とある飛空士への誓約 2 (ガガガ文庫)

【とある飛空士への誓約 2】 犬村小六/森沢晴行 ガガガ文庫

Amazon

疑心暗鬼が七人の友情を切り裂いてゆく。

――空は、墓場だ。
――わたしは人間ではない。戦闘機の一部だ。
かつて「空の王」と呼ばれた父、カルステン・クライシュミットの教え。
その言葉を胸に刻み、一個の鉄塊となったイリアは、今日も灰色の空へ向かい離陸する。

25戦中、24勝1敗。撃墜数33機――。
エアハント士官学校飛空科の「模擬空戦」において、驚異の記録を更新中のイリア・クライシュミットは、「空の一族」の追撃からただ一機帰還し、叙勲までされた士官候補生たち「エリアドールの七人」の中では突出した存在となっていた。
比して、イリアと共にエリアドール飛空艇の操縦を担当した坂上清顕(さかがみ・きよあき)の戦績は、11戦して2勝0敗9引き分け。撃墜数0機。
互いに撃墜王の父を持ちながらも、イリアに実力の差ばかり見せつけられ、悩み、焦る清顕。

――なんのために、ぼくは戦場を飛ぶ?
――なんのために、ぼくはひとを殺す……?

そして、平穏な学園生活の中で懊悩する裏切り者の工作員「ハチドリ」。その正体も明らかに――!?
七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語。激動。
地図をください地図をくださいと喚いていたら、この巻ではきっちり近隣周辺の地図をつけてくれました、ありがとうございます。
一巻のあとがきにあった作者の「シリーズ最大スケール、最長の群像劇」というコメントを噛み締めている真っ最中。正直、一巻を読んだ段階では主要登場人物が七人というのはいかにも多すぎやしないかと思ったものでしたが、伊達に七人じゃなかったようです。本気で七人全員を脇に回さず中心核として取り回していくだけの作者の覚悟、或いは悪意と言ったものを嫌というほど見せつけられましたよ、今回は。鬼か、この人は。よくぞまあ、ここまで雁字搦めに過去と現在と立場と感情を錯綜させた挙句に固結びにしてしまえるものです。現段階で表に浮かび上がっているだけの因縁だけでも、七人恐ろしいほどの解けない絡み方してますよ、これ。さらに、まだ表に浮上してきていない伏線もバルタの目的などを始めとして多々ある気配があるんですよね。いったいどれだけ丹念に執拗に七角関係の因果が折り重なるように設計したんだか。この犬村さんという人は自身の扱う登場人物を愛すれば愛するほど泥沼のような過酷な状況に追い込むことに至上の喜びを感じるタイプの作家さんだと思ってはいたのですが、今回のこれは芸術的なまでの、或いは偏執的なまでの編みこみの密度が随所から感じられて、正直背筋が寒くなる思いです。
しかし、今回は本気で驚いた。完全に意識が工作員「ハチドリ」の正体は一体誰か、という方に向いていて、お姫様の方はあの娘だと思い込んでたんですよね。お陰で、ラストの大どんでん返しには完膚なきまでに踊らされました。比較的早いうちにハチドリの正体があからさまにされたのも目線をそちらに向けさせられた要因だったんだろうなあ。最近、このへんの勘働きが利かなくて忸怩たるものがあります。
いやでも、これは鬼でしょう。展開が鬼過ぎますよ。ただでさえ不憫枠だったミオが不憫どころじゃなくなってしまったじゃないですか。場合によってはミオがメインヒロインの座を奪還したとも取れるんですけれど、なんかさらにひどい方向に流れそうな気もするし、一概にミオと清顕だけにフラグが立っているわけでもなさそうなんですよね。恐ろしいのは、これもう何がどう転んだ所で、誰もほんとうの意味では救われないし、どんな形でも悲劇しか待ってないような詰んだ状態なんですよね。もうこれ、どんな形の悲劇になるか、しか結末残ってないんじゃないんですか? そう思わざるをえないほど、七人がどの選択肢を選んでも誰かが救われず、その為にそれ以外の子たちも傷つくように、縦横無尽に因果が絡められているのです。これを執拗にして丹念な仕込みと言わずしてなんと言いますか。悪意すら感じる、と思ってしまいますよ。
ぶっちゃけ、一巻冒頭の二人の裏切りもの、というフレーズはまだミスリードされてると思ってます。いや、この衝撃の真実を目の当たりにしてそう思うようになりました。こんなどんでん返しを見せられては、これで語られていた五人の英雄と二人の裏切り者の正体が明らかになった、なんて素直に受け止められるわけないじゃないですか。
これから先読んでいくの、今までのシリーズにまして精神をゴリゴリと削られそうで、ぶっちゃけめげそうなんですが、面白いだけにタチが悪いんだよなあ、ホント。

1巻感想