不完全神性機関イリス5    154cmの花嫁機関 (富士見ファンタジア文庫)

【不完全神性機関イリス 5.154cmの花嫁機関】 細音啓/カスカベアキラ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

俺・凪とダ家政婦・イリスが見た光景。数億…いや、それを遙かに上回る数の幽幻種の眼が放つ光により深紅に染まった空。それは俺たちと幽幻種との最後の戦いの予兆だった。俺たちは、たったひとつの希望“氷結鏡界”を完成させるまでの12時間、最後の抵抗を決意する。シィ、いいんちょ、ミカエルの活躍。機神たちの連係、チビ聖女の沁力、ツァリの超常の力。すべてがかみ合い儀式の完成は目前だった。なのに―最後に現れた“絶望”を前に、イリスは俺に言ったんだ。「もし、この戦いで生き残ることができたら…私を―」想いは千年の時を越える。人と人型機械体の物語、完結!
これは単体のシリーズとして見たら結局何が何やら分からないまま終わってしまうので、続きはウェブで、じゃないんだけれど、同作者のシリーズ【氷結鏡界のエデン】と合わせて読まない事にはどうにもならないんじゃないだろうか。ってか、千年前に何があって、現状のエデンシリーズの世界になったのかについても、具体的なことは何もわからないまま終わってしまったわけで。
他にも、紫苑やミカエルがどうなったのか、とか、剣帝ヘケト・マグナはここからどうやってエデンシリーズのあれになったのか、とか、ある程度経緯を知りたかった事も殆どエデンに持ち越しになっちゃったからなあ。実のところ、最終巻というにはかなりスッキリしない終わり方になっている。
しかし、紗沙がエデンシリーズで凪の無事を知った時のあの安堵の様子には納得しました。そりゃあ、あの状況下で生死不明になってたら、心配するどころじゃないですもんね。ある意味これ、イリスよりもよっぽど辛い千年だったんじゃないだろうか。よくぞまあ心折れないまま、氷結鏡界を耐えながら維持できたものですよ。でも、マグナがあそこから戻ってきているということは、凪が死んでないって事だけは伝わってたと考えるべきだから、そこを拠り所にして踏ん張ってたのか。
というか、最初から好感度マックスのイリスはこれ以上あがらないからいつも通りと言えばいつもどおりだったんだけれど、サラの方がむしろ一杯一杯の状況で感極まってか思いっきり心情をダダ漏れにさせてて、こっちの方が感情移入しちゃったなあ。
ミカエルも絶望的な状況を前に随分と自分の気持に素直になっていましたけれど、コチラは紫苑というぶつかって気持ちの面でも決着を付ける相手が居ましたし、取り残される感ではサラの方が強かったんじゃないかと。
本当の意味で取り残されてしまったのは、ヨミなんですけどね。何だかんだと千年後まで存在し続けてる他のメンツと違って、彼女だけは人間としての時間を全うする他なかったわけで。特に凪とは別れの言葉らしい言葉もなく、あれが今生の別れとなってしまったわけですから、皆が居なくなってしまったあとの彼女の思いは想像するだに切ないです。
逆に意外だったのが、いいんちょとシァで。この二人もヨミと同じ立場になるのかと思ってたら、まさかまさかの流れでしたからね。なんちゅうか、思いの外しぶとい!!

ともあれ、結局物語の結末はエデンの方を待たないと有耶無耶のまま、ということになってしまいましたので、あとは怒涛のエデン完結に向けての流れを待つ他ありません。幸い、もうすぐに出るみたいですから、首は長くする必要なさそうですけれど。

シリーズ感想