アニソンの神様 (このライトノベルがすごい! 文庫)

【アニソンの神様】 大泉貴/のん このライトノベルがすごい! 文庫

Amazon

「はじめまして!エヴァ・ワグナーです。一緒にアニソンバンド、やりませんか?」―アニソン好きが高じて、ドイツから日本へとやってきた少女、エヴァ。彼女の夢は、アニソンの聖地・日本でアニソンバンドを組むこと。今、その夢が動きだす―。第1回『このラノ』大賞作家が描く、音楽と青春、『CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA』から『太陽曰く燃えよカオス』まで、すべてのアニソン好きに贈る、友情物語。
いやー、これは面白かったですわ。良質の二時間ドラマを見終わったみたいな満足感。見事にこの一冊でやりたいことを見せ尽くしている、という点では完成度高いと言えるんじゃないでしょうか。例えば、実のところ登場人物の掘り下げはそれほどなされてないんですよ。バンドのメンバーになるエヴァ以外の四人は入谷を除けばそれぞれバンドに入ることになる周辺事情を表層的にさらっとなぞっているだけだし、一番の難物となる入谷だって家庭の事情も含めてそれほど深く掘り下げているわけでもない。でも、それが何の問題にもなっていないんですよね。決してキャラが個性的だったりあからさまに立っているわけでもないのに、この一冊の物語の中でバッチリ輝いてるんですよ、こいつら。非常に魅力的に描かれている。なんて言うんだろう、この物語の要としてごく自然に馴染んでいるとでもいうのか、居るべくして居るというべきか。それぞれの抱える事情なんてものはそれこそ理由付けに過ぎず、別に深く知らなくたって、理由なんてなくたって、居ることだけが重要で、居ることそのもので存在感を示している、とでもいうのか。
そんな在るべくして在るように、この四人を位置づけてしまった中核こそ、主人公であるエヴァという娘の価値なのでしょう。なんか凄いわ、このエネルギーの塊は。輝きの中心は。バンドのメンバー集め、という基本の基礎からはじまるこのお話ですけれど、分量も対して割かれてないしそれほどドラマティックな展開があったわけでもないのに、一人ひとりどこからとも無くメンバーを見つけてきて、仲間にしていく話の流れは、素直に楽しかったしワクワクさせられた。これぞ、仲間集めのお話だよね、というお手本のような盛り上がり。
何気に、メンバーの幾人かはアニソンに特にこだわりも好みもない、というのもなかなかおもしろいポイントだったんじゃないでしょうか。あくまで、エヴァという人間に惹かれた、という意味合いが強いんですよね。
実際この作品、強烈にアニソンをプッシュしているように見えて、実のところアニソンあんまり興味なくても関係無く楽しめる本になってると思いますよ。勿論、曲を知っている人は知っていることで盛り上がれると思いますけれど、知らなくても関係なく楽しくなれると思う。こういうのは、クラシック音楽やオペラ、オーケストラなんかを題材にしている作品なんかで、その方面に知識が無くてもその音が聞こえてくるように楽しめる、という風情とおんなじように。
実際、自分なんかここで演奏される音楽はだいたい知ってはいるものの、知っている曲が歌われたから、という理由で盛り上がったりはしませんでしたしね。一つ一つの曲を「リスペクト」するという感じに掘り下げたり、物語の流れに深く噛ませたり、という風でもありませんでしたし。
その意味では、タイトルとは裏腹に敷居そのものは非常に低い気がします。
いや、なんにせよ、これは予想以上に面白かったです。主人公を留学生の外国人にしたのは、これ提案した人大ファインプレイですよねー。この純粋一途さをなまじ日本社会で育った日本人の少女にやらせてしまうと、とたんにその純朴さに胡散臭さが入りまじてしまったでしょうし。純粋にしてパワフル、思慮深さと躍動感がブレンドされているこのキャラクターは、そして多くの一般人がそっぽを向くアングラなサブカルチャーに、これほど衒いなく飛び込み、そして周囲にアピーるできたのは、異邦人という特性があったことを見逃せないのじゃないでしょうか。なんか、物語を作る最初の第一歩で大正解を選んだみたいなところ、あるのかもなあ。勿論、そこから何も落とさずに見事にてっぺんまで築きあげて完成させた腕前には、素直に喝采したいと思います。
まあでも……これ一冊で綺麗に終わっておくのが一番イイ気がしますけど。