サーバント×サービス(2) (ヤングガンガンコミックス)

【サーバント×サービス 2】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon

市役所を舞台にした公務員さんたちのドタバタな日常を描いた、やっぱり仕事あんまりしてないよ! というコメディ第二弾。確かにWORKING!!よりはしてるけれども、あっちはまったく仕事してないじゃん!
そして、仕事よりも熱心なのはラブ! ラブですよ、オフィスラブ!!
ルーシーさんと長谷部くんだけだったカップリングに、まさかの死角からの奇襲が。いや、これは本気で不意打ちだった。なんという凶悪な伏兵! 二巻にしてこのラブコメ濃度の致死量たるや、凄まじい殺戮力に。
一巻の段階では目立たない位置から無表情かつクールにグサッとボケたりツッコんだり、というかなり純然たる脇役、たとえば【生徒会役員共】の新聞部部長みたいな人を、中の人の声ともどもイメージしていた千早恵がまさかの躍進! ラブコメの中心人物に!! いや、なんで二巻の表紙この人なんだろうと読む前は真剣に首かしげてたんですが、これを読んでしまうと千早さん以外なかったんだと頷くより他ありません。
ルーシーが出来る女性と見せかけて恋愛方面の知識や初さでは天然記念物並みの無知っぷりなのに対して、千早さんのそれは純然たる大人の恋愛。元々、全員の年齢設定がWORKING!!よりも高いためにアダルティな雰囲気のあった本作ですけれど、ラブコメの描き方についてもきっちり区別してきてるんですよね。このあたりは上手いなあ、と。
いやあ、しかしあの千早さんがまさかあの人とお付き合いしていたなんて。もっと感情の読めない人だと思っていたのに、抑揚は少ないんですけれど彼氏が絡む話になると様々な表情を低温沸騰で見せてくれるので、悶絶しっぱなし。淡々と激怒してる千早さんが、面白可愛すぎるw 兄貴に彼女が居ると全く気づいていない彼氏の妹も絡んで、妙なトライアングルが絶妙なバランスで形成されてしまって、崩そうにも何故か崩れないようになってしまうあたり、高津さんらしいという感じで、ほんと面白いなあ!!

勿論、長谷部くんとルーシーさんの方も、何だかんだと着実に進展していて、ルーシーも自覚ないなりに長谷部くんのわりとマメな攻勢にほだされていってて、いい雰囲気に。
三好さんの方も、仕事に振り回されているばかりではなく、天然に黒いというか無自覚に毒を吐くような一面も見せてきて、市役所外部からの参入組も含めて早速ノッてきた感じ。うんうん、面白いにニヤニヤが止まらないw

高津カリノ作品感想