デート・ア・ライブ8    七罪サーチ (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 8.七罪サーチ】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

「ねぇ、ねぇ士道くん。お姉さんのどんなところが綺麗?」ハロウィンが迫る一〇月一五日。五河士道は第7の精霊、七罪と遭遇する。会話を重ね、順調に好感度を上げていた士道だが、とあるきっかけで七罪の態度が豹変し―。「あんたの人生、おしまいにしてやるんだから…!」変身能力を持つ七罪が化けた相手を当てる勝負を受けることに。容疑者は十香、折紙、琴里、四糸乃、耶倶矢、夕弦、美九、亜衣、麻衣、美衣、珠恵、殿町の一二人。『この中に、私がいる。誰が私か、当てられる?誰も、いなくなる前に』正体を隠した精霊を見つけ出すため、全員とデートして、デレさせろ!?
そろそろ精霊の数も揃ってきて、この終盤に出てくる精霊は事態の本質を知悉しているのではないかと期待していたけれど、七罪の様子を見る限りどうも彼女も美九と同じく何も知らないまま人間から精霊に転化させられた娘っぽいなあ。むしろ、美九にしろ七罪にしろ後半に出てきた娘ほど、精霊というよりも非常に人間臭い力に溺れているカンジがするのが面白い。最初期の十香や四糸乃、狂三は浮世離れしたところがあって、もしかして本当に人間とは異なる存在なんじゃないか、という趣がありましたけれど。こうなってくると、彼女たちも元々は人間の少女だった、と考えた方が正答なんだろう。
さて、あれだけ盛大にやらかした上に士道にメロメロで好意を隠そうとしない美九は、こりゃあ他の子たちと一悶着あるかなあ、と危惧していたのだけれど、思いの外すんなりと馴染んでいて驚いた。あれだけ飛ばしていたにも関わらず、美九って女性相手には社交性高かったのな。もうちょっと士道を独り占めにかかるかと思っていたのですが、むしろ美九の方から積極的に他の子たちと仲良くしようと振る舞っていましたからね。十香を始めとして度の娘もその手の危機感は薄いほうなので、向こうから仲良くされると全然警戒心なしで受け入れちゃうんだよなあ。今のところ美九も裏でほくそ笑んで何かを企んでいる、という様子もないのでいいんですけれど。
さてさて、改めて新たな第七精霊・七罪の登場である。七罪と書いて(なつみ)と読む。これはさすがに分かった、というか狂三だけがダントツに読めないっすよw
最初の登場時の言動から大人びた理性的な女性かと思ったらどうも下駄を履いていたようで、思い込みの激しさと人の話の聞かなさ、コンプレックスの強さなどからして今までで一番メンタル面がメタメタな娘なのかもしれません。未だに精霊の中でちゃんとしてるのが琴里くらいというのがなんだかなあ。狂三も頼もしい類なんですけれど同じくらいヤバい娘なのでカウントできん。その意味では、耶倶矢・夕弦の八舞姉妹は意外と常識人ですし、一人ひとり分けても結構しっかりとした娘さんだったりするので、士道にとってもそこそこ相談相手というか頼る相手として機能しているような気がします。琴里はなんだかんだと妹だから、お兄ちゃんとしては早々軽々と頼りっぱなし、というわけにはいきませんものね。
七罪の変装による正体当てゲームは、これはかなりわかりやすかったんじゃないでしょうか。士道も最初から違和感を感じていましたし、発想さえひっくり返さえしいていれば最初に正答にたどり着いていたかもしれません。ってか、あのシーンけっこう盛大に異常でしたよ。比較的出番少ないキャラですけど、それでもあれはしゃべりすぎでしたし。しかし、珠恵先生はまだしも、亜衣、麻衣、美衣はさすがに余計でしょう。何という水増しw 殿町? 別の意味でありだったんじゃないでしょうか。
さて、最初の関門はクリアしたものの、七罪を捕まえることが出来ないままさらなる難問が士道を襲うはめに。って、別にこの展開は普段の面倒さから比べてもあんまり士道の大変さは変わらない気もするぞ。

シリーズ感想