僕は友達が少ない CONNECT (MF文庫J)

【僕は友達が少ない CONNECT】 平坂読/ブリキ MF文庫J

Amazon

三日月夜空は、十年前に離ればなれになった親友との物語を再び始めるために動き出そうとしていた/高山ケイトは、妹の幸せを喜びながらも寂しさを覚えていた/天才少女志熊理科は、その能力ゆえの孤独を抱えていた/孤高の男子高校生柏崎天馬は、自分に付きまとってくる同級生に戸惑っていた/柏崎家の新しい家令ステラは、お嬢様に対して複雑な想いを抱いていた/そして羽瀬川小鷹が主人公になった時、その裏では……。『はがない』待望の最新刊!
小鷹以外の人物達によって綴られる、一つの奇跡へと続いていく、煌めく奇跡達の軌跡――“繋がりの物語(CONNECT)”登場!!
表紙が公開された時から一体誰なのか気になって仕方なかった金髪少女と幼女の正体は、小鳩と女学生時代の小鷹と小鳩の母親アイリだったようです。アイリが高校の制服を着ているから、時系列が合っていなくて面食らったんですが、そこは時空を超えて、というシチュエーションだったんですなあ。アイリが若くして急逝してしまったのを思うと、親世代の若かりし頃のエピソードを読むとなおさらに、胸にじんとくる良い表紙絵だったように思います。
というわけで、普段は主人公の小鷹視点で送られる【僕は友達が少ない】の世界を、登場人物それぞれの視点から描く短篇集がこのつなぐ物語。
……本編のバカバカしい、どこか夢みたいで現実感がない雰囲気と比べると、いろんな意味で生々しい部分があるんですよね、そこに少々驚かされました。そういう現実的な部分は、【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】サイドの専売特許、というか住み分けみたいなのがなされていると勝手に思い込んでいたので。ただ、わりと平坂さんは【ラノベ部】の頃からむしろラブコメの世界に冷水を浴びせかけて現実に立ち戻らせるようなやり方をむしろ容赦なくガンガンとやってくタイプだった覚えがあるので、そういう意味ではちぃと懐かしい気分にもなりましたか。実際問題、本気で恋愛をするなら、結婚という人生のイベントを迎えるなら、セックスをして子供を作り、親になり、社会に出て生きていくなら、夢みたいなフワフワした楽しい世界を放り出さずとも、その中でも最低限の現実を踏まえなければならない、そんな生真面目といえば生真面目な作者のスタンスを垣間見た気がします。何より、親しい人との別れを、家族との死別を経るならばなおさらに。
今回の一連のエピソードでやはり一番印象的なのは星奈の父親である天馬さんの人生でしょう。本編ではそのキラキラネームとブレーキのきいていない突拍子もない暴走っぷりからギャグキャラみたいに定着してしまっている人ですけれど、こうして彼のこれまでの人生を目の当たりにすると相応の人生を歩んでいるんですよね。
この人の話で一番印象的なシーンは、実はステラが来た時にノエルと電話越しに話していたシーンでした。あのシーンを見た時、ああこの人の中ではもうちゃんと青春は終わっていたんだなあ、としみじみ感じたんですよね。小鷹の父親への度の過ぎた友情からどうも若い頃を引きずったままの人なのかというイメージが少なからずあったのですが、ノエルが去った時にか、それともアイリが亡くなった時にか、既にこの人の中ではちゃんと区切りはついていたんだなあ、と。それでいて、自分の学校を面白くしたい、というノエルが残した言葉から生まれた夢はずっと大事に守り叶えようとしている。
印象、ガラっと変わりましたよ。
同時に、やはり平坂読という人はモラトリアムをキチンと終わらせることの出来る人なんだ、という印象を新たにした次第。
これまで繰り返し繰り返し、同じような場所で足踏みしてきたような描写を毎回毎巻じれったいまでに広げて見せてきた本編ですけれど、激震の8巻はついにこの終わらない時間が次のステージに向かった事を示していたのかもしれません。今回の一連のどっか生々しい雰囲気は、そんな確信をより強固にしてくれました。
ステラさんもそろそろモラトリアムなんとかしないと、本格的に行き遅れますよ? 何だかんだとこの人、流されまくってる気がするw

しかし、こうして見ると一番真面目に恋する乙女してるのって、圧倒的に理科ですよね。近刊、もう頭の下がる思いで見直しまくってる彼女ですけれど、天才で浮世離れしているはずの彼女が一番現実にしっかり足をつけて頑張ってるというのは皮肉な話なのか、純粋に賞賛すべきなのか。でも、一番頑張ってるのに一番報われなさそうって、切なすぎるよ。
そして、やっぱりいちばん残念なのは夜空なのか。なんというぶっちぎり残念娘w

シリーズ感想