ベン・トー 10 恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

【ベン・トー 10.恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円】 アサウラ/柴乃櫂人 スーパーダッシュ文庫

Amazon

甘いだけじゃ、満足できない。
狼たちのターゲットはビター&スウィートな半額弁当!
そして乙女たちのイベントをきっかけに起こる事件とは…!?

半額弁当バトルに青春を賭ける佐藤洋は、節分の日限定の特別な弁当『鬼斬り弁当』に狙いを定めるが、そこへ新たな狼が現れる。「退魔師」という二つ名を有するその狼は弁当だけではなく、なんと白粉を標的として現れたのだった。さらに白粉につきまとう悪しき虫がついたと認識した白梅が介入し、状況はより混乱する一方に。そんな中、間近に迫ったバレンタインデーを前にそわそわする佐藤に、槍水は予定を空けておくように言うのだが…!? 庶民派シリアスギャグアクション、狼たちの想いが交錯する第10巻!!
あれ? これ誰だ? と思ったら、帯の方に書いてあった。って、ウルフヘア!? ちょっ、茶髪差し置いてお前が表紙飾るんかい!!
いや、でもこの娘最近にいたっては確かに茶髪よりもよっぽど出番増えてきていましたし、今回なんぞ殆ど準メインクラスで出ずっぱりでしたからね、この抜擢もありなのではないかと。しかし、中の挿絵でもまだ描かれてなかったんじゃないかな。思ってたよりもずっと可愛かった。実際、この娘性格もかなりマトモな部類で可愛いんですよね。男勝りのワイルド系なのかと最初の頃の印象で思っていたら、意外なほど優しくて情に厚いし、人の良さも見受けられて、けっこう「佐藤くん佐藤くん」と懐っこく佐藤にも接してくる。この「佐藤くん」の君付けが何気に新鮮というかポイントなのです。これが呼び捨てだったら、ここまでキュンとは来なかったでしょう。この娘、同じ学校なんだからハーフプライサー同好会に入ってもおかしくなさそうなんだけれど、なんでか縁がないというか、佐藤たちにも彼女を加えようという発想がないようなので、仲間入りとかはなさそうだなあ。
さて、本編の方ですが相変わらず濃厚というか濃密というか、なんか読んでて実質二冊分あったんじゃないか、というボリューム。実際、毎度のごとく嵐のように削りまくったそうで、随所に「この話はまた別の機会に」と、面白そうなネタがトバされてしまってるパターンが見受けられて、別の機会って何時なんだよ!! と頭掻き毟りたくなります。いやもうほんとに面白そうなんですよ、そのトバされたネタが。絶対笑えるに決まってるのに。もう一冊出すごとに、削ったネタで短篇集か掌編集も一冊作ったらどうなんだ、と言いたくなるほど。
しかし、今回は退魔師編とバレンタイン編と本当に大まかにニ編に分かれていたものだから、退魔師編があらかた片付いたあたりで、そろそろ終わりかと思ったらまだ半分近くページが残っていたときには「うおっ」と素で驚きましたね。もうガッツリ一冊読み切った気で満足してましたから。この大盛り感はお得だわなあ。

前半の退魔師編は、東北の金糸雀の歌につられてやってきた新たな狼、退魔師がよりにもよって白粉につきまといだすという、ある意味飛んで火に入るなんとやら、の展開だったのですが、何気にいつもの腐った思考に走るのではなく、白粉が熱くなっていたのが印象的な話でした。白梅が首を突っ込んだせいでそれどころじゃなかった、というのもあるんでしょうけれど、というか普通にけっこう白粉クリーチャーなネタはふんだんにあったはずなんですが、あの程度ではもうなかったも同然に動じないあたり、相当読んでる此方にも腐海が侵食してきているような気がします。しかし、白粉も当初からトリッキーな狼としての資質は見せていましたけれど、ここ数巻での半額弁当争奪戦での成長っぷりは見間違いではなかったらしく、ついに【幽霊(ザ・ゴースト)】の2つ名が彼女にもつくことに。サラマンダーを出しぬいたときのように、ハマった時の白粉はちょっとすげえ格好良いんじゃないか、と思えるくらいにキレキレのハンティングをするようになったもんなあ。
白粉も二つ名持ちに成長するのにあわせるように、佐藤の変態振りがそろそろリアル犯罪の領域に突入してきたような気がするんですが……。まだ以前【変態】の二つ名がまかり通っている時期のほうがまともだったぞ。あの頃はまだ偶発的、事故的に変態行為に走ってしまっていた傾向があったのに、最近ときたら思考が完全に危ない変態そのものである。今なら二つ名が【変態】でも何も違和感がないんですがw もう気を失っている白梅への変態行為が、筆舌しがたいもので、こいつ極めてやがる。なぜそこで自分が脱ぐという発想にすっ飛んでいく!!w
肝心のスーパーでの戦いでは、久しぶりに二階堂と佐藤の「ツードックス」が見られて大満足。やっぱり、このコンビいいわー。今や【カペルスウェイト】という二つ名を得た佐藤ですけれど、この戦いではもう一度「ツードックス」に立ち戻っての共闘コンビ戦。この二人を見て白粉が猛るのも、段々と理解できそうになってきてしまったぞ。

さて、後半は恋の炎が燃え盛るバレンタイン編。重ね重ね不思議なんだが、この極まってる変態がなぜか「リア充」なんですよね。後半のバレンタイン編でのチョコレート回収率の高さは、普通に笑っちゃうほどなんですけど。いや、意外とみんな「普通」にチョコくれるんですよ。ギャグとか仕方なくとかじゃなく、普通に自然に女の子たちが佐藤洋にチョコをあげてくるのです。なにこのボーナスステージ。
特に白梅さんとか、これ何気にガチじゃありません? 本人は白粉一筋ですし、そんなつもりはないのかもしれませんけれど、義理チョコにしたって彼女、佐藤以外には誰にもあげてないんですから。そりゃ、周りも勘違いしますって。普通に見たら、マジチョコにしか見えないですもん。
一方で、マジで恋話に発展したのが、オルトロスのまともな方こと妹の沢桔鏡。前々から彼女の二階堂への態度にはそれっぽい雰囲気がちらほらとにじみ出てたんだけれど、バレンタインに託けてこれほど直球でアタックしてくるとは思わなかった。まさに青天の霹靂!! 相変わらず二階堂はモナークの人妻松ちゃんに未練タラタラで、店員である彼女のチョコがオマケでついてくるバレンタイン弁当にご執心なんだけれど、それを知ってなお覚悟を決めて勇気を振り絞って、チョコと同時に告白してのけた鏡の、恋する女の子の頑張りには思わず感動。うわー、いいなあ、こういうのいいなあ。ちゃんと告白込みで受け取ってもらえた後、姉の胸で思わず泣いちゃう鏡の姿に胸キュンですよ。こういうこっ恥ずかしいくらいド直球の恋話も書けるんだから、侮れんよなあ、この人。しかし、このシーンがあとで対比となって効いてくるとはこの時点では思いもしなかったのですが。
女子高生が純真無垢な恋心をキラキラと輝かせる一方で、こちらの小学生は妖艶極まる色気でもって迫ってくるわけで、世の中いろいろ歪んでくる。相変わらず、槍水茉莉花のエロさは頭ひとつ抜けている。小学生にも関わらず、なんだこの圧倒的な妖艶さは。完全に魔性の女そのものじゃないか。これ、佐藤じゃなくてもロリコンじゃなくてもヤバいですよ。陥落しますよ。食べられちゃいますよ、小学生に。
「センパイ、早く……お姉ちゃん帰ってきちゃう」
「センパイ……今の、大胆です」
「ふぁあっ、そこっ! センパイ……センパイッきちゃうっ! あっ、もうっ……もうっ!」
おまえら、いったいなにをやってるんだw
この小学生に負けず劣らず、最近やたらと婀娜っぽさを垣間見せて来るのが、幼馴染の著莪あやめ。出番は決して多くないんだけれど、彼女の場合逆に存在感が大きすぎて出番が多いと他ぜんぶ食っちゃう傾向があるんですよね。だから、出番が少なくても出てしまえば強烈な印象を残していく。
ここしばらく、佐藤と著莪の関係というのは非常に土台がぐらついてきていて、著莪も思うところあるのか微妙に佐藤に対する当たりを変えてきているんですよね。自分との恒例行事を差し置いて、槍水センパイとの約束を優先してしまった佐藤に対して、表立って文句は言わないものの露骨に拗ねたような、不満たらたらのような、寂しそうな顔をみせもって、何かをやきつけるように濃厚なキスマークを彼の首筋につけて送り出したあたり、ちょっと壮絶なくらいの女の情念がかいま見えて、なんか凄かった。
佐藤もそろそろ、自分の身辺についてちゃんと考えるべきなんだろう。まあ、槍水先輩のあの無自覚な無防備さにコロッと行ってしまっていたのも仕方ないんですけどね。あの人は、男心を全然理解してない節があるからなあ、妹と違って。あれだけ男に期待を持たせて、餌を見せびらかして、結局食べさせてあげないとか、あれはあれで妹と違うベクトルの悪女ですよ。
槍水先輩の想いの先については、多分そうなんじゃないかな、という素振りがあったんでその意味では意外と言うよりもやっぱり、という感が強かったのですが、ウィザードの態度はあんまりっちゃあんまりだわなあ、あれは。いやでも、突き放すような言葉とは裏腹に槍水先輩の頭を軽くポンと叩く仕草は優しさが垣間見える気もする。金城先輩も決して無神経な人でないのはこれまでのエピソードで示されていたと思うので、彼があれだけの態度に出るだけの何かが、やはりHP部崩壊の際にあったのでしょう。烏頭みことと槍水先輩の関係の拗れというのは一端にすぎないんだろうなあ。ついに、長年の懸案であったHP部の過去に踏み入る展開になるか、これは。
考えてみると、佐藤洋が本気を出すのはいつだって自分が報われるためではないんだよなあ。ならば、これもまた必然か。

アサウラ作品感想