《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)

【《名称未設定(ネームレスニュービー》 Struggle1:パンドラの箱】 津田夕也/鵜飼沙樹 ファミ通文庫

Amazon

俺、神園祐希は、チュートリアルと名乗る少女に、デイドリーマーズ・ストラグルに誘われる。それは未来人の暇つぶしのための見せ物で、勝利のご褒美“投げ銭”を集めれば、どんな望みも―来年起こるらしい第三次世界大戦の回避も叶うという。部活仲間の綴、センパイとともに、俺はこのクソッタレな“白昼夢”に挑むことになってしまった。世界を救うなんて、まったく柄じゃないってのに―。第14回えんため大賞特別賞受賞、ヒネクレ青春×バトルゲーム。
これ、主人公の神園祐希の気だるそうなやる気のないキャラクターには最初の方はむにゅーっと眉の下がったつまらん顔して読んでいたんだけれど、この子の素性が明らかになった途端に、なんか全部許せましたね。許せたどころか、むしろこれは大いにありなんじゃないかと。曇天模様が一気に晴れて快晴になったような爽快感でした。いや、爽快感を感じるところが微妙に間違っている気もしますけど、このキャラクター配置はなかなかの妙だと思いますよ。もっとデレ成分が多ければ、個人的には申し分なかったんですけどね。
さて、肝心のお話のほうですけれど、日常生活の合間に、超常的な上位存在が遊興として構築したゲームにプレイヤーとして参加するというもの。マンガやアニメではよく見るジャンルなんですけれど、意外とライトノベルだとパッと思いつかないなあ。三浦勇雄さんの【上等シリーズ】なんか、スタイルこそ違うもののこのパターンだったか。
ただ、ゲームものとしてみるとちょっと突き詰め方が甘いんですよね。自由度が高すぎるせいで、ルールの縛りが少なくてゲーム自体がビシっとしまったものにならずに漠然としたものになってしまっている。祐希たちに明確な目的がない、というのもどうかな。切迫感や動機に欠けるせいで基本的にやる気があんまり感じられないんですよね。モチベーションがそもそもないのがなんともはや。勝利目標もちゃんと持っていないので、そこに辿り着くための意気込みやら達成感にも物足りなさを感じますし。それに、リターンに対してリスクが非常に小さいものだから、どうにも緊迫感というものもないですし。
意外とこういうゲームものってガチガチにルールで縛って勝利条件を厳しくしたほうが、勝ち抜くまでの紆余曲折にメリハリとか締りが出てシャキッとするものなんだけれど、全体的に締りのないフワフワとして漠然とした雰囲気に終始してしまったのはちょっと残念でした。先輩の得体が知れないと思ってしまうほどキレキレの寝業師的な部分も、もっと条件が厳しかったり危機意識を刺激されるような環境の方が映えてくると思うんだけどなあ。