サマー・ランサー (メディアワークス文庫)

【サマー・ランサー】 天沢夏月/庭 メディアワークス文庫

Amazon

剣道界で神童と呼ばれながら、師である祖父の死をきっかけに竹刀を握れなくなった天智。彼の運命を変えたのは、一人の少女との出会いだった。高校に入学したある日、天智は体育館の前で不思議な音を耳にする。それは、木製の槍で突き合う競技、槍道の音だった。強引でマイペース、だけど向日葵のような同級生・里佳に巻きこまれ、天智は槍道部への入部を決める。剣を失った少年は今、夏の風を感じ、槍を手にする―。第19回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”受賞作。
ま、眩しいっ!! 真夏の雲ひとつ無い快晴の日差しって、目も開けていられないほどキラキラしてて眩しい時ってあるじゃないですか。まさにそんな感じ。そんな感じのキラキラしているお話でした。青春だーっ、これ以上ないほど青春してる。
まずこの表紙の装丁ですよ。これは何度見なおしても思わず見とれてしまう、何度称賛しても飽き足りないくらい素晴らしいイラスト。作品の、物語の全部がこのシーンに詰め込まれてると言っていいくらい。年間通して見てもベストにあげていいくらいの珠玉の逸品。ライトノベルもなあ、こういう表紙の増えてくれたらいいんですけどねえ。
さて、内容の方は剣道に挫折し心折れ、彼に剣道を教えた祖父の死によって立ち直るヨスガもなくしてしまった少年の前に現れた槍道、という新たな道。いや、槍道という道を引っさげてドカーーンと現れた一人の少女。彼女との出会いが、立ち腐れてしまった彼に再び息吹くきっかけを与えてくれた。この里佳って娘が、まさに夏の爽やかなキラキラそのものなのです。存在自体が輝いてるみたいな、眩しい少女。けっこう強引に、天智を槍道に誘ってくる、ともすれば鬱陶しいくらいに動的で止まったら死んでしまいそうな活発な娘なのですけれど、全然嫌味がないんですよね。それは、自分の好きなことに対して不純なものがなく、一途にして真剣だからなのでしょう。そして、その好きという気持ちを、真剣さを他人に押し付けるのではなく、楽しさを知ってほしい、この好きという気持ちに共感してほしいと迫ってくることが、無理矢理ではなく手を引かれて誘われたような嬉しさを伴ってくるのです。
可愛くて元気な女の子が、キラキラした笑顔で「一緒に行こう」と手を握ってきてくれたら、そりゃあ嬉しいです。ほいほい付いて行ってしまいます。
勿論、彼の心を動かしたのは彼女でありそれがきっかけではあっても、惹かれたのは槍道という競技でした。
この槍道という設定がなかなか良くできていてねえ……まさか架空の競技とはあとがき読むまで思いもしませんでした。完全に、あるものと信じちゃってましたし。自分は全然知らなかったけれど、世の中にはこんな競技があったんだなあ、と。何気に予想だにしない競技が普通に全国的に普及してたりしますものねえ。そんな中で、槍という武術は古来より弓と並ぶ武士の必須技能であり、存在してなんらおかしくないものでしたから疑いもしませんでしたよ。防具の設定なんかも、地味に凝ってましたし。さすがに、なんで突きばっかりで、叩きや払いがないんだろう、と不思議には思ってたんですけどね。

心新たに、とはなかなかいかず、うじうじと同じ所でぐるぐる回り続けた挙句に、テンパッて同じ所どころか後ろに全力で後退していってしまう主人公のジメッとした感じに、お前は梅雨か、カラッと晴れろ、とイライラさせられたりもしたのですが、それだけ里佳を中心とした槍道部の面々の明るさ、快活さに救われた感がありますね。でも、やっぱり主人公が内向き過ぎたかな。内面を掘り下げていくというのは大事だけれど、そこばっかりに重点を置くと、どうしても内と外に断裂が出来てしまうんですよね。本来なら、その架け橋として里佳みたいな娘が動いて、じっくり内と外を繋いでいくものなんだけれど、ややもその辺りの熟成が足りないままクライマックスに行ってしまったんじゃないでしょうか。天智が槍道部に入るまでのドキドキさせられるキラキラが、入ってからのバタバタした展開で多少陰ってしまった気がします。この辺りは新人賞に応募するということで、パタパタと話を盛り上げたたたむ必要があったからなんでしょうけれど、ちょっと後半パサパサに乾いちゃって勿体無かったかなあ、と思ったり。