有な一人であることは、前シリーズとこれまでの本シリーズにて既に証明済みだ。そして、これまで以上の深くも濃密なコミュニケーションの決闘が期待できそうなのは、氷室結の独白やてとらさんと天人の問答を見ても明らかである。
次回以降、すえばしけんという作家のさらなる真価を、進化を、深化を目の当たりに出来るんではないか、というワクワク感が、今になってじわじわと湧き上がってきた。
ちょっと、体温あがった気がする。ああ、楽しみだ、楽しみだ。

すえばしけん作品感想