彼と彼女の不都合な真実2 (講談社ラノベ文庫)

【彼と彼女の不都合な真実(フェイタルエラー) 2】 南篠豊/鍋島テツヒロ 講談社ラノベ文庫

Amazon

人類的不都合要因―“ヒューマンエラー”を持つ御鷹一と白羽渡鳥。因縁を断つことに成功し平穏を得た渡鳥は、憧れ続けた学校という「日常」のために、一の通う紅稜高校に転入することにする。そして迎えた転校初日。一が待つ教室にやってきたのは、渡鳥―のほかにもう一人、美しい少女。彼女の名前はラウ・フローリア。淑やかで社交的なラウと、対照的に不器用な渡鳥ではあったが二人はしっかりクラスに馴染んでいく。初登校を終え、興奮しきりの渡鳥をなだめながら帰宅していると、ラウが現れる。その雰囲気は学校とは似ても似つかぬものだった。しかもその口から「エラー」という単語が発せられ―!?学園ファンタジーアクション、第2弾!
トトリの転校デビュー戦は素晴らしかったなあ。足元の定まらないアホだけれどひたむきな彼女の天真爛漫な魅力がほとばしっている素晴らしい自己紹介だった。
これねえ……うん、続き物の小説として鑑みるなら、あれこれ至らない作品だと思うんですよ。本来の人類的不都合要因という世界の弾かれモノとしての宿命について、今回殆ど放置状態で、ハジメの力はただの特異能力みたいな扱われ方でしたし。ヒューマンエラーの本来の理由である人類種の自殺因子という意味合いは主題としても要のところで、これと向き合うと相当に深く掘り下げた重くも厚い話になったでしょうけれど、いやはやまるでなかったかのような扱われ方でした。加えて、トトリの能力も殆ど無いも同然の扱いで。彼女の能力って日常生活にも結構支障が出るもので周囲に対してもそこそこ危険な要素をはらんでいるはずだったんですけれど、あれ?彼女の能力ってなんだったっけ? と思い出せなかったくらい一切今回彼女の能力については言及なし。ラブコメ的にももっと活用してもよさそうな能力だったのですけれど。
とにかく、この作品ってつまり何が書きたかったの? という方向性が1巻の話からすると途端に有耶無耶になって消えちゃっているわけです。これってどうなの? と思わないでもなかったのですけれど……。

……あれ? 別にどうでもいいんじゃね?

と思ってしまう程度にはこのハジメとトトリが手に入れた日常を満喫する今回のお話は面白かったのです。というか、もう凄い好きなんですわ、細かい瑕疵、細かくない気もする大きなでこぼこが気にならないくらい、この作品の雰囲気とメインの二人、ハジメとトトリの関係が好きすぎて困る!!
特にトトリは、天真爛漫のアホな子に見えて、いや実際アホ系の子なんだけれど、これまでの人生が過酷極まるもので苦労に苦労を重ねた経験の持ち主だけに、意外なほど心の機微をわきまえていて苦労人なんですよね。重さを感じさせない明るさが、むしろ健気さに見えてくるくらいの。イイ子なんですよ、この娘。それだけに、ハジメの庇護欲は当然のモノに見えるわけで、これまで周りと最低限しか触れ合わずコミュニケーションを取ることをしてこなかった彼が、トトリのために駆けずり回り人と人との間に入ってくる姿は、思わず胸がキュンとするような一途さで、これまた健気系男子なんですよね、意外なことに。
それだけに、あの爆弾発言は素晴らしかった。帯のキャッチフレーズにも使われていますけれど、独占欲むき出しの、ある意味これ以上ないくらい男らしい宣言はもう惚れ惚れするやらニヤニヤが止まらないやら。
思わず「キャーー!」と黄色い歓声をあげたくなるくらい。あのハジメが出て行ったあとの教室のお祭り騒ぎを想像するだけで顔がほころんでしまいます。

一途さで言うと、アオさんの方も負けず劣らずというか、同じくらいぶきっちょで四苦八苦している様が微笑みを誘う男ぶりで素敵でした。あれを素敵と言ってしまうのはどうかとも思うんですけれど、やっぱり健気さにはほだされてしまいます。報われるには、相手の新キャラの娘が剛健すぎて何とも言えないのですけれど。この娘にはどう切り込んでいけばいいかわからんもんなあ。ただ、脈は十分ありそうなんだけれど、ナチュラルに殺し愛に発展しそうな気もしますし。

今回の話は振り返ってみると、ド派手なバトルこそあったものの、それも含めて日常から、人間社会から本来弾かれてしまっている異端にして異物にして怪物たるモノたちが、しかし非日常を徹底して排除して、ひたすら日常を謳歌する話なのだとしてみれば、なるほどと納得もしようもの。バトルも見方を変えればコミュニケーションの一端ですしね。命がけになってしまいましたが、これもまた日常の延長線上と捉えるならばふにゃふにゃ。
しかし、あれだけトトリとの鉄板振りを嫌というほどみせつけられたあとで、あんな惚れてしまうじゃないかという台詞を言われてしまったノノには同情する。順番逆なら、一瞬ときめいたけれどみせつけられて諦めもつく、ってなもんだろうけれど、散々見せつけられたあとに、あんな恋心が芽生えてしまうような事言われてしまうと、もうどないせいっちゅうねん、てな具合ですよね。始まった時にはすでに終了していた、みたいな。
今後、ひたすら悶々とし続けるであろうノノについては、両手を合わせて南無南無と念仏を唱えるしかなさそうです。ついでに、ハジメとトトリのイチャつきっぷりにはそのまま手を合わせてご馳走様。
トトリの能力からして、今後いちゃつけばいちゃつくほど、行き着く先はアパートに防音処理を施さないと、というところに行き着きそうなのが、なんともはや……。

ほんと、作品の雰囲気や話のテンポは素晴らしかったので、次回作はもっと色んな所をちゃんと整えたら、ガンガン伸びるイイ作品になると思いますよ。個人的には先々にかなり期待をしたい作家さんです。

1巻感想