エスケヱプ・スピヰド 参 (電撃文庫)

【エスケヱプ・スピヰド 参】 九岡望/吟 電撃文庫

Amazon

少年の運命を変える神風となるか!?
鬼虫シリーズ最高機密──“星鉄(ほしがね)”登場!

 量産型鬼虫たちが狙う第三皇女のクローン鴇子の記憶。それは、鬼虫の要を成す金属“星鉄”の存在だった。九曜たちが手にすれば、今は亡き鬼虫シリーズを復活させられるかもしれない。だが、量産型鬼虫たちが手にすれば、彼らの力は鬼虫と並ぶ。待ち受ける先にあるのは、闇か光か──。二つの側面を併せ持つ金属“星鉄”を巡り、新たな戦いが加速し始める。
 その頃尽天の町では、《蜂》と《蜻蛉》の機体、そして九曜の師であり好敵手である竜胆の体が、海から引き上げられようとしていた──。最強の兵器・鬼虫たちが繰り広げる神速アクション、シリーズ第3弾!
戦って戦って、その果てにこの国は廃墟と化した。
鬼虫シリーズは九曜が誇るように、正しく最強だった。にも関わらず、彼らは勝利をもぎ取ることは出来なかったのだ。鬼虫が最強だったなら、どうしてこの国はこんなふうになってしまったの? 無垢な子供たちの純粋な疑問に、九曜は答えを見つけられなかった。或いは、その問いの答えこそがこの物語の核心なのかもしれない。
かつての九曜と同じように、ただひたすらに戦争の勝利を願い、それ以外の何も顧みない「敵」の出現を前にふとそんな考えが頭をよぎる。虎杖と名乗る男が率いる黒塚部隊は、既に失われてしまったはずの勝利を今更のように掴み取ろうと蠢動する。現在に蘇り、竜胆との戦いと叶葉たちとの出会いによって、戦うために戦ってきた九曜は最強である鬼虫の力を何のために用いるか、何のために戦うか、その答えを掴みとり、今を生きようとしている、未来を見ようとしている。そんな九曜にとって、黒塚部隊の、虎杖たちの思想は、現在にも未来にも何ももたらさない過去の襲来だ。最強以外の何の意味も持たない、何者でもなかった頃の九曜との相対なのである。
そう考えると、様々な事が腑に落ちてくる。思えば、竜胆という男は過去に縛られているようで、彼はああやって常に未来を指し示していたのかもしれない。彼には戦う理由があり、最強を振るう意味を持ち、それを九曜に託すためにずっとあそこに居続けたのだから。
そんな誇り高く優しい兄であった男の亡骸と遺産が、勝利という未来を指向しているようでその実何の中身も持っていない空虚な連中に利用されようとしているなど、想像するだけで憤懣やるせなくなる。
それどころか、九曜の半身である蜂までが奪い去られてしまうとは。
思いの外、敵は強力であり、それ以上に相容れぬ相手だったと言えるだろう。もうしばらく、と言うよりも今後もずっと遊軍として潜伏し続けると思った蜘蛛と蟷螂が、早々に姿を表して中央政府に協力する判断をせざるを得ないほどだからよっぽどである。特に巴は、半ばラスボス的な立ち位置もあり得ると思っていただけに、彼女が出し抜かれる事になるとは思いもよらなかった。
つまるところ、現状の戦力では確実に厳しい、という現実を示したことになるのか。ということは、他の鬼虫シリーズの復活、というのも決して冗談ではなさそうだ。一方で、未だ蜂を取り戻せない九曜だけれど、彼個人の戦闘センスはメキメキと伸びている。明らかに、竜胆の後継者としてその能力を引き継ぎ発展させる展開を迎えつつある。あんまり強くなりすぎると、剣菱さんがウキウキしだすので、いろんな意味でハラハラさせられる。

さて、今回一番燃えたシーンは、実は鬼虫シリーズの活躍シーンじゃないんですよね。もう震えるほど燃えたぎったのは、菊丸を筆頭とした機械兵士と多脚戦車たちの勇戦でした。言語機能を持たない菊丸はもとより、他の機械兵士たちも、本来なら十把一絡げに扱われるような、単なる兵器であり、感情や心などといった上等なものは持たないはずの、冷徹な論理計算によって思考するだけの、ぶっちゃけ消耗品のはずなんですよ。
それを、本作は見事なくらいに、熱い存在として昇華しているのです。もう、護衛任務の移動中、菊丸が機械兵士たちと花札をはじめた時点で、こちとら感性を刺激されてビンビン状態。あれで、単なるモブという認識しかなかった機械兵士たちが、完全に魂持った存在に見えてしまいました。その上で、九曜がまた彼らを兵器としてではなく、戦友として扱うんですよ。それに対して、機械兵士たちは何も語らないし、反応らしい反応を示さないのですが……にも関わらず、九曜の心映えに対して彼らが意気を汲んでくれたように見えたんですよね。
そして黒塚部隊が襲撃してきた時の、彼ら機械兵士と多脚戦車たちの戦いぶりときたら……血の通わぬ機械とは思えぬ、凄まじいまでの猛戦なんですよ。めちゃくちゃ熱いんですよ。全身の毛穴がひらいたみたいな燃える展開。菊丸を除けば、モブ同士の戦闘にも関わらず、本作中でも一番熱かった。激燃え。
いやあ、これを味わえただけでも読んだ甲斐がありました。何も語らぬ沈黙の兵器に、これだけ血の通った心意気を見せつけられちゃあ、滾らずにはいられませんよ。存分に、堪能させていただきました。

物語は、結局黒塚部隊に事実上敗北し、星鉄の一部を除いて多くのものを奪われることに。そして、巴が示唆する内通者の存在。誰が、裏切り者か、という展開はこれがまた緊張感を高めてくれる。勿論、怪しい人物は簡単に順位を付けられそうなんですが……まさかこの人が!? という展開もなにげにありそうな気がして、油断はできませんよ、これ。

1巻 2巻感想