楽聖少女3 (電撃文庫)

【楽聖少女 3】 杉井光/岸田メル 電撃文庫

Amazon

初オペラの公演失敗で落ち込んでいたルゥのもとに届いたのは、プロイセン王国での再演依頼だった。喜び勇んで楽譜の書き直しを進める彼女の身に、やがておそるべき異変が襲いかかる。…耳が聞こえなくなり始めたのだ。原因を探るうちに僕が見つけたのは、ベートーヴェンの隠された過去と、さらなる謎。不安を抱えたまま僕らはプロイセンに向かうことになるが、折しもナポレオンもまたプロイセンに進軍を開始。歴史に翻弄される僕らの運命は、再び戦場で激しく交錯する―絢爛ゴシック・ファンタジー、第3弾。
はい、もう完全に同棲生活です。一応別々の部屋だったはずなのに、もう一緒に住んでるじゃん!!
そんな幸せ新婚生活を送ることで「時よ止まれ」と言いたくなってしまうのであればそれも面白いのだけれど、しかしゲーテであり幸でもあるユキはあくまで芸術家であり、美しさの業に囚われた悪魔たちの恋人なのである。その業は、ベートーヴェンの非業の人生からもたらされる人類史上に燦然と刻まれる名曲の誕生を渇望してやまない。それが愛するルトヴィカを不幸のどん底に落とすものだとしても、美しさを求めることを否めないのだ。そして、それは当のルトヴィカもまた同じ。自ら悲劇の贄となることでこの世に生まれたことのない音楽を生み出そうという業が彼女の中に生まれている。幸せであることも出来るだろう二人が、しかしゲーテとベートーヴェンである以上避けては通れぬ道である。
しかし、同時に彼と彼女は偉人でも何でもないただのユキであり、ルートヴィヒではないルトヴィカというただの少年少女でもあるのだ。ゲーテとベートーヴェンになりかわった二人の少年少女は、当人でないからこそ選べる歴史にない道があるはず。しかし、悪魔の力を借りる事で二人は歴史の修正を受け、より深くゲーテとベートーヴェンとなり、元の人間としての存在を失っていく。
全てを失い、伝説を取り戻すことが至上の幸せなのか、それとも成り代わったがゆえに生まれるかもしれない新たな創造を求めるのか。言葉にすれば簡単なことだけれど、二人は誰よりも自分が成り代わった偉人の偉業と、その残した伝説的な芸術の素晴らしさを知るがゆえに、それを失わしめる事を恐れざるを得ない。自然と、彼らは自分たちの知る最高にして至高の芸術を顕現させるべく、自らを贄としてしまうのを厭わないのだ。でも、それはあくまで「自らを」なんですよね。どうして、ユキとルトヴィカが一緒にいるのか。一緒になってしまったのかが、そこにあると思うのです。彼らは二人共、自分が贄となることは厭わなくても、相方が贄となって失われてしまうことだけは、最後の最後で認めないし許さないし受け入れない。彼らは二人である限り、決してゲーテとベートーヴェンに成り果ててはしまわないのである。
そのお互いに業に囚われていくのを繋ぎ止めるかのような二人の関係が、まわりまわって徐々に歴史と運命をねじ曲げていくのである。幾つもの、何も残さずに消えていくはずだった去りゆく人の想いが、二人の軌跡が生んだ波紋によって色鮮やかに人々の心に焼き付いていく。果たして、二人が及ぼすこの世界の人々に与える影響は、回りまわってユキとルトヴィカを救うことになるのだろうか。
そして、ユキは、ルトヴィカは、本物のゲーテとベートーヴェンを超える、彼ら自身の芸術を創造できるのか……。

しかし、ルトヴィカが本物のベートーヴェンの記録に触れることで、どんどん肉体の記憶をも取り戻していってしまっている、というお話。耳が聞こえなくなるとか、胃腸が弱くなるというだけならまだいいんだけれど……肉体の記憶を取り戻し過ぎて、少女がオッサンになったりしないんだろうな!? ちょっとマジで危惧してしまってビビったんだけど、どうしてくれるw
そして、ハイドン兄弟が想像以上にイラスト的に濃かった。もう、挿絵見た瞬間吹きましたがな。何この汗ばむ闘魂w 服が筋肉ではちきれそうじゃないか。未だに、こいつらの弟子たちが音楽を奏でるシーンがまるでイメージ出来ないんですが、どうしてくれるw

1巻 2巻感想