好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く (メディアワークス文庫)

【好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く】 瀬那和章/川井マコト メディアワークス文庫

Amazon

七年前、年下の男の子に、好きだといわれた。それから、手も握らせないまま恋人のような関係をずっと続けている。そして、私はまた、彼とは別の人を好きになる――〈表題作より〉。
 好きな人と好きになりたい人が、どうして違うんだろう(長女)。
かっこいいって、卑怯だぁ(次女)。
恋は魔物の巣窟です(三女)。
神戸の街を舞台に、一緒に暮らす三姉妹の恋の、始まりと、真ん中と、終わり。同じ時間を過ごす三人の恋を、三篇の短編で描く、切なく優しいラブストーリー。恋は、いつだって、私たちの心をつんとさらっていく。
〜〜♪ 〜〜♪ 〜〜♪
これは三編の大人の恋の物語、のはずなんだけれど、その一方で三人の姉妹の友達でも恋人でない姉妹故の関係、のお話なんですよね。プリズムみたいに見る位置によって様々な色合いを見せる、でも確かな一つの物語はとても綺麗で、素敵で、いいなあ凄くいろいろなものが好きになれるお話でした。この作者さんは、もっとポップで軽快なリズムを奏でる作品をこれまで手がけてきていただけに、こういうしっとりとした情緒豊かなラブストーリーを描かれるのは意外でしたね。
しかし、やはり興味深いのは姉妹それぞれの恋愛観以上に、三姉妹の仲の良さ。それぞれに個性の違う三人の姉妹は多分、他人として出会ったならば友達どころか仲良くなることもなかったのだろう。それは、末の妹も呟いている。肉親って、ほんと不思議。勿論、血縁だからって仲良くない家族も居るだろうけれど、家族だからこその関係って確かにあると思うんですよね。
この三人も、決して滅菌されたような純真無垢な仲の良さではないんですよね。隠し事もあり、嘘をついていることもあり、コンプレックスもあり不信や複雑な想いを相手に抱いているところもある。でも、そういうものも含めた上で姉や妹のことが大好きで仕方ないという、熟成された仲の良さなわけです。意外とベタベタしたものも感じさせないんですよね、不思議。それでも、姉妹が側に居てくれるという安心感がこの三人の女性の人生を常に良い方向に進ませているのが、この三編のお話を見ているとよく分かる。恋愛にしても、生き方にしても、もし彼女たちが独りで居たなら決して幸福な道行を得ることは叶わなかったんじゃないでしょうか。人生の分かれ道で、彼女たちは知らず知らずお互いによい影響を与えて、一番ステキな道を選ぶ手助けをしているのです。実のところ、誤解や思っていた結果と違っていたりして決してスムーズに個々の思惑通りに進んでいるわけではないのですけれど、それぞれの大好きな姉妹を思っての行動が、予想していた以上の最良の結末を招き寄せる縁となって行く様子が、なんとも素敵で胸の奥を暖かくさせてくれました。
個人的に、次女の恋愛は今が良くってもどちらかの気持ちが冷めてしまったら続かない関係だよなあ、と次女の話を読んでいた時は思ったのですが、三女の話を読むと次女の恋人の印象が微妙に変わって、というかかなり上方修正されることになって、憂いらしい憂いが綺麗サッパリ取り払われたのも大きな要因だったのでしょう。三女のお話は、三姉妹の仲の良さの本当の姿と、本当の絆の強さをこれまでの二編では見えなかった方向から詳らかにしてくれたお話でもあり、ここでこの作品の印象が固まった感もありますね。長女のお話の深い情念と純粋な想いの絡まった恋模様も良かったですし、次女のお話のコンプレックスと諦観の向こう側から手繰り寄せようとする切実で真摯な気持ちを描いたお話もとても好きだったのですけれど、それら全部を一つに取りまとてバラバラのオムニバスではなく、三姉妹の恋愛物語にして家族愛の物語という一つの形に見事に収束させた三女のお話が一番好みだったように思います。
上品でしゃんしゃんとした、神戸という街のイメージをふんわりと纏った、ほんとうに素敵なお話でした。また、この作者さんのお話は読みたいなあ。

瀬那和章作品感想