魔王討伐! 俺、英雄…だったはずなのに!? (このライトノベルがすごい! 文庫)

【魔王討伐!俺、英雄…だったはずなのに!?】 遊馬足掻/しゅがすく このライトノベルがすごい! 文庫

Amazon

魔術と体術を極め、魔王を倒した英雄ラグナが望んだものは、小さな幸せ――仲間との楽しい語らい、愛する人と過ごす平穏な生活――だったのに!!!圧倒的すぎる力の前に、仲間は去り、仕事もうまくいかない……失意のラグナは「弱くなる方法」を求めて、評判のロリ美少女占い師ルーチェを訪ね、自分の強さが「10008の呪い」のせいだと知る。理由はわかった!では、どうする?呪いを解くべく、ルーチェと共に旅立つラグナの弱くなるための冒険、“逆”RPGが今、始まる!第3回『このライトノベルがすごい!』大賞・栗山千明賞受賞作です。
これは酷いなあ。いや、何が酷いって、魔王を倒した時のラグナへの仲間たちの態度である。あれは幾らなんでもないわー。特に野心もなく純粋に人のために努力して、世に仇なす魔王を倒した人間に対して、あの言い草はひどすぎる。ラグナの努力も心意気も誠意も友誼も、何もかも否定して唾かけて後足で砂引っ掛けるようなものだもの。よくまあ、ラグナはグレなかったと思う。そこで、自分が弱くなろう、と考えるのって結局自分が悪いって思ったって事でしょう? 違うでしょう、君なにも悪くないでしょう。強くなったこと、それ自体には何の罪もなかったはずなのだ……うん、手加減は覚えておいた方が良かったけどな。
……というか、自分が弱くなる、なんて難しい方法を探す前に特訓して手加減覚えようよ、と言っちゃダメなのか。あの魔王討伐隊の仲間たちの態度こそ酷いものの、ラグナの力が制御できてない部分は一般の生活が出来ないレベル、ほぼ暴走状態に至っているので、そりゃそこから何とかしないとさ。
後半見てると、必要なとき事態は押さえていられるようにも見えたけど。
まああれだ、根っこが小市民な奴が分不相応な力を持つと不幸になる、という典型である。そういうレベルに収まらない気もするけど、ラグナの力は。
それでも、どんどんエスカレートしていく社会に破壊と混乱をもたらしていく惨状については、ラグナがおとなしくしていればよかったんじゃ、と思わないでもない。ある種の誘導があったにせよ。国一つを崩壊させて滅ぼしてしまったのは、ギャグで済まされてるけれどあれ現実として考えると凄まじい数の難民と世情不安をまき散らしたようなものだしなあ。いっそ、ラグナが魔王となって開きなおって自分を蔑ろにした人間たちに復讐するためにやっているのならまだしも、当人たちは無自覚で悪意なし。ハッキリ言って、ラグナを討伐しようと奮起している面々は最初から最後まで道化そのもの、というのも虚しい話である。結局、どこもかしこも空回り。その発端が、あの仲間の一言だったとなると、彼の罪は大きいぞ。ラグナにとって、その一言は完全にトラウマになってて、彼があれほど迷惑を振りまきながらも何だかんだと周りを巻き込みながら自分を弱くすることに執着し続けたのも、その一言を払拭するため、というのが原因のようだし。
まあ、相応の報いを受けてしまっているのだけれど、その人も。
なんだかヒューマノイドタイフーン、人間災害みたいな身も蓋もない大迷惑存在になりつつも、結果として、落ち着いて周りを見渡してみると、ちゃんとした友人や理解者ができていたのだから、人類社会に多大な迷惑とそれなりの革新を与えながらも、ラグナは弱くなるという目的こそ達成できないままだけれど、その奥にあった本当の望みは手に入れる事が出来たのだろう。
報われない人が、ちゃんと相応の報いを得られたというのなら、きっとこれは幸いの話なのでしょう。なので、めでたしめでたし。