101番目の百物語8 (MF文庫J)

【101番目の百物語 8】 サイトウケンジ/涼香 MF文庫J

Amazon

一文字疾風、通称モンジは、日々の平穏な学園生活を過ごす中、何故か胸の中にもやもやしたものを感じていた。そんな中、突如ある日出会った謎の少女を思い出す。その名は…『一之江』。徐々に蘇る共に歩んだあの日の記憶…。決して消え失せない強い想いが込み上げる! 「さあ、百物語を始めよう――! 」サイトウケンジ×涼香が贈るノンストップ学園アクションラブコメは遂にクライマックスへ! そして終わらない物語…そう、ハッピーエンドを紡ぐため――。
最終回を飾るのは、月隠のメリーズドールの一之江瑞江。満を持して、というに相応しい貫禄のメインヒロインでございました。
号外号外! 一之江がデレた! 一之江がデレました!!
もうデッレデレです、なにこれ最強じゃん。まさにこの時のためにこの作品はあったのだと言われても納得せざるを得ないほど、ベタベタのモンジと一之江。
シチュエーションも最高の場面でしたからね。あの鉄壁の一之江さんでもグラっと来るってもんですよ。モンジくんもここぞという時にはヘタレずに決めてくれましたし……だが、音央にヘタレたのは一生忘れないっ!
全裸まで剥いておきながら、何故そこですることしないんですかっ! もはやあそこは、音央、先輩、理亜と三連ちゃんでイケナイところまで行っちゃってもよろしかったのに。いくらオーラルモンジハーレムとは言え、メインの一之江とキリカが戻ってきたらこの二人に持っていかれちゃうのは自明の事だったので、三人ともこれまでにないくらいCOME ON状態だったのに。

ともあれ、キリカと一之江によって自分が【101番目の百物語】の主人公だった記憶も、ロアのことも、一之江のこともキリカのことも忘れさせられて日常に戻されてしまったモンジくんでしたが、無事に自力で記憶を取り戻して、ヤシロちゃんと永遠の戦いを繰り広げる一之江の元に駆けつけることに。
もともとデレデレだったキリカも、今度こそ含みも裏もなく完落ち状態でベチャベチャイチャイチャと、あんたたち粘度高すぎ。挙句にヤシロちゃんもハーレムに入れちゃうぜ宣言でもうモンジくんとどまるところを知らない見境なしのハーレム拡大計画発動である。
最終回ということもあってか、制限なしの総力戦大盤振る舞い。
【月隠のメリーズドール】【魔女喰いの魔女・ニトゥレスト】【妖精の女王(ティターニア)】【神隠し】【2000年問題(ロスト・ミレニリズム)】【8番目のセカイの管理人】【予兆の魔女アリシエル】【夜霞のロッソ・パルデモントゥム】 【人食い村(カーニヴァル)】【終わらない千夜一夜(エンドレス・シエラザード)】【海からの生還者(マリン・リザーバー)】【新旧・花子さん】という主だったメンバーが、フルドライブで大暴れする展開は壮観の一言。相手はノストラダムスの大予言だけあって、攻撃の規模も迫力も段違いなのに迎撃するこっちもまるで引けをとっていませんでしたからね。でも、一番感慨深かったのがいつも背中合わせだったモンジと一之江が、ようやく並んで立てたこと。モンジくんの相棒は、こればっかりは一之江以外に居ませんでしたからね。
しかし、理亜の千夜一夜の語り部の力はホントにデタラメな能力だったんだな。結局決め手になったのは理亜の物語だったわけですし、伊達に最強の主人公と謳われたわけではなかったのか。
そして、ヤシロちゃんの破滅のロアたちをも飲み込み、さらに氷澄たち他の主人公たちの力も借りて、モンジくんが揃えた都市伝説の数は、まさしくワンハンドレッド。名前を揃えて羅列するだけで9ページ(笑
ノストラダムスの大予言の次の破滅の予言であるマヤの終末歴すらも乗り越えて、見事にモンジハーレムの完成でハッピーエンド。最後まで飄々とした錘の無い軽妙なノリで突っ走ったハーレムラブコメディ、大変堪能させていただきました。純粋にひたすら楽しいお話でございました、ゴチ。

あ、あと氷澄はロリババアばっかり集めすぎ! こいつ、合法を気取ったロリコンか!

シリーズ感想