もちろんでございます、お嬢様2 (ファミ通文庫)

【もちろんでございます、お嬢様 2】 竹岡葉月/りいちゅ ファミ通文庫

Amazon

天恵と魔術の違いを知れば、きっとそなたは、私を軽蔑する──。

兄弟子の凶行を阻止し、慌ただしいコンシェルジュ生活に戻った九郎。
今日も今日とて『L』なお嬢様方のお世話に邁進していたある日、アンジェリカの部屋の窓を突き破り、彼女の許嫁を名乗るピンクな刺客・ダニエルが舞い降りた!
あからさまに嫌な顔をするアンジェリカだが、彼女とダニエルには、幼い頃の、魔術にまつわる因縁が関係しているようで……。
それでも決して「ノー」とは言えない九郎に、忌まわしきアングリアの闇が迫る! 緊迫の第2巻!
第一巻が九郎たち敗戦国側の闇のお話なら、この第二巻は戦勝国側であるはずのアングリアの魔術師たちの闇のお話。戦争に勝った側とはいえ、その中でも魔術師という存在は決して中核をなす存在ではなく、むしろ歴史の進展に置き去りにされ埋没していく側の人間たち。戦争という大イベントを利用して再び表舞台に出ようとするものの、所詮は過去の遺物たち。外道の所業は歪みをもたらす。アンジェリカが幽霊としてこのホテルに滞在し続けているのもそうならば、彼女の婚約者であったというダニエルの有り様もまたその歪みの結果の一つなのだろう。
相変わらずなんでホテルなんだろう? という疑問符が付き纏う展開なんですけどね。前回と違って、九郎がコンシェルジュとして色んなお客様の要望を聞いて応えて回る、というお仕事ものとしての流れでもなかったですし。
アンジェリカが主体となる魔術サイドの話となるとホテルと全然関係なくなるんですよね、やっぱり。九郎や紅緒たちがやってることもホテルの従業員というよりも、むしろアンジェリカに個人的に使えている従僕、執事や侍女が通常業務から外れた特務としてのお仕事をやってると捉えたほうがしっくりくるような流れでしたし。

しかし、紅緒さんはいつの間に九郎のことそんなに気にするようになったんだ? というほどあからさまに態度に出ているわけじゃないんですけれど、プリシラのコメントを見てると随分と紅緒が九郎を気にかけているみたいな事を言ってるんだが、好感度あがるようなイベントあったっけ? そもそも、アンジェリカよりも紅緒の方が出自といい背景といい謎すぎるんですよね、この人何者なんだ?
時代的にも、単車乗りまわる女性というのは相当格好良いのは間違いないんだけれど。

ダニエルについては、まったく予想していなかったので意表を突かれた。ダニエル視点の回想がかなりの威力を持ってたということなんだろう。あれが冒頭からあったお陰で完全に観念が固定されちゃったんですよね。終わってみれば定番の展開なんだけれど、普通のライトノベル作家じゃなくて、竹岡さんという事も頭にあったんで、ダニエルがそのままダニエルであってもおかしくはない、と思っちゃったんだろうなあ。
ラストの展開はまさかのハッピーエンド!? と一瞬期待したのですが、そんな甘いわけもなく、たとえ奇跡だったとしても切なすぎるよ。
しかし、アンジェリカが自分を幽霊と主張しているのもあながち反抗や自棄的なものではないのかもしれない、という展開でしたね。確かに彼女は生きているかもしれないけれど、死んだ幽霊と何ら変わらない状態なのかもしれない。終わってしまっているという意味で。となると、副支配人がのたまっていた悪魔と渡り合える従業員募集中というのは、かなり自衛のための備えという悠長なものではなく、かなり切羽詰まった話なのかもしれないな。でも、アンジェリカ当人が幽霊と名乗っているのは、当人にやる気が無いというかもう諦めている素振りも見えるわけで、となると客が求めていないことを果たしてホテル側からサービスできるものか否か。ただ、まだ身を投げ売っていない点から、アンジェリカも諦めきっていないか、もしくは何かを待っているのかもしれないけれど。
何れにしても、まだ情報が小出しすぎて判断が難しい。ちゃんとシリーズ続いてくれるんでしょうね、中途半端は嫌ですよ?w

1巻感想