フルスケール・サマー (電撃文庫)

【フルスケール・サマー】 永島裕士/紅緒 電撃文庫

Amazon

夏の始め。転入生の少年・慶介は席が隣になった少女に懐かれた。教科書や地図帳にミリタリーだったりガ○ダムだったりな、落書きをしていたその変な子の名前は、春日野鮎美。昼休み、彼女に案内された先には―なんと、自衛隊が有する90式戦車が!!どう見てもホンモノのそれを、鮎美はなんと“プラモ”だと言う。すごいけど迷惑なこれらの作品たちのせいで生徒会から目を付けられた模型部を守るため、慶介は協力を求められることになるが―?奇妙な少女たちとの出会いが、平凡だったはずの夏を変えた…。“原寸模型部の夏”を描く青春エンタテイメント!
一分の一スケールの原寸大プラモは、ひとつの夢だよなあ。曲がりなりにもそれを実際に作ってた、ってんだからそりゃ凄い。しかも、物によっては動くとか。もはやプラモじゃないし!! 一見すると科学技術レベルは現代なのかと思ったら、何気にかなりの未来技術が詰まってるんですよね。それでも、高校レベルでどうやって予算とか資材とか入手しているのかよくわからんのですが。はっきり言って、高校の部活動の予算でどうにか出来るものじゃないでしょうに、どどん。
何はともあれ、一番に気に入ってしまったのは慶介と鮎美の出会いのシーンである。これがまたいいんですわ。転校してきた慶介が、たまたま隣の席に座っていた鮎美に教科書を見せてもらうのですが、その教科書にまたくだらないけれどとても女子高生が書いてるとは思えないマニアックな落書きとか書き込みがしてあって、思わずツボにハマってしまうわけですよ。鮎美の方は、別にそれを見せつけるつもりではなく、完全に油断していていきなりとんでもない趣味を暴露してしまったわけですけれど、慶介の反応にウケてしまってか、この娘調子に乗って煽る煽る(笑
意気投合、というのはこういうのも言うんでしょうなあ。初対面の男女が仲良くなる過程としてはロマンも何もあったもんじゃないですけれど、お互い意図しないままくだらない事で打ち解けてしまった、このシーンが実のところ本作の一番のお気に入りだったかもしれません。
慶介の来歴が幼い頃から委員長を務め上げ、転校する前の学校では生徒会長もやっていた、という辣腕の政治スキルの持ち主。そのダーティーな交渉術で、これまた腹黒いこの学校の生徒会長による模型部つぶしの嫌がらせをひっくり返して、部として成果をあげれば存続を許す、なんて条件を引き出して、でっかい模型のロボットである大会に出よう、ということになるわけですが、せっかくのやり手元生徒会長なのですから、もっと徹底的にギャフンとあの嫌らしい現行生徒会長をイワして欲しかったなあ。ちょっと対決は中途半端に終ってしまって、お互いに利を分けあい、損を打ち消し合う、みたいなナアナアの形で終わってしまいましたし。ある意味、非常にリアリティある政治的決着、とも言えるのですが、スカッとしたとは言いがたかったかな。
肝心のロボット大会の方は、はっきり言ってこれカスミさんの独壇場でしょう。原寸模型部が持ちだした、歴代模型部の遺産であるロボットは、ほんとにカスミさんにおんぶに抱っこで助けてもらってばかりでしたし。ってか、カスミさんがオーバーテクすぎるw
ただ、この高すぎる技術力とは裏腹の、等身大の高校生たちの夏休みの部活動、みたいなワイワイがやがやとした騒ぎっぷりは、見ていて本当に楽しかった。大会にかこつけて車に乗りあわせて遠征するのも、まあその車がえぐいほどアレな車だったりするのを除けば、野外フェスに参加するみたいなノリで実に良かった。全体通して見渡すと、やたらとバランスが変な作品なのですが、ミクロミクロで焦点を合わせて見ていくとなんとも若々しくピチピチとした活気にあふれた瑞々しい作品で、タイトルに「サマー」がついているのもさもありなん、というまさに夏のアウトドア的文化活動! な勢いのある作品でした。まあでも、ロボテックノーツは連想するわなあ、これ。