鮎原夜波はよく濡れる (電撃文庫)

【鮎原夜波はよく濡れる】 水瀬葉月/白井鋭利 電撃文庫

Amazon

真夜中のプールで溺れた少年・渚野陽平は、気づ付けば辺り一面が海に沈んだ学校の屋上に―。その世界で出会ったのは、どこかふわふわぼんやりした、海を漂うクラゲのような雰囲気の少女・鮎原夜波。彼女は、水に濡れれば濡れるほど強大な力を得ることができる戦闘魔法装束“クローク”を纏い、怪物たちとの戦いを繰り広げる「ウンディーネの戦士」だった…。『C3‐シーキューブ‐』の水瀬葉月が贈る“濡れ透けアクション”開幕!
水も滴る良い女。というのは、やっぱり絵にして見てみたいものであります。こればっかりは、美味そうな料理を食ってる描写を読むと読んでるこっちのお腹もすいてくるのと一緒で、濡れ濡れでグショグショでスケスケな描写を見ると、画像や映像で見たくなっちゃいます。これは、海に沈んだ世界も同様で、半分以上水に沈んだ校舎で生活するシーンというのは、脳内での想像がビシビシと刺激されるんですよね。波の音しかしない、静止したような幻想的な水の世界。終末世界の果ての果て。今回は、すごくビジュアルイメージを意識した作品なんだ、と納得できる。
水瀬さんというと、勿論エログロは常設なんだけれど、今回は同じエロでも濡れ透け系統でちょっと種類違うんですよね。夜波が無機質から天然系に移行している途中というようなキャラなので、濡れ透けでも淫靡とは違うんだけれど、健康的なエロとはまた違うし、ちょっとイケナイ触れてはいけない類のエロティシズムだな、これ。
とまあ、水浸しが必然というお話の主人公である陽平は、幼い頃に妹を失った水難事故がトラウマになっていて、泳げないどころか水恐怖症であるカナヅチさん。でも、それなのに溺れているとおもった夜波を助けるために、プールに飛び込む事が出来る少年である。根っこのところですっと芯が通ってる淀みのない子なんですよね。一方の夜波も、純朴と言っていい何にも染まっていない子なものだから、二人の繕わない飾らない本心からの言動はお互いの心にダイレクトに染みいっていくのである。
なんちゅうか、素直で捻くれていないもの同士のまっさらな男の子と女の子がお互いに惹かれていく姿というのは、こんなに初々しくて微笑ましいものなんだなあ。夜波が少し常識からズレた子で惚けているので、嫌味もないんですよね。陽平の決断というのは陽平自身に対してはリスクばかりで相当に覚悟がいるはずのものなんだけれど、それだけ夜波に入れ込んでしまったのだと言われれば、頷かざるをえない。そうしてあげたい、と思うに相応しいヒロインだと思う。
どうやら、陽平自身にも過去の事故を通じて何らかの謎が内包されているようで、こりゃあ先々相当に紆余曲折ありそうな予感がヒシヒシと。展開も一筋縄ではいかなさそうでワクワク。
そして、ミトの正体というか本名には完全に意表を突かれたわぃ。あれはキラキラネームほどじゃないけれど、一種の罰ゲームだろw

水瀬葉月作品感想