も女会の不適切な日常3 (ファミ通文庫)

【も女会の不適切(アイ・ド・ラ)な日常 3】 海冬レイジ/赤坂アカ ファミ通文庫

Amazon

無慈悲にエスカレートする否(≠非)日常系、終幕!!

も女会の日常が再び戻ってきた。“美少女"の僕は、愛とラブラブ交際中。
さらに先輩も繭も雛子も僕にベタ惚れのハーレム状態!
そこへ源ひかると名乗る“少女"が加入して……やっぱりこの世界、改変されてる!?
そんな矢先、嫉妬に病んだ愛が再び身投げしてしまう。そして絶望する僕の眉間に、ひかるは銃口を突きつけた!
――わかってる、世界は残酷だ。でも愛と、も女会の日常を取り戻すためなら、僕はこの世界よりも残酷になってみせる!!
そう言えば最初、まだ記憶が消されていた頃、リンネくんはちだね先輩に惚れている、という設定があったんだっけか。一巻の中途からどえらい展開に転がっていった上に二巻では殆どユーリが中心になって動いていたので、ちだね先輩については完全に忘れ去っていた。リンネくんを含めて皆が忘れていた事を、しかし愛は忘れていなかった訳だ。そんな細かいこともすべからく精算するべきだ、という観念を捨て去らないからこそ、愛は面倒臭い女であり、アイ・ド・ラ足らんとしているのだろう。
そう、詰まるところ今回は精算の回でもあるのです。二巻において、ユーリの助力によって愛はリンネと結ばれる事を、自分がリンネを好きなのだという事実を受け入れてくれたのですが、相思相愛になったからといってこれまでの事はなかったことにはしませんよ、ちゃんと片を付けないと自分たちの関係の方を無かった事にしちゃうから、と乱暴に解釈するならそんな感じで愛の意図は進行していきます。クーロ先生は色々と暗躍しているように見えますけれど、あの人って多少自分の都合の良い用に物事を動かしてはいますけれど、基本的には愛の意図を忠実に守っているに過ぎないんですよね。それはこの人の揺るがぬ強さではあるけれども、同時にこの人の弱みでもあり、彼の失敗の根幹でもあったんだろうな、とすべての正体が明らかになってみるとそんな風に思えてくる。
話を戻すと、愛がそうやって精算に拘るのはそれだけ自分に自信がなかったとも言えます。それだけ、ちだね先輩をはじめとするも女会の面々に対して好意と引け目を感じていたとも言えるんでしょうね。大好きなリンネは、自分なんかよりもちだね先輩みたいな人と付き合った方が幸せなんじゃないかという気持ちと不安が、リンネに結論を預けたり押し付けたり、という形になって現れている。結局のところ、愛の不安を解消する為にはリンネの無辺の愛だけでは足りなかった。二人の愛を、愛が認め好意を持っている人達全員に祝福してもらってこそ、愛は全部投げ出してしまうという誘惑に打ち勝つ事ができた。つまり、リンネがなりふり構わず、前回ユーリに助力を頼んだのはまさしく正解だったのでしょう。恐らく、それこそがリンネとクーロ先生のターニングポイントだったはず。まあ、お陰様で今回ユーリが一番割食ってましたけれど。もう一人で縁の下の力持ち的にサポートに走り回って、ひかるに対応し、リンネたちに振り回されて……と八面六臂の奮闘にも関わらず、まさに影働きで報われることもなく、ホントにご苦労様でしたと労いたくなるほどの放置っぷり。リンネよ、もうちょっと感謝しとこうぜ。ちょいと可哀想だw
ともあれ、ユーリの献身的なサポートと一切ブレないリンネくんの愛情が、愛とも女会の面々との繋がりを強め、リンネを介さない彼女らと愛との縁を浮き彫りにし、この面倒くささが次元を超えてしまった地雷女を何とか3次元に引っ張り戻す事が叶いました、めでたしめでたし。と
正直、一巻の衝撃的すぎる展開からすると、随分と大人しい結末ではあったと思いますが、収まるところには収まったのかな、と。二巻もあれでなかなかドギツい内容ではあっただけに、ラストもそれなりにハッチャけて欲しかった気もしますけれど、、まあこれで万事大団円、ということになったのでしょうか。皆さん、お疲れ様でした。
……あんまり二人、糖分過多なイチャイチャばっかりしてたら、誰か発狂して惨劇再び、みたいな流れもありそうなので、何事も程々にw

1巻 2巻感想