ラストセイバー 救世の後継 (電撃文庫)

【ラストセイバー 救世の後継】 兎月山羊/荻pote 電撃文庫

Amazon

ときは西暦2140年。史上最悪の敵「天使」による容赦ない猛威にさらされ、人類はその数を極端に減らし、まさに絶滅の危機に瀕していた…。東京ビッグサイトで奇怪な事故に遭遇し、2015年の平和な世界から2140年に飛ばされてきた高校生・名薙綾月は、その過酷な境遇に動揺しながらも、自らの運命と人類の未来に希望を見出すべく、立ち上がる。その手に輝く剣を携えて―。
おじさんはクールに去るよ。
とばかりに、ほどけるように去っていってしまった英雄。早い、早すぎるよ、おじさん!
確かに、名薙という少年は充分に英雄たるの資質を持っていました。
彼は普通の少年らしく、突然放り込まれてしまった未来世界の只中で右往左往するばかり。無鉄砲さや勘違い、増長とは縁のない自分がこの環境では一人で生きていけない、助けて貰わなければ野垂れ死ぬだけだった、保護されてからも身の程を弁えていて英雄願望など持ちあわせていない、本当にただ途方に暮れた異邦人でした。むしろ、強かにこの未来世界で足場を作っていた自分と同じ過去からの来訪者である少女のバイタリティに圧倒されつつ尊敬を抱くくらいの心持ち。そんな彼ですけれど、それだけ拠り所もなく自分の力に自信も持っていないフワフワとした立場でありながら、彼は間違っていると思ったことを声を上げて間違っている、と言える子だったんですよね。それは、純朴な正義感。誰か弱い立場にある子が理不尽に虐げられているのを目の当たりにした時に、相手がどれほど強い立場、強い力を持った相手だろうと、自然と、しかし躊躇いなく身を呈して庇おうとする優しくも強い気持ち。それを、この名薙という少年は持っていました。彼の素晴らしいところは、その正義感が自分の強さを拠り所としているものじゃない所なのでしょう。力を振りかざすのではなく、理不尽から庇い守るための剣。そんな英雄の資質を、かの少年は確かに持っていました。
それはまさしく、人類の希望と讃えられた剣聖の後継者たるに相応しい心映え、でしょう。ですけれど、まだ早い。酸いも甘いも噛み分けて、人類の未来なんて重たいものを一手に背負って行くには、この少年少女たちはまだあまりにも幼すぎ、何も知らないままなのです。まだよちよち歩きの手を引かれ導かれて当然の英雄候補の幼子たち。まだまだ、おじさんに見守られ、庇護され、教え導かれて当然の未熟で独り立ちしていない子供たちだったのに、おじさんは去っていってしまいました。
このおじさん個人も、もっともっと掘り下げて見てきたかったという願望が尽きません。人類最強の剣聖と謳われながら、自分を「おじさん」と呼んで飄々として気取らず、暇さえあれば酒を喰らって管を巻く風来坊か根無し草の素浪人かという佇まい。それでいて、常に柔らかく優しげな空気をまとい、無辺の信頼感と頼もしさを醸し出すまさしく英雄の名に相応しいその姿。果たして、彼の人生はどのような歩みの上にあったのか。何を思い、どんな願いを抱いて、名薙たちに後を託していったのか。英雄と呼ばれ、その期待に相応しい振る舞いを絶やさない一方で、重圧に草臥れて酒に逃げるような一面を滲ませていたおじさん。彼に課せられていた重圧はいかほどのものだったのか。あの、子供たちに対する慈しみの眼差しは、どんな経験に寄ってもたらされていたものだったのか。そして、何の異能の力も持たないまま絶大な力を思うがままに振るった、最後まで不敗を貫いた最強の力はどのようにして培われたものだったのか。
どの側面から見ても、こんなに早く去ってしまうにはあまりに惜しい人でした。いやもうホントに、もうちょっと引っ張ってくれても良かったのに。
こんな人の、これほどの人の代わりを、いやそれ以上の役割を期待され背負わされる事になった名薙たちは、これから大変なんてものじゃなかろうに。もはや、ご愁傷様、と合掌したくなるレベルである。

人類を根絶やしにしようという悪意に満ちた敵に蹂躙され、荒廃する125年後の世界に迷い込み……否、送り込まれた現代の少年少女たち。過去と未来にどんな因果がめぐり結ばれているのか。こういう、滅亡の危機に貧した未来世界、という世界観はやはりどうしてもワクワクを抑えきれないし、その世界の成り立ちに様々な陰謀が絡み、主人公たちがいた時代にその根幹が横たわっていそう、という過去に立ち戻るような展開もありそうなこの流れは実に面白い。まずは、次の展開に期待したい。

兎月山羊作品感想