のうりん 6 (GA文庫)

【のうりん 6】 白鳥士郎/切符 GA文庫

Amazon

HEY! ニッポンの皆さん初めましてだナ!?
ナタリー、テキサスからコウサクを嫁にもらいに来ましタ!
連れて帰って一緒にコメづくりするナ!?
……ナにナに? アメリカじゃ、美味いコメつくれナいって? ノー!! それ違うナ!?
日本じゃナくても日本人に合っタ作物はつくれるし、規模も技術も比較にナらナい!
そしてナにより……ナタリーが一番かわいいナ!? だからコウサク、Will you marry me!?

最後の寮生来襲!
グローカルな規模で超展開する愛と有機の農業高校ストーリー、全世界激震の第六弾!
――日本よ、これが農業だ。
金髪ロリを侮ってはいけない。金髪ロリに油断してはいけない。あれは、ちょっと目を離すととたんに巨大化する怪物のたぐいだ!
その昔、【Phantom of Inferno】というアドベンチャーゲームがありまして……そう、まどマギで今や知らぬものも無しとなった虚淵玄のシナリオライターデビュー作でありますよ。あれで、主人公が保護して一緒に暮らしていた金髪幼女が、ふと生き別れになって目を離していた隙に、巨大化して金髪巨乳になって再登場するという仰天の展開がありましてだね、あれ以来金髪ロリは巨大化するものという刷り込みが既に出来ていたので、精神防御は完璧だw
……まさかとは思うが、ナタリーのこれ、Phantomのキャルのパロディネタじゃないだろうなw

今回の話の主軸となるのは、昨今話題も尽きないTPPについて。名前ばかりが先行して、語る人によってまるで様相が異なるという、今やTPPというものの実態を誰も把握していないんじゃないかという疑いが拭いされない未だかつて無い混沌たる貿易協定。
みんな自分の語りたい部分しか切り取って語らないし、自分の聞きたい部分だけしか切り取って聞かないものだから、端から見ていると同じ協定について語っているのか信じられなくなるくらい正反対だったり相互に無関係に思えるような言が飛び交っていて、何が何やら、というのが正直な感想である。誰が正しくて誰が間違っている、という括りでは捉えられない、恐らくは誰の言も語っているTPPの一部については正しいのだろうけれど、それがTPP全体、参加することで起こるマクロな影響という点に至ると、全く不明瞭になってしまうといういやはやこれほどわけの分からない、参加すればどうなるのか、参加しなければどうなるのか、さっぱりわからない貿易協定もちょっと記憶に無い。
結局のところ、一言で「こうなる」とは言えない本当の意味で包括的な経済連携協定なのでしょう。これに参加することによって起こる出来事は、注目する場所によって事細かに異なってくる。その場所によって異なる一部分を、全体のことのように語るからわけ分からなくなってくるのでしょうね。その意味では、のうりんは最初からこれは一部分の話であると断って肩肘張らず範囲を区切り、この作品の職掌……つまり農業の、説明できる部分の起こりえる影響を、何が正しく何が間違っていると声高に主張するのではなく、淡々と事実のみを、また同じテーマでも相反する意見を並べて話してくれるので、安心して読むことが出来る。意見を押し付けてくるのではなく、考える材料だけを送り出してくれるのだから、本当に良心的な教材なんですよね。もっとも、あくまでこれは小説であって専門書や解説書ではないので、本当にトバ口でしかないのは心得ておくべきでしょう。実際、こうして色々と教えてもらっても、じゃあTPPは日本の農業にとってどうなんだ、と問われるとそんなんわかんない、多分やってみなきゃわからないし、実際はやってみても結論なんて捉える人それぞれによって異なるんじゃないかとすら思える。でも、考える材料というのは必要だし、否定されるべきものではない。その意味では、この【のうりん】は非常に真摯に日本の農業というものに対する理解のトバ口を広げようとしている作品なんだなあ、とちょっとした感動すら覚えるのでありました。

その一方で、他の追随を許さない変態的なイロモノゲテモノ小説であることも絶対的に否定出来ないんですけどね!! なんで、なんでこんなに真面目なテーマを扱ってるのに、ここまでハザードレベルの変態小説なんだろうっ。とても、日本の農業について丁寧にアプローチしている良書ですから、と無邪気に人に進められない地雷原である。作者も勇気あるよね、あれだけ積極的に熱心に農業学校などの現場に取材に行きながら、実際書くのはこれなんだから。こんなん書きました、と取材した人に見せれる勇気!w
いや、いやいや、今回はまだだいぶ大人しかったよ、大人しかった、うんうん。
しかし、これをアニメ化というのも冒険だよなあ。またこれ、癖の多いどころか癖しか無い作品だけに、取り扱いには余程のセンスが要求されるんじゃなかろうか。普通に原作通りにやればいい、なんてこれの場合、何をどうやったら普通の原作通りなのか良く分からんしw
あと、ベッキーの取り扱いにはよくよく注意してほしい。あれは、ガチで放送倫理に違反すると思うので、ちゃんとモザイクをかけるとか、よくテレビ番組で、問題を起こした出演者をうまく編集で消してしまうあれみたいに、うまく画面上から消してしまうような処理をしないと

怖くて見れないから!!

ベッキーは、精神的にダメージが大きすぎますw

毎度ながら、イラスト挿絵の切符さんのフリーダムさは揺るぎありませんでした。もうこうなってくると、すげえ、としか言えなくなってきたぜ。

白鳥士郎作品感想