シアター! (メディアワークス文庫)

【シアター!】 有川浩 メディアワークス文庫

Amazon

 とある小劇団「シアターフラッグ」――ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!! その負債額300万円!
 劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧たちに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。 できない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出す。
 新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げするが……。
 果たして彼らの未来は――!?
すっごい今更なのですが、ようやく読めました【シアター!】。うちの部屋は一度沈むと、なかなか浮上して来ないからなあ。というわけで、せっかく発掘したのでこれを機にチマチマ読み進めるか、と職場での空き時間にちょっとずつ読むつもりで持っていったのですが、即日持って帰りました。あかん、これ途中で栞挟んでちびちび読むなんて無理じゃった。先が気になって仕方ないんじゃ! というわけで、結局一気に読んでしまうことに。しゃあなしだな。
読む前はもっとこじんまりした場末でホソボソとやっているようなアマチュア零細劇団の話かと思っていたのですが、実際読んでみると大手メジャーではないものの、そこそこ人気もあるマイナーメジャークラスの劇団の話で、実際の活動も本格的。いや、司兄ちゃんじゃないけれど、この規模、このレベルの団体の金銭感覚がアレ、というのは非常識もいいところなんだけれど、劇団に限らずどんな業界、媒体でもこの手のどんぶり勘定で平気でぶん回しているケースは結構あったりするので侮れない。まあ、往々にしてしっちゃかめっちゃかになって最終的に散華してしまうのですが。
よくある末路を考えるなら、ここでお兄ちゃんが債権者として介入してきたのは幸いだったのだろう。この兄ちゃんときたら、表向きは弟を真っ当な道に戻すためにこんな劇団潰しちゃる、と息巻いているくせに、生来の世話好きなのか、やってることは劇団再生の手助け。財務再建から営業から劇団員のメンタルケアまで、裏方仕事をオールでこなし倒すという辣腕ぶり。これで、本業でちゃんと仕事していて、空いている時間でやっているってんだから、どれだけ時間の使い方が上手いんだ、と感嘆の溜息が出るばかり。そもそもさ、この三百万、返ってこないつもりで出しているわけでしょ。弟のためとはいえ、この金額を出せるのはそれだけ稼いでるってコトなんだよなあ。務めている会社も決して大きい所ではないみたいだから、飛び抜けて高いサラリーをもらっているわけでもなさそうですし、兎角お金の使い方が抜群にうまいんですよね。これは社会経験云々があれば、誰でももってる金銭感覚だ、とは言わせませんよ。
何にせよ、性格的にキツいし辛辣なんだけれど、これだけ頼もしいし人間的にも懐が広いとなると、ついついどんな人種も頼りにしてしまうのもよく分かる。弟が甘えん坊だったから、兄貴が頼り甲斐のある人間になったのか、それとも順番が逆なのかはわからないけれど、司兄ちゃんという人は兎角甘えられ体質のご様子。それは、自分を律して厳しくしている千歳が、兄ちゃんを前にすると歳相応どころかもっと幼い少女みたいな顔ですねたり甘えたりしてしまっていることからも明らかだろう。果たして、それを目撃して複雑そうな顔をしている巧は、兄ちゃんに嫉妬しているのか、はたまた兄ちゃんに甘えていいのは俺だけなんだぞ、と嫉妬しているのかw
ともあれ、司の前では子供みたいな千歳がホントに可愛いんですよね。色々と無理してるこの子が、司の前でだけは気のおけない態度を見せるのにはほっとさせられます。決して、他のみんなに心を許していないわけじゃないんですけれどね。でも、自分の弱い部分をさらけ出せる相手というのは、自分に厳しい人間ほど厳選してしまうわけで。女性って、やっぱりこういう年上の男性がいいのかねえ。逆に、男もこういう年上の女性がいい、というパターンもあるので、人それぞれいろいろなんでしょうけれど。
こう言っちゃなんだけれど、巧と千歳ではうまいこと行く想像が出来ん。それこそ、兄ちゃんみたいな性格のきっちり締める、或いはシメる事のできる冷酷非情な人でないと、巧みたいな自由人は御せないですよ。その意味では、司と巧の母親はバリバリのキャリアウーマンでしたけれど、夫に自由にやらせていたという点で司とはタイプ違ったんでしょうねえ。

これまで描いてきたイメージを捨て去り、千歳という逸材が加わったことで心機一転、新しい自分とこの劇団の可能性を追求しようという巧に、多くの劇団員が反発し去っていってしまい、残ったメンバーも複雑な思いを抱えたまま、ついでに借金も抱えてしまい二進も三進も行かなくなってしまう、という形は、変わることの大変さ、それも周りを巻き込んで古きを捨て新しきを求めようとする道の厳しさを示しているように見える。みんな、先々鎖落ちていくことがわかっていても、今いる場所を打ち捨てて未知に打って出ようとする勇気というのをなかなか持てるもんじゃないんですよね。それも、そのきっかけとなったのが、新しく外から来たモノだとしたら尚更に。
残ったメンバーの中でも、その複雑な気持ちを一際燻らせていたのが牧子さんだったわけだけれど、結局頑として負の感情を外に漏らさず、見事に飲み下して胸を張って見せたこの人は、実にイイ女だと思います。憤懣の持って行き方も、素晴らしいですよね。女々しさとはまさに真反対。牧子さんにべったりの子は、イイ目利きですよ。アプローチの仕方は大いに間違っている気もしますけど……いや、あながち間違っていないのか? 意外と、あれで絆される、ということもありそうだし。

結局のところ、劇団の運営は社会的常識の範疇に収めればわりと簡単に上手く回り出す、という兄ちゃんの辣腕ぶりも去ることながら、元々この劇団の価値自体が優良だったのでしょう。やるべきことをやったら、全部うまく回るというのは、何気に凄いですよ。これで健全な運営が出来ないなら、業界構造自体が間違っているんだ、という司兄ちゃんの唸り声には、自分の弟が率いる劇団を自慢するような誇らしさと、それが認められないことへの憤懣が込められていて、なんとも胸に来るシーンでした。にしても、この兄ちゃん、ホントに弟のこと大好きなんだなあ……誰がどう見ても過保護です、はい。