おまえは私の聖剣です。2 (GA文庫)

【おまえは私の聖剣です。2】 大樹蓮司/飯沼俊規 GA文庫

Amazon

現代の美少女にドラキュラ公の力が宿る! ?
過去から蘇る偉人=怪偉人と戦う少女たち=伏滅機関IXAsの住む最先端都市・弓弦羽市。
高校生の一兎は「剣」の力に目覚め《卑弥呼》の後継者たるお嬢様・伏姫咲耶花のもと、この街で暮らすことになったのだが……。

過去から蘇る偉人=怪偉人と、英雄の力を継承した少女たち=伏滅機関IXAsが戦う最先端都市・弓弦羽市。
高校生の槇那一兎は、少女たちとともに戦う「剣」の力に目覚め、《卑弥呼》の後継者たるお嬢様・伏姫咲耶花のもと、
この街で暮らすことに。
そんな一兎たちがこの日やってきたのは遊園地。戦士たちの束の間の休日……となるはずが
IXAsをライバル視する黒衣アーデルハイトと鉢合わせし、何やら不穏な雰囲気。
しかもそこに新たな怪偉人《エリザベート・バートリ》が出現。千葉真琴や仲間たちが、この血塗れの伯爵婦人に囚われてしまう。
絶体絶命のピンチに、一兎はいかに戦うのか! ?
超歴史バトル×ラブコメ、第二弾! !
へぇ、なるほどなあ。ブラド・ツェペシュの串刺しの杭を単純な物理攻撃の手段として表現するのではなく、支配の象徴として能力化したその発想は面白い。ドラキュラのモデルになったワラキア公の来歴を見るとよくわかるんですが、ブラド・ツェペシュは国内貴族の悪質と言って過言ではない無分別で無節操な所業に悩まされ続けているのです。実際、父や兄は外国勢力に唆されて暗殺されていますし、彼自身も終生足を引っ張られ続ける事になります。あの串刺し公の由来となった串刺し刑の林はオスマンへの見せしめであると同時に、国内貴族への威圧でもあり、彼なりの支配権の確立の象徴であったわけです。そのへんの由来をうまくアレンジした形のあの能力は、ついついわかりやすくパイルバンカー!みたいにしたくなるところを、上手く発想を変えて拾ったなあ、と思った次第。となると、わざわざ敵役にエリザベート・バートリを持ってきたのも、ワラキア公を意識しての事なんでしょうね。どちらが先、だったかはわかりませんけれど、時代こそ百年近い隔たりはあるものの、同じ吸血鬼のモデルであり、同じ東欧のオスマン帝国の圧力を受け、混沌とした国際情勢の渦中にあって波乱の生涯を送ったという意味でも、共通性……というよりも細くともある種の因果があって敵対するにもいい意味で絡みが出来るんですよね。
実際、この怪偉人《エリザベート》には狂気以上に悲哀という要素が加味されていましたし。すべては自業自得の邪悪さで哀れに思うことも同情することも不要だけれど、それでも彼女が生きた時代の、土地の、苛烈と言っていい煮えたぎった混沌のような有様には、思いを馳せてみるのもいいんじゃないか、と思わされる。
この時代の東欧地域って、歴史的にも見ても、人物的に見てもホント面白いんですよ。日本での知名度は低いだろうけれど、びっくりするくらい図抜けた英雄、梟雄、奸雄がぞろぞろと存在してますし。

さて、無事一兎を迎え入れることが出来た伏滅機関IXAsですが、組織としては未だに迷走したまま。と言うよりも、やっぱり頭である咲耶花の腰が定まらないんですよね。逆に言うと、当主がフラフラしている程度でブレてしまうIXAsの組織力も問題と言えば問題なのですけれど。いや、今回については咲耶花に要らない決断を強いさせざるを得ない状況に陥っていた事が問題なのか。《卑弥呼》の力の執行権を外部の、しかも適切な情報分析力も判断力も持たない市長に預けざるを得ない状況になっているという時点で、もう無茶苦茶ですし。本来なら、その手の政治力というか、裏から手を回して表を黙らせるような長くて黒い手を使えるバックを持っておくべきだし、それは多分、黒衣が担当するべきなんだろうけれど、なんでか関係こじれて勢力争いしている始末だからなあ。あの黒衣の当主も、自分の組織に拘りすぎててガチガチに自分縛っちゃってるし。あれはあれで、いい具合に咲耶花よりも無能だと思うぞ、うん。
今回に関しては、一兎との剣化合体を他のメンバーにまでやらせるかどうかで咲耶花が迷って決断を先延ばしにしてしまった件については、これは同情の余地ありでしょう。
一兎との剣化合体、殆どセックスしてるのと同じ暗喩表現だな、と笑っていたら、どうやらやってる当事者たちも剣化合体が性交渉と同等のものであるという意識があったみたいですし。自分が惚れている男を、任務だから、友達だからと他の女に任せるとなると、なかなか踏ん切りつかないでしょうしねえ。一兎当人も咲耶花以外には乗り気ではないようでしたし。
だから、ちゃんと一兎との関係にナシをつけて……曖昧にせずちゃんと告白して気持ちを通じ合わせてから、公の責任のもとに一兎を送り出した、という姿勢には評価を送りたい。
表現や台詞だけ見ていると完全にセックスだけれど、実際は性交渉でもなんでもなく単なる剣化合体だから、相手が中学生でも全然オッケーだぜ! という発想にはヒトコト申し述べたいところだけれどさww
ラストなんて、実質姉妹丼じゃないかっ、なんて言っちゃあ駄目ですかね? 

1巻感想