輪環の魔導師10 輪る神々の物語 (電撃文庫)

【輪環の魔導師 10.輪る神々の物語】 渡瀬草一郎/碧 風羽 電撃文庫

Amazon

薬師の少年と黒猫の魔導師が紡ぐ
ファンタジー冒険譚、堂々完結!


 神界の門より現れた異形の神、ボルアルバとその眷属を退けたセロ達。しかしその直後、世界各地に謎の光の帯が現れ、人々を襲いはじめる。聖教会の本拠、聖都ハルマニオスにその原因があると推測したセロ達は、英雄達の遺産を手に現地へと向かうが、そこには既に魔族の影が……
 異形の神々と魔族、そして犂堽の輪環瓩鮟笋襯札蹐肇▲襯イン達の旅路。その果てに待ち受けていたもの、辿り着いた真実──! 全ての謎が明らかになる最終巻!
ヒロインがヤンデレをこじらせすぎて、神様もビビって尻尾を巻かせて逃げました……え? なにこれギャグ?
ちょっとこれ、しばらく笑いが止まらなかったんですけど! 
聖神イスカの、人類補完計画みたいな、みんな一緒になって平穏を手に入れ幸せになろう空間にみんなが取り込まれて、状況的には絶体絶命の大ピンチだったはずなのに、セロと引き離されたせいでブチ切れたフィノが背筋も凍るような態度で脅しつけたお陰で、イスカ様はビビってドン引きしなさるわ、クラリオン様は絶句したまま何もできないわ、精神汚染されて平和そうに平穏空間を讃えまくってた仲間たちはころっと意見を翻して口々にフィノに迎合しはじめるわ、アルカインは正座して謝罪するわ、もう空気が完全に変な方向に(爆笑
特に仲間連中の、フィノの顔色を見ながらの鮮やかな手のひら返しには、もう お・ま・え・らーー って感じでいやはや。最終巻にも関わらず、アルカインと言えば活躍はしているもののかつてのカッコイイネコ型ヒーローの姿はどこへやら、この巻なんかへーこらしている姿しか思い浮かばないんですが。
フィノに怯え、シズクに引きまくり、シズクの親父さんにはビビリ倒し、と……この猫、敵に対しては実に勇ましい戦士なのに、身内に対してはどうしてこうなった、と思うくらいに哀れな人になってしまったなあ(苦笑
最初の頃の雄姿はいずこにw
それに比べて、セロの安定感の素晴らしいこと素晴らしいこと。ハッキリ言ってフィノのヤンデレ度ってこの界隈を見渡しても最悪に近い凶悪さなんですけれど、セロってばフィノが「おかしい」事に気づいていないというのもあるんだけれど、それにしてもほぼ完全にフィノのヤバさを包み込んじゃってるんですよね。普通、ここまでのヤンデレ、持て余してひどいことになってしまうものなんだろうけれど、その点セロは見事。なんだかんだと一貫してセロはフィノを一番大事にし続け、一途に守り続けたという理由もあるんだろうけれど、それにしても神様をすらドン引きさせたヤンデレを、よくぞまあ手の内に入れれるもんだわ。いい意味で鈍感だったんだろうなあ。終わってみると、何だかんだで一番大物感を感じさせてくれる子になりました。皆もフィノの恐ろしさを身をもって知っているからこそ、彼女を暴走させずにてなづけているセロに、その一点を以て敬畏を抱いてるんじゃないだろうか。セロさん、すげえ……ってなもんで(笑

形としてはラスボスみたいな立ち位置になった聖神イスカも、クラリオンの人格をいびつに歪ませてしまった事もあってか、これまで抱いていた不気味で得体のしれない神と呼ばれる異形にして異質な存在、という印象からすると……けっこうイイように変わったように思う。色々とその在り様を目の当たりにしてしまうと……むしろ、すっごくいい人(…人?)だったんですよね、イスカ様って。
神様として上から目線で正義を押し付けてくる、みたいな感じでもなく、ひたすらに善意で、一生懸命人間が幸せになれるように頑張ってるという朴訥とした善良さがかいま見えるんですよ。ああ、この神様、本当に人間のこと、好きで好きでたまらなかったんだろうなあ、と。で、自分なりに人が幸せになれるようにあれこれ手を尽くしていたものの、そもそも人間とは全く在り様の異なるイスカには、人間の幸せとはどういうものなのか、というのがわかっていなかった。それだけだったんですねえ。
その齟齬に自分で気づいたイスカが、素直に自分の間違いを認めて、クラリオンを解き放ったのを見た時には、この純朴な神様、なんだか好きになってしまいましたよ。この神様なら、確かに最高神として多くの人の信仰を集めるのも納得できるなあ、と。

イスカの力は、ウィスカが引き継いだようですけれど、ウィスカにもこの純朴な善性が幾許かなりとも引き継がれたら面白いのになあ、と思ったり。そもそも、ウィスカもヤンデレ入っているとはいえ一途でひたむきな子で悪い子じゃないですからねえ。幸いにも、想い人と再会できて新しい地に旅立てたのですし、そこでは誰かを助ける側にまわってくれたらなあ、なんて思ったりたり。

こうして終わってみると、この物語は異なる立場、組織や種族、相容れないと思われる思想や考え方の持ち主同士だろうと、分かり合い和解することができる、ということを示してくれたお話だったように思う。
最初に明確な敵として現れた「魔族」も、決して悪とされる存在ではなかったし、民族紛争や神々と人の交わり、果ては精神的に歪んだヤンデレさんまで、色々な障害を乗り越えて手を取り合い、理解を及ぼし合い、和を結ぶ事が叶ったわけですから。
でも、同時に本来なら強固な絆や盟約によって結ばれていた関係も、簡単に破綻し壊れてしまうことも、六賢人の崩壊やかつての大罪戦争の英雄たちの分裂などによって如実に示されている。
要は、当事者たちの意識と努力、なんだろうなあ。関係性とは如何にも脆く危うく、しかし幾らでも縒り合わせ取り戻す事のできるものなのでしょう。
さながらそれは、輪を環するようにして。

なんか、フィノのヤンデレのインパクトがひたすらとてつもない作品でしたけれど、心地良い良作でした。お疲れ様です。
まだまだ世界を渡って、この物語は続くようです。その先は、再びパラサイトムーンの世界なのでしょうか。何れにしても、ワクワクは止まらない。

追記:

うがああああああああ! シェリル様、オマエもかーーーー!!!
んなアホなーーーーーー!!!


渡瀬草一郎作品感想