ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)

【ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 3】 宇野朴人/さんば挿 電撃文庫

Amazon

大アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する!そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった―。不世出の二人が激突し、大森林を舞台に、息詰まる戦いが繰り広げられる。果たして、その結末は…!?話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場。
いきなり主人公の指詰めから始まるとか、初っ端から衝撃的すぎる。でも、そこまでやらないと、たとえイクタとナナの間に幼少からの面識があったというアドバンテージがあったとしても、上っ面の言葉だけじゃ信頼なんか勝ち取れないということなのか。そりゃそうだ、今の今まで殺しあっていた間柄ですし、それは個人個人の問題ではなく国と民族の問題なのですから。ナナが族長の立場にあるからこそ、彼女個人の感情ではどうしようもならないこともある。その意味では、イクタは自分の小指を証とし、信頼の担保にしたとも言える。さらには民族浄化に発展しかかっていた帝国とシナーク族の問題を、この土壇場でアルデラ神軍の侵攻も逆に利用して、冷静な損得勘定に基づく組織間の関係へと引き戻すことにも辛うじて成功してるんですよね。勿論、末端の感情は収まらないものがあるでしょうし、その発露がスーヤの激発だったのでしょう。主要登場人物の殆どが一応、士官以上のつまり戦場を動かす責任ある立場にあるだけに、安易に自分の感情をぶちまけられないなかで、スーヤの存在は下士官以下の戦争に翻弄される人たちの声を代弁する役割を与えられている気がする。何気に重要人物ですよね、彼女の目線というものは今後イクタの立場がどんどん変わっていく中でも、一貫して一つの基準になり続けるような気がします。

アルデラ神軍による戦略的奇襲により、消耗しきった帝国軍は支配地域への生還そのものを目的として行動することに。その為には、誰かが後に残って神軍の侵攻を食い止めなければならない。いわゆる殿軍、絶望的な戦力差の中で主力が逃げ切るまで遅延戦闘を行わなければならなくなったイクタたち……いや、自ら志願したイクタたち。状況、戦力、指揮官の問題から自分たちが引き受けなければ文字通り主力が壊滅してしまう、という目算があったからこそ、だけれど……うーんうーん、いやさあ、どう見てもイクタが「常怠」なんて銘を与えられてしまうほど怠け者には見えないですよ。これだけ走り回って働きまわってる人を怠け者呼ばわりしたら、どれだけ働けば働き者と呼んでもらえるようになるんだ、て話ですよね。それこそ、敵将みたいに不眠不休で働き続けなきゃいけないのか。
あれは、完全に過労死パターンだよなあ。過労死なめちゃあいけません。例えば三国志なんかでも、明らかに働きすぎが原因で死んでそうな人が結構居ますからねえ。
その点、イクタはメリハリをうまくつけている方なんだけれど、そもそも余裕が無いこの遅延戦ではイクタ本人は殆ど休んでいないし、休養すら政治的パフォーマンスとして利用してますからねえ、とても怠けているという印象は感じられないんだよなあ。いや、この場合はそのイクタをしてこれほど怠けられずに不休で動きまわらないといけないほど戦況が極まっていた、と捉えるべきなのか。
更に言うと、相手となった『不眠の輝将』ジャンがイクタに匹敵する名将だっただけに、それに対応できるのがイクタだけだった、ということもあるのでしょう。大体、アルデラ神軍の総大将についても宗教国家の大将としては酸いも甘いも噛み分ける良将でしたし、その配下。ジャンの直属の部下たちにしても有能な人物ばかりで、帝国軍の惨憺たる有様ととても比べられたもんじゃないんですよね。その上、特殊部隊まで出張ってきてるんだからなあ……。
マシューとハロをその安全を慮って下げなかったのは、勝敗の分かれ目ですらあったかもしれません。この二人も、代わりの居ない人材ではなかったか、と。それから、大尉が別働隊の迎撃を受け持ったのもターニング・ポイントだわなあ。少なくともこの二回は、イクタも判断を間違えかけてるのです。ここで、イクタの指示通りにしていたら、戦線は突破壊乱され、文字通りこのお話はここで終わっていたはず。その意味では、イクタもマシューとハロ、そしてサザルーフ大尉に救われてるんですよね。
決して、イクタのワンマンで戦いが進んだわけじゃない。
それどころか、マシューが実感とともにこぼしていたように、これまでの戦いではイクタの言うとおりにしていたら楽に勝てていたところが、一転この戦いではマシューたちも常に死を意識させられる血と泥にまみれた断崖絶壁の縁をギリギリ歩くような、凄まじいまでの激戦、苦戦の連続で、彼らは文字通りの死線を渡ることになる。イクタが全知全能を揮ってすら、味方はくしけずるように消耗していき、兵士たちは傷つき死んでいく。
そういった、瀬戸際の戦いだったわけだ。
それでも、イクタの指揮官としての能力があってこそ、戦い抜けたわけだけれど。
後ろの安全地帯で将棋を指すように駒を動かし合うのではなく、自らも渦中にあって血を浴び泥を被りながら、最前線に立って剣を振るい、銃を手にし、兵士たちを叱咤しながら、しかし誇りにまみれた姿で自らをも駒として、自分が立つ場所を戦局の舞台として、敵将と手を読み合い、手を打っていく。一歩間違えれば味方が死に、二歩間違えれば仲間が死に、三歩間違えれば自らも死んで何もかも失う。
凄絶としか言いようの無い、刃の上を歩くかのような死の予感が途切れない、終わりが見えない戦い。永遠のような7日間。
読んでいるこっちまで消耗し尽くすような、死戦でした。

そんな心が削れていくような戦いの中で、一際輝いて……いや、尊く神聖にすら見えたのがイクタとヤトリの関係でした。ヒロインという括りですら卑小に見える、決して余人が安易に触れてはいけないような信頼関係。いや、信頼と呼称してもまだ足りない気がする。恋愛という意味では、二人共他に誰か付き合う相手が出来るかもしれない。ナナの恋心が実ればいいな、とすら思える。でも、魂の繋がりという意味でこの二人に割って入ることは誰にもできないだろう。神聖にして不可侵、そう言っても過言ではないくらい、お互いに対する思いは深く強い。
だからこそ、この二人の魂の繋がりを引き裂くような人がいれば、自分はそれに対して想像するだけで激烈な怒りを感じてしまう。イクタにヤトリの心を殺させるような真似を、ヤトリにイクタを殺させるような真似をさせようという者がいるならば、それは絶対に許せない。絶対に許せない。願わくば、二人の尊い約束が穢されない事を祈ります。それは、きっとどんな悲劇よりも悲痛で救われない結末だと思うから。

今後、とりあえず一番大変な目に合いそうなのが、サザルーフ大尉っぽいのがご愁傷様。この人が一番今回の生死判定際どかったような気がするんですが、生き残ったら生き残ったでむしろここで死んでた方が良かったんじゃ、と思うような目に合いそうなのが哀愁を誘います。ただ、この人こそ上に立つ人としてはイクタすらよりも適任に思えるだけに、今のまま偉くなってほしいなあ。

1巻 2巻感想