のうりん 4 (GA文庫)

【のうりん 4】 白鳥士郎/切符 GA文庫

Amazon

Q.
士(つかさ)姉さん、こんにちは。ぼくはアイドル好きの高校生です。
どうすればアイドルと結婚できるんでしょう?(K・H 岐阜県)

A.
農家へ行け。
オマイは一刻も早く現実を見るべきじゃ。夏休みを利用して農村へ戻れ。
戻ってアイドルのことなど忘れて、幼馴染みと結婚しろ。そして子供を作れ。
十人くらい作れ。家庭を持って妻や子供のために必死に働けば、
そのうちアイドルのことなんてどうでもよぉなる。
つべこべ言わずにさっさと帰って来い!!

――耕作と農、遂に結婚!? 林檎はどうなっちゃうの!?
農村の光と影を描き出す第4巻! 読めば絶対田舎へ行きたくなる!!
……あの産廃、誰かマジで処理してください!! いい加減そろそろ人間から怨霊と化しているので、埋めてお祓いして祀り上げちゃいましょうよ。でも、こんな神様、ご利益どころか行き遅れになりそうで信仰なんぞ集まらないか。いっそ零落させて存在を抹消させちゃいましょう。でないと、マジで発禁になりそうなんでw
他の作品の行き遅れ女教師はあんなに萌えキャラなのに、こっちは無残すぎるよ。見るに耐えない。というか燃やしたい。火刑に処そうぜ。なんか前回も同じ事言ってた気がするが、あのキャラを見ると条件反射で燃やしたくなるんですよね。ヒャッハーーッ、汚物は浄化だぁぁ! という勢いで。

さて、今回の表紙は一体誰なんだろう、と首を傾げてたんですが、農の姉妹たちだったのですな。名前が士農工商ってキラキラネームどころじゃなくひどいよな、これ。でも、ひどいというとこの姉妹の中で農だけが圧倒的にハズレな気がするのは自分だけなんでしょうかw 下の二人は純朴に可愛いし、上の士姉さんは若いころはっちゃけていたそうですけれど、今は強引な所があるもののかなり真っ当な辣腕の女性ですし、極めて残念極まる農に比べると……。
この幼馴染、本当になんとかしようぜ。ベッキーと比べると何を見てもまともに思えてくるけれど、この女も相当だぞw 妊娠したと偽って結婚まで無理やり持ち込もうとする根性が、ストーカーレベルじゃなく恐ろしい。まあさすがに、即座にバレましたけどね! バレなかったらと思うとゾッとするわ。
ところが、2人のできちゃった婚にかこつけて、二人の故郷の村では婚活イベントが催されていたために、二人はそのままイベントの目玉として仮の結納を結ぶはめに。

やめてやれよ!!

相変わらず、この作品はイラストとのコラボレーションがとんでもない高みにまで達してしまっていて、

正・直・こ・わ・い!!

これだけ本文と息のあった挿絵もないよなあ。勿論、作家と絵師と担当編集が密に意見を交えあい、見事な挿絵を絶妙なタイミングで映し込んでる作品というのはあるにはあるんだけれど、この【のうりん】についてはもう漫才コンビの掛け合いレベルで文章とイラストが応酬しあってるんですよね。
ラストの見開き6ページの酷さは、ひどいなんてもんじゃないよ。死ぬほど笑ったわww
冒頭の方のバンドも相当笑ったけどさ。あれも、イラストのインパクトだよなあ。あれには勝てんよ。どうしてああなったww
良田さんは出番が少なかろうと結局もう牛からは逃れられないんだな。
あと、あの林檎の絵日記も切符さんが描いたのか? あのセンスはリアル画伯すぎて、むしろ本職には難しい代物だと思うんだけれど、凄いな(笑


もはやどうしようもないを通り越して色々と後戻りできないレベルのギャグを前のめりにかましまくる一方で、農村のリアルな現実についても真面目に触れてくるのでたちが悪い、本当にたちが悪い。
ギャグとシリアスのバランスが絶叫マシン並なんだよなあ。しかも、これらの現代日本の農業問題は、何が悪いという決まった答えがあるわけじゃなく、保守的な意見にも改革的な意見にもそれぞれ合理的な言い分があり、どちらが正解という訳でもないんですよね。本作では、どちらか一方に傾倒するでもなく、それぞれの立場にたって冷静にこうした意見があるんだと表明し、様々な問題の原因についても主観を交えず事実のみを羅列して答えを押し付けず、提議に留めてまず問題について知ってもらい、その上で考えてみてください、と提示してくれているので、非常に分かりやすくて勉強になるんです。ある意味、楽しく現代農業について知識を得られる稀有な機会なのでしょう。
楽しくの部分が、やたらとアクロバティックすぎるきらいもありますけど!! 突破しすぎてる気がしますけど!!

さあ、次は、次こそは良田さんメイン回か。海外研修から帰ってきた良田さんが直面するのは、日本の畜産と検疫問題。こうして見ると、真面目な農畜産業モノなんだけどなあ。良田さん回となると、彼女が牛さんになりまくる構図しか思い浮かばない!

1巻 2巻 3巻感想