エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)

【エーコと【トオル】と部活の時間。】 柳田狐狗狸/MACCO 電撃文庫

Amazon

 わたしの名前は【エーコ】。学校ではそう呼ばれています。友達はいません。でも所属する化学部の部室に居る、お節介な“喋る人体模型”の【トオル】君が、しつこく『自分は友達だ』と主張してきます……。
 半年前に起こした事件のせいでクラスから孤立した【エーコ】は、ある日入部した化学部の部室で喋る人体模型の【トオル】君と知り合う。まるでボイスチェンジャーを通したかのような声で喋る人体模型に【エーコ】はその正体をいぶかしみ、【トオル】君がそれをやんわり躱すというヘンテコな部活動が始まるのだが、そんな中、校内で女生徒がいきなり自然発火するという事件が立て続けに起こる。その二件とも【エーコ】の目の前で起きたため、【エーコ】は警察に疑いを掛けられてしまい……。

「やれやれ、面倒なことに巻き込まれたものですね」
『………。ずいぶんと呑気に構えてるよな、お前』

 第19回電撃小説大賞〈金賞〉受賞作。ひねくれ少女と喋る人体模型が織りなす、シニカルな学園ミステリー。
ぐぬぬぬ、面白い、これはすっごい面白かった。
特筆すべきは何よりも主人公の【エーコ】でしょう。このエーコというのは本名ではなく新聞記事などで未成年のために名前を伏せるために記号する「A子」から取ったアダ名であり、今となってはエーコ本人が好んで名乗る名前なのである。敢えて記号を以って名乗り、本来の名を捨て去ったかのように振る舞う彼女。事件を通じて周りから孤立してしまった彼女ですけれど、エーコなどと自分で名乗っているように、孤立したことに託つけてさっさと孤高を決め込んでしまっているんですよね。決して孤立してしまったことにその精神は痛みも苦しみも生じさせていない。この某事件を経たことで、彼女の有り様というのは決定的に変わってしまい、その精神は変容してしまっているのである。それをして、彼女の心は壊れてしまった、破綻してしまったというふうに表現してしまってもいいのかもしれませんけれど、見ている限りエーコという少女の在り方というのは異様ではあっても不自然ではありません。それを達観しているとか超越しているというのも違う気がするのですが、無理をしているわけでもなく拒絶しているわけでもない。ただ、あるがままに違ってしまった過去と現在を受け入れ、他人と自分との断絶を受け入れ、淡々と凪の海のような心映で孤高を享受している。その異様なほど障りのないフラットな精神性が、もうなんか凄いんですよ。恐ろしく物事をシンプルに割りきってしまっているようで、見れば見るほどそのメンタリティは複雑怪奇でついつい身を乗り出して覗きこんでしまう。これはもう、魅せられていると言って過言ではなかったかと思う。
この物語って、伏線の仕込み方や話の筋立て自体は凄く素直なんですよね。自分、あまりにもわかりやすく伏線が配置されているので、ギリギリまでこれはわざとミスリードしているんじゃないか、と警戒していたくらいで、とにかく枠の部分は非常に論旨が明快なのである。ところが、一方で芯となるべき登場人物の内面性についてはこれが容易には言語化してくれないんですよ。決して語られないのではなく、内面描写は大変丁寧かつ明瞭に描かれているし、考察の材料自体は大量に用意されているのです。でも、その人が本当は何を考えていたのか、という「答え」については決して見せてくれないんです。あの時、エーコが本当は何を考えていたのか。どんな思いがあってああいう行動に出ていたのか。犯人への思い入れ、介入への動機、決着後の心境。忌憚なく内面をさらけ出し語ってくれて見せているようで、その実肝心な部分は決して見せてくれない。だから、考え想像しエーコというキャラクターそのものにのめり込んでいってしまう。
彼女に限らず、この物語に登場した各人の真意や本音、心の奥の裏表というものは何れにしても想像するしか、考察するしかないわけです。そうやって、安易に答えをひけらかさないことが、全体の枠組みがロジカルでわかりやすく明快である分、人の心の複雑さ、一つの答えで表せない混沌としたものであると同時に、だからこそ魅入られる芳醇な香しさを漂わせているのだと、改めて思い知らされた感がある。
唯一無二の答えを紐解く話ではなく、理解しようと思いを巡らせるお話。その意味では、正しく鋭く流麗に青春小説していた素晴らしい作品だったと思う。
うーん、改めて振り返ってみれば見るほど、これは面白いわ。決して奇をてらってないし、わりと正道に学園ミステリーをやっているようにも見えるんだけれど、そのくせ他に類を見ないドライブが掛かっている気がするし。なんてーの、これ。高速スライダー!? それとも、スバンッ、と豪速球のように飛び込んできながら、微妙に球筋が揺れていて芯で捉えにくいメジャータイプのストレート!?
何れにしても、エーコはすこぶる魅力的な主人公で、読み応えは抜群。文句なしに面白かったです。オススメ。