C3-シーキューブ-XVI episode CLOSE / the first part (電撃文庫)

【C3 シーキューブ 16 episode CLOSE / the first part】 水瀬葉月/さそりがため 電撃文庫

Amazon

領主自ら率いる蒐集戦線騎士領が大秋高校を占拠。夜知家を含む付近一帯、街全体をほぼ1日かけて騎士領化するという建国の槍を大地に打ち込んだ。また竜島/竜頭師団の師団長ペンドラゴンは、最強に至るため依然として黒絵を我がものにしようとしていた。ふたつの大きな脅威を前に春亮たちは事態の打開を図ろうとする。しかし、先の戦いの最中、春亮を傷つけてしまったフィアは自閉モードに入ってしまい―。呪われた道具たちが織りなす物語、それぞれの想いに決着をつけるクライマックス編がついに開幕。
前回とことんまで落ち込んでしまった絶望の淵から、這い上がれないまま最終巻のファーストパートが終わっちゃいましたよ!? さすがにこの一巻で全部締められるとは思わなかったので、分割は薄々そうなるんじゃないかなと思ってはいたんですけれど、ここまで状況に挽回なく最終決戦まで流れ込んでいくとは思わなかった。これ、大丈夫なのか!?
此処からが夜知家のターン! と言いたくなる逆襲の予感を持って最終巻へ行きたかったところなのだけれど、はっきり言って現状、状況をひっくり返すに足る切り札的な要素が夜知家側には殆ど見当たらないんですよね。それどころか、フィアの精神面のリカバリーもまるで出来てない。辛うじて自閉モードからは脱しましたけれど、むしろ危うさばかりが目立つ精神状態。春亮は、あれだけの怪我を追いながらめげず挫けず、ボロボロの周りの娘たちをよく支え励まして頑張ってたと思うのですが、如何せん武器となるカードが何もないんじゃあやれることにも限界があります。むしろ、これだけ最悪しか揃ってない状況でみんなの心が折れなかったのはそれだけ春亮が精神的な支柱としてよくやっていたからでしょう。いや、それどころか、あの箱になって自閉してしまったフィアへの、春亮の真摯で実直な告白を見れば彼がより大きく自分を受け入れ、皆を包み込める器を持った男へと成長したのだと伺い知る事が出来ます。
ただ、彼が頑張れば頑張るほど、周りの娘たちの方がそんな春亮の為にどんどん危なっかしいキレキレの状態になっていっているのが見ていてもハラハラさせられる。ちょっと、どの娘も何を仕出かすかわからないような危うい状態になっちゃってるんですよね。こういう時、一番大人の対応で周りを落ち着かせる立場だった黒絵からして、今回に至っては覚悟決めちゃって独自に動き出しちゃってるし。
ある意味、彼女の動向が状況をひっくり返す切り札として機能するのかもしれないのですが、夜知家としては起死回生となろうとも黒絵を失った時点でそれは敗北に近い勝利だからして、決していい方向とは言えないんだよなあ。
時間制限がある以上、立ち止まっても居られずほぼ打開策も持たないまま最終決戦に突入せざるを得ない、という考えうる最悪の展開を迎える中、騎士領に占拠された学校内ではからずもレジスタンス活動をするはめになったン・ゾイーたちも、決して良い状況ではなく刻々と追い詰められていっている。
状況は好転するどころか、悪化する一方。そして、フィアはついにその出自が明らかになり、生みの親に生まれたことそれ自体を全否定され、もはや悪い方向に吹っ切れてしまっている。
果たしてここからハッピーエンドまで手繰り寄せられるのか。あともう二巻くらいないとダメなんじゃないかと思えるほどなので、ここから一気に全部ひっくり返せたら痛快なんだろうな。是非、それくらい胸のすくような逆転劇を期待したいです。

シリーズ感想