月花の歌姫と魔技の王III (HJ文庫)

【月花の歌姫と魔技の王 3】 翅田大介/大場陽炎 HJ文庫

Amazon

行楽地で水着回……と思いきや。

いつも通りにイルゼシュタイン城を訪れるライルだったが、イルザの策略にはまり、半ば攫われるような形で王家のプライヴェートビーチがある行楽地・へクセンブルグに連れ出されてしまう。
最後の魔女・エルルーア所縁の地でもあるというヘクセンブルグでライルはエルルーアの最初の工房を発見する。
その始まりの地でライルが見た物とは?
かっ……かっこいいーーーーっ!!
 うわああっ、何これもう体の芯からビリビリと痺れそうなほどカッコいいですよ、メインヒロインのお二人さん。マリーアにしてもルーナリアにしても、ちょっともう反則級にかっこ良すぎですよ。イイ女どころじゃない、二人して世界一イイ女じゃないですか。惚れるわー、これはもう惚れるわー!
いやもうね、マリーアとルーナリア、二人の友情が滅茶苦茶熱いんですよ。今回、肝心のライルがイルザ姫の策略で行楽地に連れ去られてしまったので、二人きりで行動するシーンが多かったのですけれどお陰でライルを抜きにした分、ダブルヒロインというよりもダブル主人公みたいな活躍っぷりで。それ以上に、お互いを高め合うような関係が本当に素敵なんですよ、この二人。恋のライバル同士であることをとても大事にしていて、相手が腑抜けてたりするのを絶対に許さないんですよね。叱咤激励し合ってお互いを磨き合っているから、相乗効果でただでさえイイ女だったマリーアはもう手の付けられないくらいイカした女になってるし、あの儚げで自信なさげだったルーナリアもマリーアに認められたに相応しい女性であらんとして、今となっては見惚れるような毅然としたイイ女になっちゃって。前回の感想で、ルーナリアはもうマリーアに頭あがらないんじゃないか、言ってましたけれど、彼女はそんなタマじゃありませんでした。そうだよなあ、その程度ならマリーアが認めんよなあ。それでも、一瞬でも膝を折りかけたマリーアの背中を蹴飛ばし立ち直らせるだけの対等な存在にまで成長するとは思わなかっただけに、あのシーンは感慨深かったなあ。
彼女については、今後人間と異族の争いの狭間に立って苦しむことになるんでしょうけれど、この段階で自分の立ち位置と覚悟を決めちゃってるのは頼もしい限りです。もう、どうすればいいかわからなくて右往左往して守られるだけのヒロインじゃないんですよねえ。それでも、一人だけで頑張っているなら心配だし不安なのですけれど、両脇を固めるのがライルとマリーアという、正攻法のみならず腹芸や政治工作、謀もお手の物という二人なので、少なくとも彼女一人が為す術もなくどうしようもない境遇に追いやられてひどい目にあう、ということだけはなさそうなのが幸いであります。いや、その意味ではライルとマリーアの頼もしさは半端ないよなあ。二人ともお前がラスボスやれよ、と思うこともしばしばな出来物ですもんねえ。まあその分、敵となる黒幕もまったく油断ならない不気味さと得体のしれなさを兼ね備えたラスボスに相応しい逸材なのですけれど。さらに言うと、イルザ姫とそのお父様の第一王子も恐ろしいくらいのクセモノなんですよね、この作品ラスボス級ばっかりだな、おいw

話を聞いていると、実はこのライル。女性の好みに対する理想値というか期待値のレベルが異様に高すぎるきらいがあるんですよね、主人公のくせに(笑
人当たり自体は柔らかくて人畜無害に見えるので許容度は広いのかと思うところですけれど、並の女性だと異性としてまるで眼中にないんじゃないかな。女性にモテるわりに、あまりしつこく言い寄られないのは、女性の側がライルと自分とは吊り合わないと思って身を引いてしまう、という風な事をマリーアが語っていましたけれど、実際は敏感に相手にされていない、眼中にも入れられてない、と感じ取ったからなんじゃないでしょうか。女の人だって、上辺だけ丁寧に接っせられても中身は実質無視に近い扱いで見られてたら、なかなかそれでも、とはいかないでしょうし。
いや、こいつ結構キツい男ですよ。
まあ、マリーアとミラみたいな幼馴染が幼い頃から身近にいたら、そりゃあ女性を見る目も基準値がイカレるか。マリーアも自分でハードル上げ続けてるんですよね。ライルの基準って完全にマリーアになってるから。しかも、だからといってマリーアが自身のレベルを下げたとしても、それに合わせてライルも基準をさげてくれるわけじゃないから、殆ど止まったら死ぬレベルの耐久レースになってしまってる。
まあ、普通はここに割って入るのは無理なんですけれど、ルーナリアは見事にマリーアとライルのタイマンレースの中に割って入ってきたわけです。あの、果し合いをたたきつけるようなライルへの参戦宣言という名の告白は、気持ちいいくらいカッコいい告白でした。普通、ああいうのってライバルの恋敵にするもんだろうに、それをライルにするあたりに、この三人の関係性の面白さがにじみ出てるような気がします。まったく、カッコいい告白ってなんだよ、と思うところですけれど、前巻のイルザ姫も含めて、この作品のヒロインはとかく熱い告白ばっかりですよ(笑
そして、突き抜けてしまった主人公を、二人のヒロインが身命を賭して引き止めるシーン。ここでのマリーアのセリフがね、叫びがもう至言なんですよ。
必死な女を見て、涼しい顔するな!
このセリフ見た瞬間、なんかうわーーっ、てなりましたね。まさに無数のヒロインの魂の叫びですよ、これは。それを実際に言ってのけるマリーアかっけえ!
こんなとてつもなくイイ女二人に想われるなんて、男冥利に尽きるなんてもんじゃないですよ。

わりと危惧していた3巻というハードルも無事乗り越えて……って、作者の主人公への殺意がヤバいことになってる(笑
ライル大丈夫か、生き残れるのか?w
今回もすこぶる面白かったです。最高だわ。あっ、なんかツェツィーリアについて一切言及せずに終わってしまいましたが、彼女も悪くはないんですよ。というかむしろヒロインとしては非常にレベルの高い魅力を発揮していて、今回はかなり優位な位置取りで蹂躙していたとも言えるんですが、如何せんマリーアとルーナリアが圧倒的すぎるんだよなあ。ライルの好みのレベルに合わせて、本作ヒロインのレベルが色々と高すぎて、ウッハウッハですよ、まったくヤレヤレだw

1巻 2巻感想