02    魔神と少年とかわい聖断罪ドロシーそうな魔法使い (角川スニーカー文庫)

【聖断罪(アダムヘッド)ドロシー 02 魔神と少年とかわいそうな魔法使い】 十文字青/すぶり 角川スニーカー文庫

Amazon

逃避行を続けるドロシーとカルアが行きついた村は、荒ぶる魔神の脅威にさらされていた。村を救おうとドロシーは一人息巻くが、その魔神こそ、暗黒期の戦闘兵器“虚神”であり、その巨体はカルアですら手に余るものだった。そこに、妙に色気を振りまく魔法使いエルチネが現れ、協力を申し出る。カルアは謎が多い彼女を警戒しつつ、共闘を決意するのだった。しかし、いざ魔神と対峙すると、今度はドロシーの魔王の血が覚醒してしまい!?
このかわいそうな魔法使いって、どう考えてもカルアのことですよね。エルチネさんはあんまりかわいそうでもなかったですし。いったいどういう意図を以てこのサブタイトルをつけたのかはわからないけれど、カルアの何が可哀想なのかを考えるとどうしてもドロシーの後先考えない善意の後始末の一切を彼が負わされている事と捉えざるを得ない。実際、彼が被っている苦労は傍から見ていても同情に値する。
が、わざわざそれをサブタイトルにどうしてするんだろう、という点を考えるとなかなか想像が広がるのである。思えば、第一巻のサブタイトル「絶対魔王少女は従わない」だ。この従わない、という言葉にかかるのは彼女たちを追う帝国に対して従わないという意味ではなく、カルアの指示や意図に全くドロシーが従ってくれないという方と捉えるほうが素直であろう。となると、わざわざ二巻に渡ってドロシーとカルアの関係における軋みを表題に掲げているとなると、まさにそれこそがこのシリーズの肝であり主題、ということになってくる、なんて風にも考えられるんですよね。
この巻において、カルアは初めて同じ魔法使いに出会います。たとえドロシーとであっても決して理解しあえない、魔法使いでしか到れない領域で共感しあえる初めての相手。それは、ドロシーとカルアの二人で完結していた、少なくともカルアにとってはドロシーしか存在しなかった自分を取り巻き形成する世界において、初めて自分と同じ場所に立ってくれる相手の出現。これは、ドロシーとカルアの関係をも揺り動かす大きな出会いになる可能性が非常に高い。
ドロシーのカルアの意見を無視した勝手な振る舞いは、実のところカルアへの絶大な信頼に寄ったものなのでは、という想起は前の巻の感想でも語ったところですけれど、カルアにとってそのドロシーからの信頼は結果として彼を可哀想な目に合わせ続けるものでもあるんですね。ドロシーが、カルアなら何とかしてくれると信じて行動し続ける限り、カルアはドロシーの尻拭いを行い続けなければならない。そんな可哀想な立場に、今のところカルアは散々愚痴りながらも仕方ないことだと諦め、それはもう当たり前になってしまったことなのだと受け入れることが常態となってしまっています。内心では愚痴り倒しながらも、何だかんだとドロシーには善意の塊であって欲しいと思っている部分もあるのかもしれませんし、自分が頑張ることで彼女には今のままであって欲しいと考えているところもあるのでしょう。現状、彼はかわいそうな自分にため息をついていても、可哀想でなくなりたい、とまでは思っていないようです。
ただ、そう彼が思うに至る要因の大きな部分を占めるのは、彼にとってドロシーの存在が世界の大半を担っているからとも言えるのです。また、ドロシーが全面的に自分に頼りきっているから、とも言えるでしょう。
もし、カルアにとっての世界の中で、ドロシーとはまた別の存在が割って入るようになり、相対的にドロシーの比重が少なくなってきたら、或いはドロシーに自分の他に頼みにする相手、心を預ける相手ができた場合、ドロシーが自分の意志を押し通すのに他の人の力を借りることが出来るようになった時、或いは自分の力で何とかできるようになりカルアを必要としなくなった時、はたしてカルアは今までのようにかわいそうである自分を享受し続けることが出来るのでしょうか。
二人きりでこそ維持でき、二人きりでなくなれば破綻してしまうであろう関係、というのはやはり歪なもののはず。はたして、二人の関係はこれから変わり、広がることが出来るのか。
ラストの展開は、逆にカルアを余計に二人きりの世界に拘り閉じこもろうとしかねない出来事だっただけに、これからの展開に色々と思いを巡らせるのでありました。

1巻感想