フルメタル・パニック!  アナザー4 (富士見ファンタジア文庫)

【フルメタル・パニック! アナザー4】 大黒尚人/四季童子 富士見ファンタジア文庫

Amazon

西アフリカの小国・マランパ共和国。今回、市之瀬達哉たちD.O.M.S.第三班がAS訓練に赴いたのは、内戦中の軍事独裁国家だった。戦乱で疲弊した国民と、それを顧みない政府や軍部。何が正義で、何が悪なのか。初めて目の当たりにした戦争に、達哉の心は大きく揺さぶられる。だが、思い惑うのは達哉一人だけではなかった。アデリーナ、ユースフ、そしてベルトラン。彼らもまた、図らずもこの国で自分自身の過去、現在と対峙することになる―そして、ついに姿を現す『あの男』とは…!?東奔西走のSFミリタリーアクション、全力吶喊。
なんか、ビックリするくらいに予想していたとおりに、4巻は達也が敵ではなく、見知った味方側の兵士の死を目のあたりにすることで、実際の戦場、実際の戦争に直面する、という展開になったなあ。別に予想通りというのが悪いわけじゃなく。話の順序的にこの流れは必然とも言うべきものだったので、むしろ堅実だなあ、と感心したくらい。ちょっとした驚きだったのは、達哉が思いの外、それこそ彼自身が慄くほどに彼のメンタリティが実戦に、殺し合いの場に馴染み始めていたことでしょうか。
むしろここでは、軽度の拒絶反応みたいなものが出てしまうんじゃないだろうか、と思っていただけに、逆に「慣れ」を感じてしまったことで「あれ? これってヤバい方にハマりこんでるんじゃ」というズブズブと泥沼にハマっていくような忌避感と恐ろしさを、達哉自身に危機感として感じさせ読者にも共感させるように表現していたのは巧いなあと感心した次第。
そもそも、達哉がこういう業界に身を置く事自体に、それほど大した理由や根拠があるわけじゃないんですよね。将来への野望とか大きな展望があるわけでもない。ほんとうにもう、アデリーナが居るから、というだけなんですよね。そして、そのアデリーナとの関係自体もハッキリしていない。
土産物屋でのあのリーナの物欲しげな視線を完全にスルーしてしまえる達哉は、相当の達人ですよw
ああいうアピールをりーながしてくるというのは、絶対に脈ありだと思うんだけれど、こいつの台無しの仕方は芸術的だよなあ。

自分が思いの外実戦に順応し始めていることに、このままで自分は大丈夫なんだろうか、このままでいいんだろうか、と疑問や違和感を感じだしてしまった達哉。むしろ実家の土建屋業のように、何かを壊すのではなく汗かいて何かを作り出す方が性に合っていると自分で思っている以上、達哉ってこの業界想像以上に合ってないんじゃないだろうか、と思えてくる。ASを動かす才能や戦場で生き残る才能が、兵士としての適性がある、ということがそのままイコールでその人に相応しい職業に繋がっているというワケじゃないと思うんですよね。
とはいえ、本来D.O.M.S.はあくまで教導任務が主体の民間軍事会社であって、戦場で実際に戦う部隊とは違うはずなんですよね。だから、達哉みたいな生死に関わるのが似合わない少年でも身をおいておかしくないところのはずだったんだけれど……今回みたいな仕事を断れないのを見ると、実戦に投入されないというのはあくまで建前なんだよなあ。まあ、マオからしても、今回の仕事はあやうい橋をわたるとはいえあくまで教導だけのつもりだったんだろうけど、明らかにD.O.M.S.が来訪してるタイミングを狙って事が起こされた節もあるし、どうあっても利用されるんだろうな、これ。

さて、むしろクルツが出てきた方がふもっふ感が出るのはなんで何でしょうw
というわけで、アナザーになってからは初登場のクルツ・ウェーバーである……完全にアル中患者じゃないかw
これはアデリーナに毛嫌いされるのも仕方ないくらいのグデグデっぷり。仕事しろよ、仕事!!
でも、クルツのぐーたらっぷりが離婚の原因じゃないあたり、マオらしい。この女の性格からして、旦那が働かないからキーーーッ!となって爆発する、というのはいまいち想像出来なかったんですよね。元々、クルツと言えば募兵の段階からして不真面目で言うこと聞かず舐めた態度でフラフラしてるような男でしたけれど、マオはそういうクルツを上手いこと使って、ちゃんとやるべきことをやらせてその力を引き出してたんですから、クルツが働かないのを嘆いてたんでは、マオが自身の力量の無さを棚に上げて、みたいな形になっちゃいますもんねえ。マオの性格からして、それは絶対に認められんだろう、と思うところだったんですが……ある意味、この二人らしい喧嘩の理由でしたw

と、後半のふもっふなノリに緊張感を解いてヘラヘラ笑ってたら……ラストで冗談では済まない怒涛の展開に!
これまで何だかんだと大きな事件もなく平常運転だったストーリーが、ここで大きく動くのか。

1巻 2巻 3巻感想