東京レイヴンズEX1  party in nest (富士見ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズ EX1 party in nest】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon

緊急事態発生! 
平和な陰陽塾に突如、謎の『敵』襲来!!陰陽師を育成する陰陽塾。そこは、強力な結界に守られた日本屈指の安全な学舎、の筈だった。しかし今、その平和は破られた。謎の『敵』は数々の術を駆使し陰陽塾を攪乱、生徒の中には負傷者も発生する異常事態に!狙いは、稀代の陰陽師・夜光の生まれ変わりと噂される土御門夏目なのか!?塾内に響き渡る警戒警報を背に『敵』は愛刀の刃をキラリと光らす。ふさふさしっぽに狐耳…どっかで見たようなその『敵』の正体は!?
陰陽塾でのてんやわんやな日常のほか、春虎と北斗、夏の日の出会いを描いた書き下ろしを含む、シリーズ初の短編集!
東京レイヴンズ初めての短篇集……って、前にも短篇集なかったか? と思ったら、4,5巻あたりが変則とはいえ短篇集でしたよね? あちらは本編に上手いこと組み込む形で構成していたけれど、本編を絡めない短編のみの、となるとこれが初めて、ということになるのか。まあ、本編のほうが一部完となっててんやわんやのさなかに短篇集なんか挟み込めないよなあ。
という訳で、これは春虎たちの在りし日の、まだ雛鳥でいられた時代の最後の残光、などというと大仰だけれど、もう二度と戻れない平和な日々、と思うと感慨深いものがある。
このカラー口絵の投稿時の雑談風景、好きだなあ。あざのさん、盛り上げるときの演出もパないんだけれど、こういう何でもない日常風景の味付け彩りもまた抜群なんですよね。この緩急がより一層場面の盛り上がりに寄与するんだろうなあ。

【第一話 リア★コン】
春虎のお目付け役気取りでありながら実は日常におけるトラブルメーカーなのが夏目だったりするんだけれど、彼女とツートップを織りなす迷惑仕立て人なのが、春虎の護法であるコンなのである。春虎に忠節を誓いながら忠義が白熱しすぎて従順とは程遠い暴走を繰り返す式神、って面倒くさいもいいところなんだよなあ、この娘w
わりと不器用というか、上手くやろうとすればするほど壊滅的に状況を悪化させ破綻させてしまうあたり、結構夏目と似たり寄ったり。相性の悪い二人だけれど、何気に似たもの同士なんじゃないだろうか、この二人。
しかし、ちっちゃいバージョンだとまだ愛嬌あるけれど、本身取り戻したコンは危ない意味で狂信的になってそうで怖いw

【第二話 倉橋京子の挑戦】
京子が勇気を振り絞って夏目をデートに誘う、というまだ夏目の正体がバレてなかった頃ゆえの、ある意味京子の仕方のない空回り。いやしかし、これ見てるとほんとに夏目をどうやったら男の子に見れるんだ、と思ってしまいますよね。京子とのデートなんて、完全に仲の良い女の子同士の街遊びですし。夏目の反応がいちいち普通の女の子なあたりが、夏目の男としての振る舞いが身についていないというかあくまで偽装であって通常運行はどうしようもないくらい女の子なんだというのがよく分かる。
これでバレないんだから、思い込みというのは怖いよなあ。さすが乙式。
ただ、男装云々という観点を除いてこの二人のお出かけを見ていると、実は女の子同士として京子と夏目がすこぶる相性の良いことも伝わってきて、夏目の正体がバレて京子と仲直りしたあと、落ち着いてちゃんと女の子の友人同士としての時間をじっくり取る暇もなく大事件が起こってしまったのが惜しくて仕方がない。結局、彼女たちが女の子同士として普通の時間を過ごす機会がなかったですからね。その意味では、京子が真実を知らなかったとは言え、夏目と京子の貴重なガールズデートシーンだったんじゃないでしょうか。

【第三話 阿刀冬児のロジック】
相変わらず、一人だけハードボイルドというか、渋いエピソード持ってくるなあ、この男前は。大規模霊災に巻き込まれて鬼憑きとなってしまった冬児だけれど、その際彼一人が巻き込まれたわけじゃなく、一緒に居た友人もまた喪っていたわけで、そんな過去の傷跡を抱えながら逃げ出さず、言い訳もせず、黙々と踏破する男の背中がまたかっこ良いんだ。でも、そんな彼を孤高にせず、最大の理解者として見守っているのが春虎であり、尊重しながらもお節介を焼いていて、それを冬児も苦笑しながら受け入れる、二人のこの関係、良いわなあ。

【第四話 ペガサス・ファンタジー】
ラストシーン、あまりにアホな絵面の描写に容易に光景が想像できてしまって、爆笑してしまいましたがなw
天馬、愛されてるなあ……というので片付けてしまっていいのか悪いのか。京子は何気に春虎たちと同レベルで悪ノリするよねw 夏目はストッパー役として弱々なので、こういうケースの場合天馬がいないとどうなるか、というのが如実にわかってしまうエピソードだったのかもしれない。

【トライアングル・ミステイク】
春虎と、夏目が化けた北斗がいかにして出会い、仲良くなったか、というお話。いやこれ、夏目も悪いけれど春虎も悪いよね、というか春虎が悪いよね!! あかん、バカ虎呼ばわりされるのも仕方ないわ。二人が出会ってしまったのがこれほど完全な事故だった、というのはともかくとして、まだ北斗のキャラも定まっていない頃で春虎を前にした時の夏目のバタバタパニックっぷりは目を覆わんばかり。逃げ出すのも無理ないっちゃないんだが、なぜ追いかける春虎ww
これ、夏目が隠していた、というレベルの話じゃなくて、夏目の臆病さが招いた事態ではあるんだけれど、むしろあまりに春虎が馬鹿なんで言い出せなかった、という方が正解じゃないですか。夏目は何やってんだ、と思ってましたけれど、これはちょっと同情してしまうなあ。
でも、夏目にとって北斗となって春虎と過ごした時間がどれほど貴重でかけがえの無いものか、その体験が彼女の中で何を育みどんな想いを抱かせたのかをイメージさせる、良い過去編でした。

あざの耕平作品感想