サイコメ 1 殺人鬼と死春期を (ファミ通文庫)

【サイコメ 1.殺人鬼と死春期を】 水城水城/生煮え ファミ通文庫

Amazon

クラスメイトは全員、殺人鬼。

未成年犯罪者を集めた「プルガトリウム更生学院」。
そこに冤罪で入学させられた神谷京輔周りを見ると美脚美女にゆるふわ系少女……なのに実は殺人犯。
その上、京輔は異例の《12人殺した殺人鬼》として学院中の注目の的になり、
正体不明な巨乳のガスマスク美少女・氷河煉子にまで迫られて――。
死と隣りあわせの誘惑をくぐりぬけ、京輔は無事に卒業できるのか!?
第14回えんため大賞優秀賞受賞。LOVE=KILL! 恋するほどに危険なハードコア系ラブコメ!!
サイコ・ラブ・コメディ―略してサイコメ、ってまた飛ばしてきましたね。学院の生徒全員が何らかの形で殺人を犯した殺人鬼たち、という時点で並の学園ラブコメになるはずもなく。何しろ、モブキャラ含めてクラスメイト全員が、というか学校にいる他のクラスの生徒も上級生も、全員が殺人犯なのですから油断も隙もあったものじゃないですよ。殺人犯、というだけでキャラ立ってるようなものなのに、誰もが手を変え品を変えたサイコパスなのですから、おっとろしいことこの上ない。斯く言う主人公の京輔も、冤罪で放り込まれた口にしては相当にイカレています。自分は一般人のつもりで周りが殺人犯ばかりの環境にビビリまくっているのですけれど、微妙に滑稽なんですよね。凶暴な野良猫たちが入れられた檻に放り込まれた大人しい家猫、のつもりの虎がビクビクと怯えているように見えて。
京輔当人は、自分は勘違いで12人殺しと畏怖されている、と思っているようですし、実際周りが彼に一目置くのはその十二人殺しの功績からなのですが、決して中身と名前が食い違っているわけではないのが話しの味噌。それは、彼が冤罪でこの学院に放り込まれた要因でもあるのですが、人を殺したことがなくても虎は虎なのです。如何な自分が害の無い猫にすぎないと主張しても、事実は早々ひっくり返らない。そういった意味では、彼をこの学院に放り込んだ連中は慧眼だったとも言えるのですけれど、同時に本物の虎を、一線を越えているとはいえ、猫にすぎない獣の群れに放り込んでしまったとも言えるのです。この学園は野良猫を鍛えあげられた虎にする為の学院かもしれませんが、虎は最初から虎なんですよね。それは、学院の意義すらひっくり返しかねない危険物を放り込んでしまったかもしれないということ。ただ、勿論学院に居るのは猫ばかりではなく、彼以外にも本物の虎は潜んでいる。決して、彼がやすやすと君臨できる場所ではなく、そんな自分と同等、或いはそれ以上の怪物、猛獣と渡り合わなければならない。そして、学院が施してくる調教に縛られてしまえば、二度と元のシャバには戻れない。なかなかハード極まる教育環境に放り込まれてしまっているわけです、この主人公。
とは言え、この殺人鬼揃いのクラスメイト、同級生の中にも京輔と同じ価値観を持てる、少なくとも友好を交わせる相手は居るのです。それがみんな女の子だったりするのは悪しからずw お陰で、一見すると普通の学園ラブコメらしいドタバタを繰り広げているように見えるのが、何とも恐ろしいお話である。しかし、ここは殺人鬼が放り込まれる更生学院。一見普通に見える彼女たちもまた、名うての殺人鬼であり、それぞれに仄暗く度し難い事情を抱え込んでいる問題児揃いなわけです。ぬるい主人公じゃあ即死です。おまけに、綺麗どころ(一部マスクで除く)ばかり侍らせている京輔に嫉妬の炎を滾らせる男子生徒たちも残らず人殺しの一線を越えてしまった連中ばかり。隙あらば、ガチで始末しに掛かってくる、という実に教育によろしくない環境。うん、羨ましくなんて全然無いですね!!
しかしまあ、ドジを抉らせて人を殺してしまうとか、ネタとしては面白いけれど、実際にやられてしまうと被害者も加害者も関係なく笑えないですよね、これ。ギャグだとドジで死ぬことはないんだけれど、それはあくまでギャグ時空による補正であって、ドジっ子が巻き起こすハプニングってガチで致死量だったりするので、補正を取っ払うとこういう阿鼻叫喚の地獄絵図になってしまう、と。これはちょっと悲惨すぎるぞ、ドジっ子殺人鬼w
でも、ドジで殺すって殺意がないから事故扱い、にはならんのかなあ。なるかよ! と怒られそうなところですが。
ともあれ、そんなメンタル的には普通の女の子であるドジっ子殺人鬼にとっては、この殺人鬼の学院は悪魔の園そのもの。多分、そのままなら生き残れるはずもなく、それかテンパりすぎてドジで学院を血の海に沈めていただろう彼女を救ったのは、同じく殺すことに忌避を示し、それを揺るがずこの学院で貫こうとしている京輔の姿。それは鋭利もおんなじで、どんなに努力しても変えられず、シャバの自分の周りでは全否定された自分の在りようを、矯正するための放り込まれたこの学院で、出会った京輔は何も変える必要はなく、それは人として正しいことなのだと肯定してくれた。二人にとって、彼の存在がどれだけの救いになったことか。
そして、ガスマスクを被った少女・燎子である。誰も受け止めてくれず、ただただ思うがままに奔らせるばかりだった自分の本能を、表も裏も区別なく真正面から受け止めてくれた男の出現。これまで誰も制御できなかった自分の手綱を、条件付きとはいえ握ってみせた存在は、彼女にとってどれだけ大きな革命だったか。彼女に関しては、根本的に壊れた部分は何も変わっていないのですけれど、どんな形とはいえ一度止まっている以上は決して変化の余地がない、ってわけじゃないと思うんですよね。
ろくでもない場所ですけれど、この男なら周りを巻き込んで自分を貫ける、と思わせる中々のオトコ前っぷりでした。と、思ってたら、シャバに残してきた身内がえらいことに。これってヤンデレ殺人鬼の誕生ですか!? それはそれで一線を越えると異様に救いのない話になってしまうのですけれど!?