GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンV<上> (電撃文庫)

【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 5(上)】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Amazon

 ──状況は静から動へ。
 関東、近圏の諸国が武蔵とP.A.Odaを天秤に掛け、遂に戦端が開かれた……!
 奥州三国の支持を得て、柴田勢を退けた武蔵。生徒会副会長の正純は、信長死後の歴史再現の鍵を握る北条に働き掛け、羽柴にプレッシャーを与えようと画策するが、その矢先、羽柴勢が毛利領内に侵攻したとの一報が届く!
 毛利領を治める六護式仏蘭西の迎撃は。そして連動して動き出す関東勢力の群雄に、武蔵もその一員として相対する。
 各国に分割統治された中世の神州・日本を舞台に繰り広げる、壮大な学園戦国ファンタジー第五話、いよいよ開幕!
伊達を出奔して武蔵に身を寄せることになった伊達・成実さんなんですが、実家を飛び出して男と同棲しているようにしか見えない! 見えない!! メアリと点蔵の所みたいなフワフワしたラブラブな感じとはまた違っていて、「いい洗髪料見つけたから帰りに付き合って」、とか平常運転でメール送ってるあたり生活感のあるカップルというか、小さなアパートの一室を借りて身を寄せ合って暮らしてる感があるというか。
もろに「同棲!」って感じの生々しさがあって……むむむ、ウッキーやるなあ。ところどころ、さらっと惚気るあたりが実に男前である、この半竜。メアリのおぱーいを掴んで離さず、その上皆に合意の上ですから大丈夫です、とカノジョに言わせる鬼畜忍者とは桁違いだなww

さて、今回の表紙を飾るのは印度諸国連合の総長兼生徒会長である北条・氏直。この印度諸国連合の制服は、薄い布を何枚も重ねたようなデザインで、ちょっと民族衣装のサリーをイメージしてるんだろうか。なんにしても、オパーイの柔らかさを強調しているようなデザインで、なかなかエロい。
しかし、表紙を飾っているとはいえ、あんまり出番はないんですよね、北条・氏直。本格的にノリキとの絡みがあるのかと思っていたんですが、今のところ北条とはまだ直接交渉はなく、関東に在中している滝川・一益との歴史再現を目論む、三つ巴の綱引きと相成りました。氏直としては心情的には完全に武蔵側、というかノリキの方にあるようなのですけれど、後々羽柴に下ることになる北条という難しい立場に居るために難しい選択を迫られることに。

と、その前に

ネイトママン、自重! 自重!!

喰ってます、食べちゃってます! 肉食ですよー、肉食系女史ですよーー! 現役娘が現役すぎる! うあぁ、これはなんというか、お食事以外の何物でもないですねー。さすがは人狼女王。性欲も食欲も不可分ですか。
ってか、これはもう旦那さんが凄いわ。よくまあここまで貪られ搾取されて、生きていられるもんですわww

そんな二人の娘さんと言えば……なんか嬉ションしてますよー? 嬉ションってなんだよ、嬉ションって!!
ちょ、おま、どんなイケナイ子なんですか、ネイトさん。ワンコにも程がありますよ? 
なんか、喜美の戯言段階だった大奥システムが冗談じゃなくなってきたみたいですし。ネイトはわりとその気になってきてますし、浅間も何だかんだと自分から遮断せずにつなごうとしてますしねえ。布陣布陣。布陣って言い換えると夫人ですよね、特に意味なし。


西国の方ではついに六護式仏蘭西とP.A.Odaが激突。毛利と織田が直接戦火を交えるということは、本格的に本能寺の変―織田・信長暗殺が迫ってきたということになり、いよいよクライマックス感が高まってきた。そんな中で、ついにあの「竹中・半兵衛」が登場。羽柴・秀吉の軍師についてはどうするかと注目してたんですけれど、竹中・半兵衛と黒田・官兵衛の二重襲名で来たか、やっぱり! しかも、タレ目眼鏡のお姉さんですよ! 
とどめにこの人、えろえろですよ。えろえろえろえろえろえろ〜〜。なにしろ、しょっぱな最初の台詞からして「えろえろえろ」ですからね。エロじゃないですよ? えろえろですよ? 竹中っていうから病弱な喀血キャラかと思ったら吐くは吐くでも船酔い胃の中リバースキャラでしたよ! いみわかんねえ!!
駄目だ、この人も良い感じでダメだw


一方で、武蔵は六護式仏蘭西を援護するために、北条と交戦し歴史再現を進めようとする。正純の外交必殺技
「戦争しようぜ!」の炸裂である。一連の流れ、一応理屈はわかるんだが、表面だけ見てると北条と矛を交えておきながら、突然矛先を変えて北条の代理で滝川・一益に喧嘩を売る、というなんて正純ウォーモンガー(笑
でも、此処に至ると武蔵側の戦力も非常に充実してることが判るんですよね。いつもの一味に加えて、英国王女メアリ・スチュアートに立花・宗茂、詆徂悄Nじ/最上・義康に伊達・成実という新戦力が加わった武蔵の戦力は圧巻と言っていいくらい。長らく怪我の影響があった宗茂もほぼ完全復活。同じくスランプだった二代も復活し、色々と迷いの多かった義康も、最上・義光との懇談で一つの道を得て、と今、武蔵って主砲の完備も相俟って、これまでにないくらい万全なんですよね。今までで一番最高、と言ってもいいくらいかと。尤も、現段階が上限じゃ勿論ないんですよね。まあまだ、味方は増えていく要素はタップリある。
とはいえ、現段階でも見応えあったなあ。新戦力が加わった跡で、全員が万全に状態で、それが一同に介して戦うのって初めてだったんじゃないですか?
復活した途端、ネタキャラとしても復活する二代さんはどうかと思うけれど。あんた、懲りずにセックスセックス見境なさすぎw

白鷺城を擁した滝川・一益と、真田十勇士の筧・十蔵、海野・六郎、望月・幸忠との交戦も、こうなってはP.A.Oda側の方が分が悪い。それでも勇戦してみせるP.A.Odaがまた凄いんだけれど。
でも、こうして直接対決が増えてくると、自然とP.A.Oda側と武蔵側の違いが浮き立ってくるんですよね。それは、当事者であるP.A.Odaの面々にも徐々にだけれど意識され、疑問されるようになってきた。失われることを覚悟している悲愴のP.A.Odaと、失うことを諦めずひたすら賑やかに突き進む武蔵。P.A.Odaの連中は、作中でも皆が語っているように……イイやつらなんですよね。仲間同士仲いいし、お互いを大事にし、親身になって想い合っている。それだけに、彼らが常に抱え持っている悲壮感が見ていて辛くて仕方がない。神流川の戦いを最後に、敗北の道をゆくことになりいずれ消えて行く事を覚悟している滝川・一益。それでもなお、敗走ではなく栄光を持って、皆のもとに帰ろうとあがく彼女の覚悟と想い、そんな彼女の今と行く先を思い心配する佐々たち。ビキィィッっとなって硬くなってる森くん。みんないいやつなんですよね。最後の、触手ですけど。
撤退する筧・十蔵たちにホライゾンが送った言葉は、このP.A.Odaと武蔵の相容れない相対への一つの鍵となると思うんですよね。武蔵が、逃げ場じゃなくて、答えが辿り着く場になれればなあ……。
でも良いこと言いながら、ホライゾンさん。思いっきり追い打ちズドンしてるあたり、幾ら宗茂砲一号二号だからて。アナタセメント鬼畜すぎww 
と、このまま快進撃を続けられるか、というと、まさかの校則法が立ちふさがる。正純がヒャッハーしすぎたせいで、学校イベントが消化しきれておらず、しかもすべての対外行動が禁止される夏休みに突入せざるを得ない、という為す術ない詰み状況。
思わず、片桐くんにごめんなさいしてしまいそうな勢いです。しかし、この片桐・且元くんはまたイイキャラだなあ。ってか、羽柴十本槍って片桐くん以外全員女性なのか。しかも、このショタっ子他の女性陣にいい具合に可愛がられてるみたいだし。目の前で平気で着替えされたり、あまつさえ着替えの手伝いさせられたり、なんですか? 片桐くんは十本槍はれむーデスカ? オマエなんか、森くんの親友になっちまえ! 触手BLって新境地じゃね? どうですか、ナルゼさん?

さあ、色々な意味でどうするんだ、これ!?

とか言ってる間に、ラストになんか凄いのきたーー!?
え? これが引きなの? 次回に引っ張る物凄い引きというのは珍しくない手法ですけれど、こんなアッパーにはっちゃけたのは滅多見ないぞ!?


シリーズ感想