魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉6 (MF文庫J)

【魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 6】 川口士/よし☆ヲ MF文庫J

Amazon

ブリューヌの動乱より半年。客将としてライトメリッツで過ごすティグルは、ジスタート王の要請を受け、霧と森の国アスヴァールへと旅立つ。密使としての航海中、ティグルは薄紅色の髪の幼げな少女と出会う。立派な作りの斧――“崩呪の弦武"ムマを持つ彼女こそ、放浪の戦姫オルガ=タム。なりゆきで彼女と同行することになるティグルだったが、アスヴァールの地にはさらなる“運命の出逢い"が待っていた。容姿、人望、才能――そして確かな野心を持つ青年の名は、タラード。一将でありながら“王"の形を平然と説く青年に、ティグルの胸に去来するものとは……? いくつもの邂逅が新たな伝説を刻み征く! 最強美少女ファンタジー、待望の第2部開幕!
あれ? あれれれ!? 残る最後の戦姫。就任して直後に旅に出てしまい、他の戦姫たちも詳細を知らないという謎の存在だったオルガ=タムが、まさかの幼女形態で登場である。幼女形態ってなんだよ、ロリババアじゃなく、普通に幼女です。いや、本文中読むとそこまで幼女って感じでもないんだけれど、表紙は完全なロリっ子だよなあ。ただ、意外にもこの娘、見た目のイメージと違ってこんな媚びたようなロリロリっとした感じでも性格でもありません。むしろ、今まで居なかったタイプの頑固で堅物で融通が効かない生真面目さん。旅に出た理由も、自分のような未熟者が戦姫として領主を勤めるのは駄目だ! と本人曰く逃げ出してしまった、と言っているが中途半端に妥協できない性格の賜物というべき出奔である。しかしこれは、面白い形で接触したなあ。オルガ当人が、他の戦姫と違って他人の上に立つという意識を持っていない、んじゃなくて正確にはまだ自分では人の上には立てない、と思っている娘なので、今まで出会った戦姫たちは多かれ少なかれ領主としての立場からティグルと接しないといけなかったのに対して、彼女は一人旅の身軽な身空で、任務を受けたティグルに従う形でついてくるわけです。つまり、初めて下の立場、下の視点からティグルという若者を見守る戦姫となったわけですね。
そして、ティグルはジスタート王の要請で外交交渉を担って訪れたアスヴァールにて内乱に巻き込まれ、オルガとサーシャがつけてくれた案内人の敏腕出来物のおっちゃんだけをお供に、動乱の中を斬り泳いで行くはめになるのですが、つまるところ彼はこの何の支援も後援もない異国の地で、たった一人でその資質を試されることになったのです。いやあ、この旅の空のティグルを見てると、何やら今までよりも自由というか、重たい荷物から解放されたというか、実に伸び伸びとしているように見えました。特に、アスヴァールに派遣された本来の目的が有耶無耶になってしまい、ティグル個人の独自の判断が必要となったあとの行動を見ていると、ジスタート王は虎を野に放ってしまったのではないかという実感も(尤も、それ以前からかなりガンガンと独自判断と行動に打って出てましたけれど。判断力と決断力は並外れてるよなあ)。これを見てると、ティグルって周りに合わせて器が小さくまとめられてしまっていたのでは、とすら思えてくる。この短期間で当人の考え方や変わったり成長したわけではないですし、彼の本来の資質と環境が咬み合ってしまった、としか言いようがなく、繰り返しますが檻から虎を野に放ってしまったように思える。むしろ、こうなってようやく今まで彼が得た過分なまでの称号が、実体を伴ってきた、というべきか。何にせよ、今の束縛から解き放たれた姿こそが、身の丈にあったティグルの本来の姿といえるのではないでしょうか。そこにオルガが見た、王の資質……これは本物ですよ。
第二部になって、これは落ち着くどころかさらにスケールアップして面白くなって来ましたよ。にしても、次回に続いた事件も含めて、ティグルへの戦姫の支持率は随分えらいことになってきたんじゃないかしら。エレンとミラにひき続いて、オルガまで完落ち状態になり、サーシャも最大限好意的なポティション。元々好感度が高かったソフィーもこの一件を通じてどうやら完落ちしかねない流れだし、エリザヴェータは実際の人となりを見る限りかなり直接対面してしまえば、ティグル寄り。反抗勢力となりかねないのは、ヴァレンティナくらいか。いやはやはてさて。

川口士作品感想