吼える魔竜の捕喰作法3 (HJ文庫)

【吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア) 3】 内堀優一/真琉樹 HJ文庫

Amazon

リュカの祖父とクーミエの祖父が、長い竜狩りの旅から帰ってきた!
久しぶりの再会に喜ぶ肉屋一同。
そんな中、タクトとクーミエの仲を進展させたいクーミエの祖父から、二人をデートさせるための協力を頼まれてしまったシェッセ。
断る理由が無いため引き受けてしまうが、その胸中には今まで感じたことのないモヤモヤが渦巻きはじめ――?
甘酸っぺーーー!!
カティナがキャラ壊してまで叫んじゃうのもよく分かる。甘酸っぺーーー!! 甘酸っぺーーー!!
シェッセ、どうしてそこまで具体的に自分の気持を表現しておきながら、それが恋心だと気づかないんだ!! 計算式の過程の部分は完璧に導き出せているのに、なぜか=の先、答えだけが出てこないといった感じで、回りからしたらモドカシイやら微笑ましいやら。
これ、惚気てたり気づかないふりをしてたりしているわけじゃ絶対に無いんですよね。ほんとにピュアな娘なんだよなあ、シェッセって。こんなピュアなボクっ子が居ていいんだろうか。
この娘の凄い所は、そうした自分の中の理解できないモヤモヤした気持ちが何なのか、まあ友人でもあるカティアに相談するのはまだイイとして、この娘、この相談をそれこそ当事者であり、その気持の相手でもあるタクト本人に素直に相談しちゃうところなんですよね。
それこそ微細にどう聞いても貴方にLOVEしちゃってます! という精神的な症状を列挙した上で、これって原因なんだと思う? と真剣かつ純真無垢な目で小首を傾げられちゃったりしたら……タクトもあとには引けんでしょうこれ(笑
幸いにして、タクトの方もシェッセを純粋に女の子として好ましく思っていたようなので、恥ずかしさはあっても渡りに船だったのかもしれない。クーミエなどの他の親しい女性にはキッチリとそれは親愛であって恋愛ではないと区別してたようですし。
ラストのやり取りなんて、あれタクトの台詞、告白そのものと思ってもいいんじゃないのか? シェッセが可愛すぎて目立たないけど、結構凄いこと言ってるぞ。

とは言え、二人の甘酸っぱい恋模様がそのまま余人に関係のないプライベートのことで済むのなら誰もが幸せで居られたのだろうけれど、二人には過去の神話の因縁が纏わりついている。今のところは表に出ていないけれど、裏で色々な思惑が動くと同時に、シェッセ自身の中でも目覚めつつあるものがある。となると、彼女の恋の自覚は幸せな時間の始まりであると同時に、またぞろこのボクっ娘を苦しめる由縁になるんだろうなあ。本当に良い子なだけに、哀しい想いだけはしないでほしいなあ。
幸いにしてこの子の周りには、親身になって心配してくれる良い人たちが揃っているので、孤立無援にはならないと思いたいところだけれど……微妙に不安なのが、カティアが上司の切れ者参謀と密談していた時のウォーレンが最後のカティアに問いかけた出自に関する質問なんですよね。あれ、どういう意味合いが篭められてたんだろう。

しかし、竜退治の方はガチでリアルモンハンになってきたなあ。モンハンやったこと無いんで適当言ってますがw 今回の竜はコンセプト自体が捻ってて面白かったなあ。ああいう特殊な生態って、妙な生々しい動物!って感じの感触があって好きなんですよねえ。

1巻 2巻感想