僕は友達が少ない9 (MF文庫J)

【僕は友達が少ない 9】 平坂読/ブリキ MF文庫J

Amazon

冬の日の夕暮れ。友達との本気のぶつかり合いによって前に進むことを決意した羽瀬川小鷹は、逃げ出してしまった告白の返事をする。それと時を同じくして、三日月夜空から隣人部の部員たちに一通のメールが届くのだが……。新たな局面を迎えた隣人部は、生徒会と共にスキー研修で宿泊する旅館の下見(という名目の慰安旅行)に行くことになる。小鷹の迷走によって結果的にもたらされた“外側のコミュニティ"との交流は、どんな化学反応を引き起こすのか? 大人気シリーズ第十弾、複雑な人間模様の織り成す残念な恋と笑顔の物語、開幕! ポロリもあるよ!
むむむむ……この巻、小鷹すごく頑張ってたんじゃないか? 何か起こりかけても、結局そこから進まずに停滞したままだったこれまでの隣人部だけれど、小鷹の決意とともに明確に雰囲気が変わっている。逆に言うと、これまで小鷹がどれだけ何もしようとしてこなかったのかがよく分かる構図でもあるのだけれど、前向きに色々と頑張る小鷹はちゃんと好感が持てる男の子でしたよ。落とした株のぶんはなんとか取り戻せたんじゃないだろうか。肉の告白にもキチンと応えてくれましたし。これ、どういう返事するのかと思ったら随分と気張った告白返しだったなあ。
だがちょっと待って欲しいw
この野郎、異性との恋愛に背を向けないでキチンと向きあおうとした結果、ちと見境いなくしてないか?(苦笑
星奈にちゃんと好きだ、と言ったのは偉いと思ったんだけれど、その直後に幸村についてもドキドキしている、と理科に吐露してるのを見る限り、どうも現状異様に惚れっぽくなっちゃってるんじゃないか、という疑いが。理科に対しても、今回の一件で「友達!!」という風に刷り込まれて固定化しかけてたのが、コンプリートで理科自身がガツンと崩してきましたしね。小鷹、人間関係が充実して今思いっきり浮かれているみたいだけれど、近日中にいい具合にドツボに嵌りそうで、微妙にワクワクしてきたぞ(笑
しかし、そんな浮かれた小鷹をして、ドン引きせざるを得ない夜空クオリティw
こ、この女……家出して出て行ったはいいけれど、逃げ込んだ先がまさか小鷹の家とか、どんだけ小物なんだ。あまりにちっちゃすぎて、笑えてきたぞ。異様に小鳩が懐いてるからまだいいけれど、星奈もなんでこれを見込んでしまったのか。ただ、開自分の卑屈さ、器の卑小さを受け入れてダメ人間なり! と開き直ってからは、どうしようもないなりに困った娘からは脱却したような様子が見られる。内側に篭って僻むよりも、底まで落ちて外にひしゃげる方がまだ周囲からアプローチが叶う分、だいぶマシだ。これまで夜空が過去に拘り、頑なに周囲とコネクトしようとしていなかった事を考えるならば、小鳩を通じてとはいえ殻の外に出てきたのは良い兆候なのだろう。
そんなタイミングで、夜空の家庭の事情が明らかになったのは無関係ではあるまい。さすがに、あの生徒会長と関わりがあったというのは驚きだったけれど。微妙にヘヴィな話になってきたのだけれど、少なくとも今までの夜空に比べれば、そして今の小鷹なら、同じ所をぐるぐる回るのではなく、一つステップを前に進ませることが出来るんじゃないだろうか、と思えるくらいの信頼は小鷹は稼げたんじゃないかと思う。その前に、なんかボッチ化してきた理科を何とかしてあげてください、とイイたいですけど。幸村を筆頭に、徐々に社会復帰しつつある隣人部のメンツの中で、唯一まともな方と思われ小鷹の背中を押した理科が、押した反動で後ろにひっくり返って取り残されそうな勢いになってしまったのは、なんともはや笑うしかない。もうこれ、友達路線はオール壊滅状態だったのだから諦めて、恋人路線狙っちゃいなよ、理科先生w

シリーズ感想