バンク!―コンプライアンス部内部犯罪調査室 (メディアワークス文庫)

【バンク! コンプライアンス部内部犯罪調査室】 高村透 メディアワークス文庫

Amazon

全国に数多くの支店をもつメガバンク、東協名和銀行。新入社員の有村麻美が配属されたのは、表沙汰にはならない数々の不正を追究する「コンプライアンス部内部犯罪調査室」。どこかズレた個性的なメンバーが揃っているのを見て、前途に不安を覚える有村だが、普通の企業では考えられないような事件が次々と起こり、激務の奔流に呑み込まれていくのだった―。元銀行員の著者がリアルに炙り出す、銀行内部の驚くべき実情。銀行って…こんなに生臭いものなの…。
これはもうお仕事モノという範疇をはるかに通り越して、本格的な企業小説ですよ、ガチンコです。ここで描かれている銀行での業務内容は、中で働いた経験がないとわかったもんじゃない専門的なものばかりで、素人さんには聞いたこともない単語が飛び交う飛び交う。社内の取り決めや慣例、規約や業務手法なんかも初めて見聞きするものばかりで、はぁーー、と吐息が漏れるばかり。でも、それだけあってかリアリティはビシバシです。迫真性もたっぷりで、思わずのめり込んでしまいました。
何より、この「コンプライアンス部内部犯罪調査室」という社内の犯罪や不正を追求する部署、というのが社内の警察、というとかなり語弊があるのですが、隠蔽された事実を暴き出すという意味でちゃんとミステリーとして話が機能しており、また銀行という特殊な環境と社内の権力闘争、組織腐敗を描くという意味でちゃんと企業小説として機能しており、その上で個性的な「コンプライアンス部内部犯罪調査室」が様々な圧力や障害を乗り越えて真相の追求と組織腐敗の刷新のために駆け回る、というキャラクターに観点を当ててもよく動いている、ライトノベル的な側面もちゃんと維持していて、非常に高いレベルでバランスがとれている小説になっているんですよね。何より、銀行について何も知らなくても、全然面白い! 専門用語が飛び交いますけれど、決してそれで置いてけぼりにはなりません。一応、新入社員の有村くんが聞き役としてうまうこと働いてくれているので、基本的に物語の進行上知っておくべき知識や情報はちゃんと適時レクチャーしてくれますし、八代さんとかが。
この有村くんがまた明るくてさっぱりとしたいい子なんですよ。内容的にジメジメと鬱屈した話になりそうなところを、彼女の明るさが雰囲気をカラッと乾かしてくれるんですよね。それに、この娘なかなか優秀です。新入社員なので、無知なところも多いですし、ズボラで天然で鈍くさいところもあるんですが、物覚えがいいんですよ。うーん、物覚えがいいというよりも、一を教えると十を理解するようなところがあるんです。教えたら、教えたことだけしかできないのじゃなく、基本的なことを教えるとその基本から派生する枝葉の部分までちゃんとわかって動いてくれるんですよね。本人、いまいち自分の出来ている部分を理解していなくて、ぽややんとしてるんですけれど、教える方としては実に教え甲斐がある生徒です。結構偏屈っぽい八代さんがお気に入りにしているのもむべなるかな。それでいて、抜けててからかうと面白いですしねえ、いじり甲斐もあるというか……後輩の鑑みたいな娘ですよ、うんうん。

銀行という組織は、通常の民間企業とはまた違ってある種のお役所的が多くある組織です。昨今監視の目が厳しい公務員などよりも、ある意味腐敗の温床となってしまっているのかもしれません。ここで描かれる事なかれ主義と責任回避、そして権力志向のパワーゲームは目も当てられないほど醜いものばかり。でも、これって多かれ少なかれ、どんな企業や組織でも内包している問題なんですよね。人の振り見て我が振り直せ、じゃないですけれど、貴方達の中で自分に罪がないと自信を持って言えるものだけこの罪人に石を投げるがイイ、てなもんで、なかなか一方的に銀行ってやつは酷いね、なんて言い難い。でも、見て見ぬふり、というのもやっぱり間違っていて、この「コンプライアンス部内部犯罪調査室」の面々が、自分たちの出世を投げ出し、職を賭して組織のモラルを守り、規律と秩序を正そうとする姿は眩しいばかりです。
コンプライアンス、って言葉の意味、知ってました? 私は、ここで初めて知りました。