銀閃の戦乙女と封門の姫4 (一迅社文庫)

【銀閃の戦乙女と封門の姫 4】 瀬尾つかさ/美弥月いつか 一迅社文庫

Amazon

湖底の水中迷宮から帰還したカイトは、王都で第一王子タウロスと久方ぶりの再会を果たす。清廉な王者の風格を持つタウロスに変わらぬ好感を覚えるカイトだが、タウロスが梨花に一目惚れしたことで、おかしな事態に巻き込まれていく。その頃、水中迷宮から持ち帰った謎の生物の死骸を調査していたシャーロッテらは、前王が秘匿していたクァント=タン建国の真実と、強大な侵略者たちのことを知る。そんなとき、演習で大半の機士団が不在の王都を魔物の大群がかつてない規模で急襲し、クウロスとシャーロッテの指揮の元、カイトたちが防衛戦を始める。魔物たちが王都を襲撃した理由とは、そして着々とクァント=タンに迫る脅威の影がついに明らかになる。
横で姫様が寝ているにも関わらず、構わず致しだすとはフレイとカイト、レベル高いなあ。ある意味ハーレム作ろうってからにはこれくらい出来ないといけないのかもしれないと、むしろ感心すらしてしまった。感心云々というと、カイトにとってフレイってちゃんと正妻なのよね、という点についてもこの一件で納得できたというかなるほどなあと感心したというか、よく理解できた気がする。前回はそこに凄く疑問を感じていたんだけれど、なるほどヒロインという事に関しては、確かにフレイがメインだわ。
この辺り微妙な感覚なんだけれど、カイトって公私の区別がついている、詰まるところ仲間としての対応と好きな女の子としての対応ってそれなりに分けてやってる気がするんですよね。カイト・ハーレムの主なメンバーを振り返ってみると、政治・謀略に長けたシャーロッテに正面戦力として突出したソーニャ、術師として特別枠のエリカ、そして未来視と鋭い知性でシャーリーと同じ知的水準で立ちまわる梨花。これらに比べて、フレイって戦力的にどうしても一歩引いているんで、仲間としてみるとフレイはカイトの戦闘面での支援役として振る舞う事が多く、必然的に目立たない枠に入っちゃうので、常々メインヒロインにしては存在感があまり主張出来てないなあ、と思っていたのです。
でも、よく考えてみると仲間であることと好きな女の子であることって一緒くたにして考えたらダメなんですよね。それは、全く別のことで仲間としての役割で特別扱い出来なくても、それでその娘を一番好きな娘として扱わないのとは別の話なんだよなあ、と。
これって当事者である当人たちにしたらわりと当たり前の話なんだけれど、読者からするとなかなか気づけなかったりする事なので、なかなか刺激を受けるところでした。

さて、肝心のお話の方は、その出現が憂慮されていたキング級が、よりにもよって突然王都の中心部に地下から穴掘って急襲してくる、という最悪にして絶望的な戦いが勃発するという、とんでもない展開なんだけれど、今回明らかになった真相は、そんな死戦をすら踏み台に過ぎなかったと思い知らされるとんでもない内容で……え、ちょっと絶望感半端ないんですけれど。なにそれ、冗談抜きでクァント=タンだけじゃなく三千世界全部の危機なの!? 更にいうと、今までクァント=タンで起こっていた一連の瀬戸際の攻防は意図的に作られた状況であったということで、しかもその目的が件の話通りだとすると、これまでの戦いってつまり……うぇぇぇえ!!?
いや、いやいやいや、それって洒落にならないんじゃないですか? なんかもうこれまでの認識全部根底からひっくり返っちゃうじゃないですか。クァント=タン、始まった時点で終了してた! というか、いやもうなんというか。
驚愕の真相、以外の何物でもなし。これが個人や単独の組織による野望、欲望に伴う謀略の結果だとしたら、それを打ち破れば済む話ではあるんだけれど、今回の一件が仕組まれた理由が理由だけに絶望感が半端ない、ホントに半端ない。挙句になんかタウロス殿下まであの最後のシーン、うわぁぁ!てなことになってるし。
驚いたといえば、同じ作者の作品である【魔導書が暴れて困ってます。】シリーズと全く同じ世界観だったことが今回明言されて、アルルメルル、スターシステムでの登場じゃなくあっちに出てた当人だったのかよ! と叫んでしまったところなのですけれど、前から同じ世界だというような話ありましたっけ。もしかして共通の出来事とか設定とか描写されてたかもしれないのだけれど、全然気づかなかった。モーリ男爵が出てきた時はえーっ!てなりましたよ。
しかし、あちらのシリーズの根幹にも関わる事件であった邪神戦争が起こった本当の理由がそんなんだったなんって、これこそ絶句もの。いや、マジですか。
カイトたち、これじゃあ新しい国の立ち上げとか言ってる場合じゃなくなってしまったぞ。梨花もどうやら良からぬ予知を抱えてしまったみたいだし、ちょーっとこれは最悪な感じで盛り上がってきてしまいました。