C3-シーキューブ-XV (電撃文庫)

【C3 シーキューブ 15】 水瀬葉月/さそりがため 電撃文庫

Amazon

このはを辛くも奪還した春亮たち。安堵に浸るのも束の間、春亮の父・崩夏が帰還する。…なぜか若い美女の姿となって。多くを語ろうとしない崩夏に春亮は不信感を露わにするが?一方、春亮の誕生日が間近に迫りフィアたち女子陣は浮足立つ。そしてテスト期間明けも重なった誕生日当日、一行は崩夏の提案で海へ行くことに。海水浴を楽しんだり、プレゼントを渡すタイミングを図ったりしているフィアたちだったが、そんな彼らの前に船に乗って現れたのは―竜島/竜頭師団の師団長だった!クライマックス直前の第15弾。
お父さんが帰ってきたらお母さんになっていました♪ なんてお話、どう見たってギャグネタだってーのに、これを書いている水瀬葉月という人がどんな作家なのかをついつい忘れていた。
時として、グロテスクなほどヘヴィに話を廻すんだよなあ、この人。トランス・セクシャル……TSというものをいささか軽く考えすぎていたかもしれない。性別を取り替えるなんて、本来なら軽々しく出来るものじゃないんですよね。それは一度変わってしまったら二度と取り戻せないものであったはず。ライトノベルや漫画で、魔法や超科学なんかでホイホイと性別を変えられるケースばかり見ていたせいか、変なふうに慣れちゃってたんだなあ、と実感させられた。今回だって、呪われた道具を使ってのことだと思ってたんですよね……まさか、ガチだったとは。いったいどれだけの覚悟があれば、そこまで思いきれるんだろう。崩夏さんはいい意味でも悪い意味でも、確かに春亮の親父さんだったという事なんでしょう。彼、ないし彼女が安易に事情を語りたがらなかったのもよく分かる。こんな事を得意げに吹聴できるもんじゃないでしょう。出来るなら、ちゃらんぽらんな親父の血迷った道楽か巫山戯事だと思って貰っていた方がどれだけ気楽だったか。親として、子供に憎まれる方が負い目を負わす事よりもなんぼかマシだもんなあ。でも、それでも自分の真意を伝えたというのは、崩夏さんがちゃんと春亮たちを子供扱いせずに対等の相手として認めたってことじゃないだろうか。

春亮を巡る女性陣の恋愛模様は、戻ってきたこのはが完全に精神的に覚醒してしまい、泰然自若の不動の構え。前回、あれだけぶっちゃけた告白してしまいましたしねえ。その上、色々と吹っ切った上にこれまで抱え続けていたものも克服してしまった以上、殆ど弱点なくなったんじゃないでしょうか。逆に、告白した直後にこのはがあんなことになってしまい、答えを保留され続けてしまっていた錐霞はというと、答えを引き伸ばされてしまったせいでヤキモキが高じてやや不安定気味に。これははっきりしない春亮が悪いんだけれど……同情の余地はあるにせよ、どんな理由があるにせよ女の子を不安にさせてしまった時点で言い訳の仕様もありませんねえ。まあ、そこで甲斐性見せれる男なんて早々居ないとも思うんだけれど。
一方で、一人置いてけぼりを食らっていたフィアも、遅ればせながら自分の気持に気づいて駆け出しはじめたわけで……でも、そうやって普通の人間みたいに、呪われていない人間みたいに普通に恋をする段になって改めて直面する、呪われた力を捨てる事によって迫り来る脅威に自分が何もできなくなるという事実。フィアの能力を封印するデバイスの存在が現れた当初から、いずれ直面するであろうことはわかっていた問題であると同時に、これは、正解のない問題なんですよね。
彼女の選択はどれも間違っていなかったと思う。それでも、結果として悲劇は起こってしまった。これを、誰が責められるだろう。誰の責任でもないだけに、余計にこれは辛い。
燦然たる未来への希望を確立した直後であっただけに、そこからラストへの怒涛の展開はあまりに高い絶望の波。はたしてここからどうやってエンディングまで巻き返せるというのか。相変わらず、どん底の深さに遠慮のない作者である。

あのスレイブという娘。その名前を名乗った時点で正体を察しておくべきだった。多分、あの魔剣で間違いないんだろうなあ。あれこそ、呪われた魔剣の代表格だし。

水瀬葉月作品感想