【Amazon.co.jp限定】イラストカード付 のうりん 7 (GA文庫)

【のうりん 7】 白鳥士郎/切符 GA文庫

Amazon

ボクの名前は群雲りく。
宇宙一かわいいスーパーアイドルだにゃん?
……けど、ボクのことを宇宙一だってまだ認めてない連中もいる。あの女――草壁ゆかが宇宙一かわいいって信じてるヤツらだ。どっかの田舎の農業高校に引っ込んだアイツの存在は、ボクにとって超目障りにゃ!!
弱ってる今がチャンス。ちょうど撮影で沖縄に行くタイミングと、あいつの学校の修学旅行が重なった。
ふーん、なるほどね。
あの耕作っていう冴えない男のことが気になっちゃってるわけぇ? だったら……。
挿絵とかイラストというのは、文字通り絵であってイラストレーションのことであって、書類がそのまま掲載されていたらそれは書類です……何言ってるか分からないが、私も何が載っているのか意味がわからなかった。ライトノベルを読んでいたら、挿絵の部分に見開きで婚姻届が記載されていた件について。
なんでだろう、すっごいテンション下がるよ? なんか婚姻届を見るたびにアラフォーの怪物が脳裏をよぎるトラウマが植え付けられた気がするよ? 婚姻届なんかそうそうお目にかからないけど!!
それにしても、今回の挿絵の男率の高さは、なにこれ!?というレベルで、実際問題6〜7割くらい男だったんじゃないだろうか。そして、そのほとんどが裸体!! 男の裸体!! Free!!ってなもんじゃねえから! ネタの回収早いよなあ。これ、まだ放映中じゃないか。
そして、数少ない女性のイラストの、そのほとんどがまたアラフォーの女に見えないどころか人間に見えないおぞましいクリーチャー画像ばかりで、何かがゲシュタルト崩壊をはじめてます。たすけて、たすけて。
女性陣の水着やお風呂シーンのイラストは、もう読者と切符さん自身の精神安定剤として指定されたんじゃないかと思えるくらいに、今回のあれはアレすぎました。あもーれ。
という訳で、今回はいつもの農業学校を離れて沖縄修学旅行編。
なお、この修学旅行はフィクションです。
実在の人物、学校、沖縄とは一切関係ありません。
  ……が、一日目のアレは本当にあんな感じだったらしいです。
マジか!? この注釈が、一日目のイベントを見るとガチで泣けてくるんですが。いやいやいや、折角の修学旅行の初日、こんなんだったら泣き叫ぶよ!?

今回は旅先で、林檎のライバルとして今売り出し中の群雲りくとの遭遇イベント。というか、向こうからスケジュール調整して突っかかってきたのか。林檎ちゃんの気に仕方からしても、もっとガチで林檎ちゃんが場所を奪われた相手なのかと思ってたけれど、むしろ林檎ちゃんの存在を気にして引っ張られていたのは向こうの方だったのか。いや、それ噛ませのパターンですから。どうやら、アイドルとしても林檎を超えるのに四苦八苦しているようで、それ以上に林檎が自分たちを放り捨てて業界から去っていってしまった事に衝撃を受け、悔しい思いをしている娘でした。ハチャメチャだけれど、動機やら何やらを見ると結構まともにアイドルしてる子であり、悪い子じゃないんですよね。林檎のこと裏切り者と恨めしく思いながらも、どこか心配しているようでもありますし。
ただ、実態というか本性がこれアウトでしょうw いや、全然悪くないんだけれど、騙されたわっ! ドキドキイベントをどうしてくれるw この涼ちんめ。リアルアイドルでマジでこういう子いないもんかな。居たら面白そうなんだが。
さて、なんかえらい遠回りしたけれど、またぞろ戻ってきて林檎フラグがガチンとそそり立った修学旅行編。前は何故か農の方に転がって変なことになってしまいましたが、今回な林檎の芯にガツンとダイレクトに響いた模様。ただ、その分逆にお別れフラグも立ってるんですよね、これ。痛し痒しだけれど、林檎という子が自分をどこに立たせようとしているか。今は一生懸命農業学校に馴染もうとして楽しんでいるのも確かなんだけれど、
はたしてそこに足がついているのか未だにあやふやな部分があるのも確か。社長の襲来は、ついにそのあたりをついた展開になりそうで、風雲急を告げるか。

シリーズ感想