学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武 (MF文庫J)

【学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武】 三屋咲ゆう/okiura MF文庫J

Amazon

鳳凰星武祭、開幕――。
綾斗とユリス、紗夜と綺凛の両タッグは危なげなく予選を突破し、本戦に突入する。アルルカントのエルネスタ・カミラ組など、強敵も順当に勝ちあがるなか、綾斗はふとしたきっかけで暴漢に襲われていた少女プリシラを助ける。そこに駆け付けたのは、彼女の実の姉にして純星煌式武装《覇潰の血鎌》の使い手、《吸血暴姫》イレーネ・ウルサイス。――綾斗たちの次の対戦相手だった。「今回あたしがディルクから受けた命令は──天霧綾斗、あんたを潰すことだ」 ついに牙をむくレヴォルフの刺客、そして明かされるクローディアの秘密とは――!? 最高峰の学園バトルエンタ、武が乱れ翔ぶ第3弾!
ふーむ……いやこれ、一旦目の前のお話から一歩退いて全体を俯瞰して見てみると、恐ろしく丹念に戦力配置を進めてるんですよね。近視眼的に見ると、あんまり話進んでないよなあ、となるんですけれど、ちょっと距離を置いてみると実のところ話はまだ何も始まっていないことに気付かされる。現状は戦争勃発前の準備段階……戦時計画に基づく、戦力の拡充と配備段階にあると言っていい。
あまたの作品が、戦力の逐次投入を行うように、チビチビと新キャラを投入して主人公サイドにその対応をさせるというなし崩しの展開を好むのと違って、本作はキャラの顔見世自体は一気呵成に行なっているにも関わらず、そのキャラの個々の事情に踏み込まずにとにかく作品内に配置することに血道をあげているのです。これは、主力級となる主人公サイドのキャラも同様で、メインのユニスは別としても、幼馴染の紗夜やクローディアさんに至っても殆どその事情から能力から本心から明らかにされないまま、最低限の小出しの情報に限定されている。一方で、レヴォルフやアルルカントといった他校の主戦力となるメンバーや、各校のそれぞれの特性といった情報は順調に開示されていっているわけです。
まあ端的に言うと、ある一点に向けて空恐ろしいほどの戦力の集中が行われているわけですな。正直言って、この鳳凰星武祭は完全に前座です。前座どころか、あれですな、選手入場の段階と言ってもいい。
しかし、ここまで動かざること山の如しで、ひたすら仕込みに徹する作品も珍しいです。それだけに、戦争計画が万端完了して万難を排してエンゲージポイントに物語が達した時の、その爆発力、盛り上がりにはついつい期待が膨らんでしまいます。初っ端からフルスロットルの総力戦、それまでに溜め込んだ戦力が一気に動き出す大戦の勃発を、期待してしまいます。
これが、全く動かずに燻ったまま終わってしまったら、えらいことですよ、うんw

今回、徐々にその様相が明らかになってきたのは「レヴォルフ黒学院」。六花の中でもまあダーティーというかガラの悪い不良校、裏で悪いことをやっているに違いない悪徳学院、というイメージの学校だけれど、こうして見ると評判の凄まじく悪い生徒会長を含めて、確かに弱肉強食で手段も選ばないしやることなす事黒いイメージはあるんだけれど、なにげに一本筋が通っているというか、悪ではあっても邪ではない、というか。クレバーという意味では、ある意味信頼すら出来るんじゃないか、という気もしてくる不思議。少なくとも、表面ばかりよくて裏でコソコソと動きまわるような連中よりも、隙を見せたら食い殺す、という殺気を隠さない血腥い猛獣の方が警戒は解けないけれど信頼出来る、とでもいうのでしょうか。尤も、猛獣は猛獣でも連中は狡猾で残忍、隙がなければ巧妙に隙を捻じ広げて来るだけの奸智にも長けているので、決して当たり易い相手ではないのですが。

星導館学園の中では、レスターにはもうちょっと頑張ってほしいなあ。もはや、一流の噛ませ犬の道を歩んでるとしか思えないカマセっぷりだしなあ。まあ、本人が全然挫けてないですし、プライドも折れてないのでいいんですけれど。星導館学園内の序列上位者もまだ全然出てきてないので、そろそろ身内くらいは揃えてほしいかなあ。

1巻 2巻感想