ラストセイバー (3) 叡智の花嫁 (電撃文庫)

【ラストセイバー 3.叡智の花嫁】 兎月山羊/荻pote 電撃文庫

Amazon

西暦2140年―。そこは、史上最悪の敵「天使」の容赦ない猛威によって、人類が絶滅寸前になっている世界。2015年からタイムスリップした少年・名薙は、大切な人たちを次々に失い絶望しながらも、過酷な運命に立ち向かっていく。そんなある日、名薙は騎士候補生として重要な任務につく。城塞都市・京都の女王に即位する少女の護衛。何事もなく進むかに見えた戴冠式だったが、襲撃してきたのは、驚くべきことに―。かつてない最強の敵に、果たして名薙やアニカの運命は…。新次元異能バトル、ついに最高潮へ!
うわぁぁ、なんて勿体無い!! 何が勿体無いって、勿論この三巻で打ち切りになっちゃったこと以外にないでしょう!!
何の力も持たなかった普通の高校生が、人類が滅亡しかかっている未来に飛ばされ、英雄となって戦うことになる。こうした流れの作品の中では、ピカ一と言ってもイイ良作だったのになあ。何の自覚もなく、成り行きから英雄となってしまう主人公が事欠かない中で、彼……名薙の身の丈に合わない力を持ち、また絶望しきった人類の希望として立つという責任の重さに逡巡する苦悩の描き方は実に丁寧であると同時に、彼の怯えと力との向き合い方は誠実であって、非常に好感が持てたものです。その上で、彼は一度人類を救済する英雄の後継者という立場から距離を置き、一度一兵士という底辺からこの荒廃した世界を生きることで、平和な現代日本で過ごしてきた一般人としての甘さを削ぎ落とし、生きるための覚悟を研ぎ澄ましていく。二巻で名も無き兵士見習いとして戦い、そこで自分の過去と決別し、その手を自らの決断によって愛する人の血で染めて、甘さではない優しさと血の通った覚悟を手にとった名薙。
そんな彼が、絶望的な戦いを前にしてついに全人類の希望を背負った英雄として生きる覚悟を決める。この過程の描き方がまた素晴らしかったんだ。追い詰められた末のことである、必要にかられてのことである、だけれどそんな言い訳や逃げ腰の姿勢など微塵もない、それは自らの生き方として覚悟を持って選んだ、男としての決断だ。
栄光や名声など露ほども顧みない、ただ自らを人類のために捧げる選択に、しかし哀れさや悲惨さは微塵もない。生贄としての儚さなど欠片もない。そこにあるのは、傷つき怯え理不尽にのたうち回った末に、おのが弱さを受け入れて、守るべきものを見定めて、選び決断し覚悟し、重きを背負って微塵も揺るがず毅然と佇む男の背中だ。自分を守って死んだ男の後を引き継ぎ、希望を担うと決めた男の雄々しき姿だ。正直、身も震えるような痺れだった。
カッコ良かった。
これほどの男の物語を、こんなにも中途半端な形で締めくくられてしまったことへの痛恨の念はしばらく消えないだろう。勿体無い、成長物語としても稀有な出来栄えだった良作なのに、勿体無い。
キャラクターとしても、装甲姫と呼ばれる今回新キャラとして登場したお姫様のキャラもむっちゃ立ってて実に格好良い女の子で素敵でしたし、当初まったく眼中に無かったもののようやく此処に来て名薙を意識しまくりだした真那の動向も気になりまくり、とラブコメの方も実に盛り上がる要素満載でしたし、話を締めるということでかなり畳み掛けて暴露された物語の核心となる真実も、普通にシリーズ物として描いてたらまた随分と盛り上がった展開だったろうに、という糸が絡みまくった真相でしたし、ぐわぁ、返す返すも残念至極。勿体無かった。面白かったのに。本当に面白くなりそうだったのに。こんな形の幕となってしまいましたが、一応の決着というか一番肝心な部分だけは明らかにしてくれたのだけは幸いでした。
こうなったら第三作目に期待する他あるまいて。メキメキと伸びてる実感は確かにあるので、出来ればこのまま行って欲しいところです。

1巻 2巻感想