C3‐シーキューブ〈14〉 (電撃文庫)

【C3 シーキューブ 14】 水瀬葉月/さそりがため 電撃文庫

Amazon

このはに異変! 決死の奪還作戦の結末は!?
緊迫の第14弾!

「おれ、夜知、春亮……って、いうんだ。です」「畏まった口調なぞ要らぬ。ぬしが崩夏の息子じゃな?」
 出会いは春亮が九歳の時。それ以来、長い時間をともに送ってきたこのは。
 そのこのはが──敵の手に落ちた。
 ニルシャーキの策略により、このはは春亮と過ごした時間の一切を喪失、妖刀村正としてニルシャーキの得物となった。
 その圧倒的な力を前に、このは奪還を目指す春亮たちは苦戦を強いられ、利害が一致したとある騎士と共闘することになるが──。
記憶を消されたのではなく、時間遡行による不可逆転位。凄いな、これ。いわゆる記憶を失って敵側に渡ってしまった大切な人を取り戻す戦い、の奪還プロセスを完全に破却してしまっている。さすがは、水瀬葉月、電撃文庫でも屈指の精神拷問吏だ。この人がグロの使い手であるという以上に、キャラクターへのサディズム愛に溢れている作家だという事実を堪能させてもらいました。この人って、やっぱりキャラを追い詰めて追い詰めて追い詰めまくって精神的に甚振っている時が一番輝いてるよなあ(笑
それを、作品内でも滅多に余裕を失わずに皆の精神的支柱であり正気の拠り所であり続けた春亮に仕掛けるあたりが今回は極まってる。
これだけ精神的にメタメタになってしまってる春亮を見るのは、14巻をして初めてだ。これまでの頼り甲斐を思えば尚更に衝撃的でもある。それは同時に、春亮にとって村正このはという存在がどれほど大きいものだったかを示しているとも言える。正直言って、例えばフィアや錐霞が同じような状況になっても春亮はここまで取り乱さないと思うんですよね。彼女たちは勿論、春亮にとってかけがえのない大切な存在ですけれど、彼女たちを取り戻そうとするとき春亮なら、もっと前向きに頑張れると思うのです。
こうなると、春亮の存在に皆がどれだけ寄りかかっていたのかも浮き彫りになっていく。どんな時でも彼が後ろでどんと構え、迷った時にはキチンと進むべき道を示唆してくれたからこそ、フィアたちは自分たちの全力を発揮できていたんですね。春亮は主人公の中では特殊な能力も優れた身体能力も持っていない、本当に普通の男の子で、実際に最前線に立てることは滅多にありません。彼は聡明な方ですけれど、決して智謀で勝負するというほど軍師タイプなキャラでもない。ですが、今まで彼に役立たずとか居るだけ主人公、みたいな印象を抱いたことは一切ないんですよね。
これだけ戦闘力皆無にも関わらず存在感が大きい主人公は少ないんじゃないかな。
ところが、今回春亮が精神的に一杯一杯になってしまった途端、錐霞もフィアも地に足がつかなくなり迷走を始め、思考の先鋭化がはじまってしまうのです。本来なら、同じくみんなの姉役として精神的に支えられるだけの器を持っている黒絵も今回の件ではよほどショックが大きかったのか、春亮に同調とまでは行かずともそのフォロー活動を最小限に押さえ込んでしまうのです。これを見る限り、独立独歩な気風のあった黒絵ですら、多かれ少なかれ春亮に頼っていた側面があったのでしょう。彼女が春亮を除けばこのはと一番長い付き合いだった、という理由も大きいのでしょうけれど。

しかし、こうなって初めて「村正このは」のヒロイン力が爆上がり、というのは皮肉な話だよなあ。正直な話、此処に至るまでこのははヒロインとして相当に劣勢を強いられてました。成り行き上、このメガネっ子幼馴染は汚れ系へとひた走り、今やついに告白を敢行した錐霞に正ヒロインの座を完全に奪取されかねない状況でしたし。今や、というかもう当初から残念ヒロインの道をひた走ってましたからねえ。
村正さん、自己暗示かけるにしてもキャラクター設定大幅に間違えたんじゃね?

このはと春亮の関係が単なる幼馴染でも、姉弟でもなかったことは、この巻で詳しく語られる妖刀・村正がはじめて夜知家を訪れ、幼い春亮と出会ってからのあれこれを見ればよく分かるでしょう。いやあもう、個人的には絶対に本来の村正の方がキャラとして好みなんですけどねえw
だから、なんで自己暗示で自分のエロ属性をあんな風にむっつりスケベに歪めてしまったのか、と。もっと本来の明け透けさを残したままで迫ってたら、今頃完全に肉欲の虜にできていただろうにw

ともあれ、終わってみれば思わず絶句してしまうほどの凄まじいこのはの巻き返しが行われてしまった回だと言えるでしょう。この巻までとこの巻以降では、このはの存在感があまりにも違いすぎる。
ついに果たされた「村正このはの告白」は、歴史に残るくらい凄まじいインパクトでした。このはさん、色々とぶっちゃけ過ぎだ!! あれだけ正直に生々しい心情を訴えられたら、言われた方はもう逃げられんよなあ。さらに、必然的に先に告白していた錐霞の方も、同じだけステージをあげなくてはならなくなったわけで、まあ今の錐霞さんなら覚悟完了しまくってるので、躊躇いはしないでしょうけど。
このえろえろめ。

さらっとさり気なく、研究室長国の方から物語の根幹を揺るがすような情報が提示され、どうやら物語もクライマックスに差し掛かったもよう。ラブコメ的にもフィアがそろそろランクアップを果たさなきゃならない頃だし、それ以上に完全に袋小路においつめられた春亮の年貢の納めどきが来たのかどうか、ドロドロぺちゃぺちゃな展開を希望するぞw

水瀬葉月作品感想