僕と彼女のゲーム戦争 (5) (電撃文庫)

【僕と彼女のゲーム戦争 5】 師走トオル/八宝備仁 電撃文庫

Amazon

伊豆野宮学園に、珍しいお客がやってきた。甲斐ヶ原女学園の祇方院つかさ。関東ゲーム部ネットワークのメンバーである彼女は、天道しのぶに「学校対抗戦」への参加を呼びかけにきたのだった。ゲームでの勝負が大好きな天道は、二つ返事で快諾し、現代遊戯部は1泊2日の学校対抗戦へ参加することに。だが、ある問題が発生!伊豆野宮学園以外の参加校7校は、すべて女子高。ということは…男は岸嶺ひとり!?果たして無事に一晩過ごせるのか、岸嶺?
四巻からはじまったこの表紙でゲームのキャラクターのコスプレをしていくという企画はやっぱり面白いなあ。八宝備仁さんのイラスト、というのも大きな武器になっているのではないかと。しかし、まさかここで東方が来るとは。確かに有名だけど、有名だけれど。寡聞にして、対戦が出来るのがあるとは知らなかった。花映塚って、そうだったんだ、へぇ……。
甲斐ヶ原女学園の部長がちょっと性格がエキセントリックすぎるわりに、あんまり深く絡んでこないので何じゃこの娘? と思って見てたんですが、花映塚の対戦であるキャラを選んだのを見てやっとこ遅ればせながら理解しました。こいつ、まんまだったのね。それなら、どうせなら相方の副部長の祇方院つかさも何かのキャラ当てはめればよかったのに、と思わないでもないですけれど、この娘はこの娘でかなり小細工して自滅する噛ませキャラがハマっているので、これはこれで構わないのか。志が大きいのはいいのだけれど、その実現の手段とかリスク回避の手段がやたらとせせこましいのは苦笑してしまうところです。器が小さいというか、人間が小さいというか。

と、改めて今回プレイするゲームですが、表紙で全面にコスプレが出ている東方Projectに加えて、有名な落ち物ゲームである「ぷよぷよ」と、国民的ゴルフゲーム【みんなのゴルフ】が該当作品。ここらへんはみんな有名ゲームだけあって、PS2でゲーム歴がほぼ終わってしまっている自分もぷよぷよとみんゴルはさすがにヤッたことがあります。旧いバージョンだけですけどね。しかも、ちゃんと攻略できたかというとなかなか……。
「ぷよぷよ」については、最近ニコニコ動画でアイドルマスターのノベル動画【ぷよm@s】シリーズで初代ぷよぷよの極めプレイを堪能してきただけに、逆にヘルファイア! とか究極連鎖法! とかデスタワー! とか戦法名が出ない方に違和感を感じてしまう始末。いかん、かなり毒されてるw
そして私自身は、とても意図して連鎖とか組めん人でした。タイム! タイム!
みんゴルについては、私の場合まず間違いなく途中で集中力が切れて、大叩きしてしまうのが常だったので、こういう我慢強いプレイには素直に感心してしまいます。
さらに東方に限らずシューティングに関しては俯瞰視も出来ませんし、スティックの細かい動かし方も苦手なので回避とか全然出来んのですよね。こういう華麗に神回避、とか出来る人は尊敬します。

とまあゲームに熱中しているのはいいのですが、相手が全員女の子というのはどんな秘密の花園ですかw もっとも伊豆野宮学園自体が元女子高で男子生徒がごく少数というアウェイ同然なので、岸嶺くんとしてはそんなに変わらないのかもしれませんが。むしろ、気心の知れた部活の仲間に、親しくなった他校のゲーム仲間に、と環境的には自分の学校にいるよりも過ごしやすい気がしないでもない。唯一の男だからと隔離されるのかと思ったら、別に女子が向こうから遊びに来る分にはお咎め無し、というのなら何も支障はありませんしね。
注目スべきは、ここまでメインヒロインにも関わらず岸嶺に対して異性としての関心が全くなく、杉鹿と宮美が熾烈な鞘当てを繰り広げている中、ヒロインとしての存在感が限りなく薄くなっていたしのぶが、ようやく恋愛という要素に直面する機会が訪れたことでしょう。一端動き出すと、未だ鎌首をもたげた極々初期段階にも関わらず、凄まじい存在感を垣間見せたのはさすがメインヒロインというべきか。むしろ、これだけ威力を秘めていたからこそ、今までストーリー構成的に動向を抑えこまれていたのかもしれない。下手をすると、蹂躙戦になりかねない危険性すらありそうだからなあ。せっかくの杉鹿と宮美が一瞬にして粉々に砕かれてしまっては、そりゃたまんないですしね。

さあ、大会も終わったー……と終了モードになってたんですが、しまったまだ個人戦終わったところだったか。岸嶺は個人戦よりもチーム戦の方がやりがいがある、みたいなことを言っていましたけれど、自分はチーム戦の方が違和感あるよなあ、と思ってしまうのはぼっちプレイヤーだったからですか、そうですか、すみません。
まあ、友達集まってみんなでゲームやってても、大概自分以外はみんな敵だぜ、というやり方だったしなあw

師走トオル作品感想