ノロワレ 参 虫おくり (電撃文庫)

【ノロワレ 参 虫おくり】 甲田学人/三日月かける 電撃文庫

Amazon

―死ね。死ね。天井から聞こえる微かな物音。少年の意識には、その音が狂おしく囁いているように思えた。そして…。社で始まる「虫おくり」祭りの準備中、街では蜂の被害が広がっていた。その被害は特に、七谷地区よりも深い山奥にある棄谷という集落で酷くなっている。棄谷には信乃歩の読書クラブの友人と自殺したという少年が住んでいた。少年の家族は引っ越してきて以降ずっと、この集落に馴染めなかったらしい。そして少年を虐めていた人間がまた一人、蜂の犠牲になっていく。果たして呪いと虫おくりの関係とは―。甲田学人が放つ呪いの物語、第3幕!
蜂は嫌ぁぁ!! 虫は全般に苦手なんだけれど、特に苦手なのが羽音を立てて飛んでくる虫。中でも蜂だけはあの「ぶーん」という音を聞いただけで身を竦ませて固まってしまうほどの大の苦手なので、今回の話はひたすら「うぎゃーーーーっ!」と耳を押さえて七転八倒したくなるものでした。勘弁してくれ。もう蜂に集られて刺される描写のエグいことエグいこと。ラストの惨劇なんか、もっと酷いことになってたと思ったのに、あの被害で済んだというのが信じがたい
ただ今回は蜂の恐怖という以上に胸糞悪かったのが、呪詛の被害者となる人間たちの悪意の方でした。この作者の描く作品のホラーの被害者って、当人には殆ど責任のない理不尽な理由で巻き込まれ、無残極まりない目に遭うケースが多くて、だからこそ悲惨さや恐怖感がいや増す面もあったと思うのです。ところが、今回の被害者たちは、これは自業自得だろうと思ってしまうような吐き気のするような悪意を、一切の呵責なく垂れ流しにしていた上に、自分たちの行いについて最後まで省みることなく一方的な言い分を吐き出しているばかりで、こいつらが呪詛に見舞われることに関して、恐怖を感じるどころかむしろ当然の報いだろう、と思ってしまうほどだったんですよね。それどころか、被害がこの程度で済んでしまった事に鬱憤がたまってしまうほどに。自分でも嫌な感じ方だと思うのですけれど、一つの家族をあそこまで惨たらしく破壊して破滅に追い込み死に至らしめた連中が、自分たちの所業に何の痛痒も感じず正しさを信じたまま、何も変わらないまま終わってしまったというのは、これこそ理不尽極まる話のように思えてくる。ただ一人、正常な感覚で一連の出来事を捉えていた猿枝だけが、恐怖と罪悪感に囚われ、おそらくはこの後の人生もずっと後悔を抱えたままであろうというのは、やっぱり理不尽じゃないですか。確かに、彼女だけはまともな人間性をこれから育んでいけるかもしれませんけれど、少なくともこの棄谷という排他的な集落では、そのまともな人間性というのは彼女に何の幸せももたらしてくれないんですよね。このコミュニティーの中では、あの狂い果てた腐臭のする反吐のような感覚の方が正しく、それに基づいて動いているこの集落の人間たちは、それ故に概ね日々を平穏かつ幸福に過ごしていくのですから。正しい人間性なんて、持っている方が地獄です。最悪ですよ、なんだこれ。
前回とは全く違う意味で同じ言葉を繰り返したい。死ななきゃいいってもんじゃないですよっ!

1巻 2巻感想