失恋探偵ももせ (電撃文庫)

【失恋探偵ももせ】 岬鷺宮/Nardack 電撃文庫

Amazon

「恋はいつか終わります―」そんなことを言う後輩の千代田百瀬に巻き込まれ、野々村九十九は「失恋探偵」である彼女に手を貸す日々を送っていた。―失恋探偵。それはミステリ研究会の部室を根城にして行われる、学校非公認の探偵活動。その活動内容は「恋に破れた人のために失恋の真実を解き明かす」こと。学校内で囁かれる失恋探偵の噂に導かれ、それぞれに失恋の悩みを抱える依頼人たちが二人のもとを訪れて―。第19回電撃小説大賞“電撃文庫MAGAZINE賞”受賞の、叶わぬ恋の謎を紐解く学園青春“失恋”ミステリ。
失恋探偵って、また随分とインパクトのある名前ですよね。わざわざ失恋にまつわる依頼を受け付ける奇特な探偵活動。そのタイトルから、失恋の痛手に苦しみ前にも後ろにも進めずにいる若者たちに、真実という名の僅かな癒しと勇気を与え、再び歩く力を与える話、なんてことを勝手に想像していました。そんな話だと、必然的に心に決着を付ける話になって、何だかんだと痛烈に切なくてやるせない話ばかりなんだろうなあ、バッドエンドじゃないにしても恋の終わりを目の当たりにするのはなんだか辛いじゃないですか。だから、惹かれて手にとっては見たもののついつい後回しにしてしまっていたのでした。ところが、読んでみるとこれって大方拗れて破綻しかかっていたり、めばえはじめていた恋がすれ違ってしまっていたりしたのを、真実を解き放つことで縒りを戻させたり縁を繋いだり、という失恋探偵というよりも恋愛探偵、みたいな感じだったんですよね。切なさ全開を想像していた身としては拍子抜けではあったんですが、初々しくも上手く行かずに終わりかけていた恋を、再び蘇らせる百瀬たちの活動は真摯かつ健やかで、何とも清涼感を感じさせる青春ラブストーリーでした。
面白かったのが、思いの外百瀬たちの活動が本物の探偵っぽかったこと。基本的に、依頼者が持ち込んでくる依頼ってのは、謎解きではなくて調査活動なんですよね。これは実際の探偵が行なっているようなことで、実はミステリー小説とか謎解きに一切関心がなかった百瀬らしい、質実剛健とした活動内容なのである。ところが、そのミステリーに関心のない百瀬なのだけれど、生来の観察力と分析力によって習得した調査情報を吟味することにとって、表向きの事象からは図り取れなかった糸の絡みあった真実を解き明かしていくのである。図らずも、彼女は全く関心の無かった小説の探偵みたいな事をやってしまっているのである。それらを全部、カノジョいわく少女漫画を参考にして推論しているというのだから、少女漫画すげえw

もひとつ面白いなあ、と思ったのが、百瀬も九十九も何ら特別な背景があるわけじゃない、本当に普通の高校生だ、というところでしょうか。ちょっと感情表現が乏しい所のある百瀬も、少女漫画を好み普通に友達もいる特段ずば抜けた個性がある娘ではありません。実家が特殊だったり、趣味が変だったり、性格に破天荒なところがあったりするわけでもない。失恋探偵、なんて変なことを始めてしまうカノジョですけれど、その動機を聞けば微笑ましい限りで、決して特別な理由や願望があったわけじゃないんですよね。思いの外、当人に探偵という才能があっただけで。ただ、その才能も優れたものではありますが、異常性や天才性を感じさせるほどのものでもありません。ごく一般的な才能の延長線上にあるわけです。いわんや九十九氏に至っては、特に語るべきもないほどです。また、彼らが請け負った依頼の真実は、時に高校生の身では背負いきれない重い物もあり、そんな時の彼らの苦悩は、本当に等身大の若者の戸惑いであり混乱であり、その衝突も自分たちの未熟さを痛感する姿も、普通の高校生ならさもありなん、というものでありました。
そう、これは百瀬と九十九という普通の高校生の男女が普通に恋をするお話でもあるんですよね。そんな二人の等身大の恋模様が、初々しくも新鮮でもあり、可愛らしさに思わず微笑してしまうほど、健やかな気持ちにサせてもらいました。
彼らが傷つき衝突することになってしまった、当の依頼の対象がまた難しくも酷いものだったので、余計に二人の誠実で真っ直ぐな恋が爽々と感じたんだろうなあ。
と、ここで終われば憂いのないハッピーエンドだったのでしょうけれど、何気に続刊が出てるんですよね。失恋探偵なんて銘打ったからには、その失恋を真っ向から向きあわなければならなくもあるわけで、次こそ切ない展開食らうかな?
ところで、イラストにNardackさんを採用したのは、やっぱりあの名作青春恋愛小説である東雲侑子シリーズを意識したんかな。あの作品の絵師さんですもんね、確か。